【28歳のリアル】年収・貯金の平均、中央値に転職・結婚事情まで

勢い重視の20代前半を終えて、いろいろなリアルが見えてくるのが20代後半ですね。

28歳は20代に与えられているポテンシャルと30代に求められる経験や実績とちょうど間くらいです。

何か完全に新しいことにチャレンジしやすい最後の時期でしょうか。

そんな28歳のリアルを見ていきます。データを見ながら、年収・貯金から結婚・転職などにも迫ります。

28歳の年収平均・中央値など

まずは28歳年収の基本的なデータを抑えましょう。

28歳年収の平均値

20代後半
(25~29)
国税庁
30代前半
(30~34)
国税庁
28歳
doda
男性 383 457 408
女性 309 315 355
全体 351 403 388

出典:国税庁 民間給与実態統計調査doda

細かい年齢ごとのデータは実はあまりありません。国税庁とdodaを出しているデータをベースに考えます。

28歳の全体年収は360~390万円、男性は390~420万円、女性は330万円~360万円。

28歳年収の中央値

20代は年収のばらつきも小さいため、中央値も平均と近いです。

20代後半で見ると、中央値4%前後平均よりも少ない程度のようです。

全体平均が375万円だとすると、中央値は360万円程度と推測できます。

男性 女性
20~
24歳
25~
29歳
20~
24歳
25~
29歳
平均 210.5 248.1 202.5 225.9
中央値 207.2 239.1 199.1 219.3
乖離
中央値/
平均
98.4% 96.4% 98.3% 97.1%

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

28歳の手取り年収・月収

平均が375万円とすると、手取りはだいたい80%程度になります。

この場合は、手取り年収は300万円で、手取り月収は25万円です。

28歳の年収分布はどうなっているのか

男性編

男性の分布を見ていきます。28歳ちょうどのデータはないので、だいたいですが、このようになっています。

  • 月収24万円以上が2人に1人
  • 月収26万円以上が3人に1人
  • 月収30万円以上が7人に1人
  • 月収36万円以上が20人に1人

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

年収になるとここに賞与(ボーナス)が加わるので、ここの数字よりは高くなります。

それを踏まえても、年収300万円レベルの人は多いようですが、400万円以上の人はまだそこまで多くないようです。

女性編

女性の分布も見ていきましょう。

  • 月収22万円以上が2人に1人
  • 月収26万円以上が5人に1人
  • 月収30万円以上が10人に1人

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

女性の場合には、多数が300万円以上の水準ではありませんが、それに近い人たちは多いです。

400万円以上となると、相当に少なくなるようです。

さらに知りたい方は

20代年収を徹底解説した記事も書いています。

あらゆる観点から年収に関してご説明していますので、こちらもどうぞ。

28歳の平均貯金額

20代の2人以上世帯の平均貯金額が320万円ですので、1人分で考えると、だいたい160万円になります。

後半の方が貯金をしやすいと考えると、28歳では、180万円くらいが平均と考えられます。

一方で、中央値との差を見ればわかりますが、一部のお金持ちが引っ張っている側面は否めません。

男女で比べると、一般的には年収の高い男性の方が高いといわれています。

一方で、女性でも実家暮らしの人などはお金があまりかからないので、貯まりやすいでしょう。

全体 保有なし
の世帯
年代 平均 中央 比率
20歳代 321 77 35.6%
30歳代 470 200 33.7%
40歳代 643 220 33.7%
50歳代 1,113 400 31.8%
60歳代 1,411 601 29.4%
70歳以上 1,768 600 28.3%
全体 1,729 1,000 31.2%

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]より作成

20代貯金なしは3人に1人以上

表を見るとわかるとおり、貯金を一切しない人も多いです。そして、その割合は年齢が上がってもあまり変わりません。

これは世帯ですので、なんらかの理由で収入が止まったときに困る家庭がこれだけあるということですね。

2人以上
世帯
単身
世帯
20歳代 35.6 61.0
30歳代 33.7 40.4
40歳代 33.7 45.9
50歳代 31.8 43.0
60歳代 29.4 37.3
70歳以上 28.3

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」より作成

20代の貯金事情

20代の貯金額には過去にまとめたものもあります。興味があればこちらもどうぞ。

28歳の生活・平均手取りや貯金方法

28歳の生活はどうなるのでしょうか。平均年収が360~390万円ですので、月収にするとだいたい31万円です。

これを手取りに換算すると、20%程度が税金に取られますので、だいたい25万円になります。

収入 給料 25万円
固定費 家賃 8万円
通信費 1万円
光熱水費 1万円
変動費 食費 5万円
交際費 2万円
服・その他 3万円
残金 5万円

独身であれば、家賃を上げすぎずに、固定費を10万円に押さえれば、1日5千円使える計算ですね。

生活には十分、貯金もしやすいですね。結婚していると、さすがに厳しいですね。

28歳の転職事情

20代後半になると、転職する人が増えてきます。

自分の周りがIT系ということもありますが、商社などの終身雇用が多い仕事を除くと転職している人は多いです。

転職サイトの@typeの調査でも23歳~28歳の転職が多くなっています。

もし、今の仕事で成果を出していれば、その経験を活かして、よりよい条件、より高度な仕事につくこともできます。

完全に未経験の業界・業種にチャレンジするのもいい時期です。

第二新卒という年齢は過ぎていますが、未経験の転職もまだ可能でしょう。

すべての人が転職をした方がいいとは思いません。ただ、選択肢は広く考えていたほうがいいです。

あなたの状況に応じて、転職した方がいい・悪いのパターンがあるので、見ておきましょう。

転職すべき・すべきでない

転職した方がいい

  • 今の仕事でわかりやすい実績がある
  • 会社内での評価があまり高くない
  • 未経験の仕事にチャレンジしたい
  • 昇給や昇進がしばらくは難しそう

転職しない方がいい

  • すでに転職を複数回している
  • 直近で昇給・昇進・異動などが見込める
  • 会社外の評価よりも会社内の評価がかなり高い
  • 副業にも興味がある

あなたが今までの転職を繰り返していない限り、28歳は転職のタイミングとしてはいいです。

ただ、無計画に何回もしてしまうとあなたの評価は下がっていきます。

転職を繰り返してスキルが身につかないことより転職を繰り返して、続けられない人だと思われるリスクが高いです。

逃げ出すような転職やあまりにも無計画な転職は避けましょう。

転職の進め方

転職はどのように進めるのでしょうか。

転職サイトに登録したり、直接知っている企業の採用ページからというのも1つです。

では給料を上げたいときはどうすればいいのでしょうか? どうやって選考書類を書くのでしょうか?

20代ですでに3回転職をしているという人はいいかもしれません。もう要領もつかめているでしょう。

そうではない人は、我流で進めるよりも相談相手がいた方がいた方がいいのではないでしょうか。

個人的には、転職のプロの転職エージェントに相談をすることを強くお勧めします。

転職エージェントは担当者によっても質はさまざまですが、彼らは毎日多くの人をサポートしています。

転職をせいぜい数回しか経験していないあなたの何十倍も転職に向き合っています。

僕自身は、転職するときには必ずエージェントに相談します。

彼らしか持っていない情報や彼らしかサポートできないことがたくさんあることを知っているからです。いくつか紹介します。

  • 転職の進め方
  • 該当業界・業種の求人状況
  • 自分の市場価値・アピールポイント
  • 自分の希望に合った求人
  • 行きたい会社に内定する可能性
  • 書類・面接対策のアドバイス

転職活動の早い段階で、転職の進め方や自分の市場価値、内定できそうな求人などを聞いておくことは非常に有用です。

転職は、何回もできない意思決定です。入社しなきゃわからないことは仕方がありませんが、少しでも成功率を上げましょう。

よく家族に相談をしたり、友人に相談をしたりする人がいます。

彼らはあなたのことは詳しいかもしれませんが、転職のプロではありません。

確実に成功させるためにも転職のプロのアドバイスを絶対に受けたほうがいいです。

いくつかおすすめの転職エージェントを紹介します。

並行して転職サイトやそのほかの転職サービスを使うのは問題ありませんが、転職エージェントは必ず登録しましょう。

20代の転職攻略法は下の記事でも紹介しています。転職を成功させたい人はぜひご覧ください。

目的別の転職

高年収を狙う:年収500万円・600万円を狙う

仕事の業種・職種はそれぞれだと思いますので、年収だけを見ていきます。28歳ではいくらくらいが狙いやすいのでしょうか。

転職前の年収は300万円の後半だとすると、年収500万円の場合は、100万円程度のアップとなります。

これは業界上位の会社に行ったり、年収のための業界に移ることで十分可能そうです。

年収600万円以上となると、学歴・職歴にもよるかと思います。

コンサルティングや金融系の一部の会社では、28歳ですと、外資でなくとも600万円~800万円くらいはもらえるところもあります。

こうしたところと同等の会社、もしくは少し下の会社となると、前の仕事での実績や学歴は欲しいですね。

あなたの経歴によって、受かりやすい高年収の企業・求人は異なります。

エージェントに行って、本音で年収を上げたいと伝えてもらうのが早いと思います。

高年収求人に特化した転職サイトがあります。あなたが十分に年収が高い場合にはこうしたところで探すのがいいです。

ビズリーチ

ビズリーチのポイント

  • ハイクラス案件、海外案件に強い
  • 転職サイトにも転職エージェントにも使える
  • 年収600万円が最低ライン

年収600万円以上という人はビズリーチを強くおすすめします。

即戦力人材という言葉が使われていますが、もともとは年収1,000万円以上の人向けのハイクラス、会員制の転職サービスです。

年収1,000万円以上の案件も多数あり、ほかのサイトとは求人の質が違います。

経歴を登録しておけば、企業からもエージェントからの連絡(スカウト)もたくさん来ます。

大手というよりも中小エージェントを含めて、多数の求人が紹介されるので有益です。

他のサイトと比べても、高収入だったり、海外求人や政府系の求人などユニークな求人もあります。

条件がやや厳しいですが、文句なしにおすすめです。

ビズリーチに登録する

キャリアカーバー

キャリアカーバーのポイント

  • ハイクラス案件に強い
  • 複数の転職エージェントとして使える
  • 年収600万円が最低ライン

キャリアカーバーもビズリーチに近い使い方ができます。

職務経歴を登録しておけば、エージェントから連絡が来ます。

ビズリーチとはまた別の求人があるので、両方登録しておくのがおすすめです。

スカウトを定期的に確認して、よさそうな求人を探しましょう。

キャリアカーバーに登録する

新卒・未経験・既卒・フリーターなど

人生いろいろあります。

僕の友人でも浪人回数が多かったり、大学に入学した後、他の大学に入学し直したため、年齢を重ねているケースがあります。

28歳で新卒だったり、27歳で未経験ということもあるでしょう。

このことがネガティブになるかというと、もちろんネガティブになります。

これは念頭においておきましょう。

10社を受けて、2社はおろか1社も受からないのは普通だと思います。

新卒でも数十社の試験を受けてやっと1つ内定を取る人もいます。

でも幸いなことにやり方はあります。自分でハローワークなどで調べる方法もありますが、ちゃんと人にも頼りましょう。

やはり転職エージェントに行くのをおすすめします。スタートラインがやや不利な状況というのは間違いないです。

多くの会社には表に出さなくとも年齢制限などがあったりします。

また、落とす人にも丁寧に理由を説明してくれるような会社はありません。

第二新卒や既卒など、不利になってしまいたがちな就職をサポートする会社があるので、そこに行きましょう。

基本的にどのエージェントも無料で、お金を払う必要はありません。

徹底サポートがウリのウズキャリ

ウズキャリのポイント

  • 既卒・フリーターでも登録可能
  • サポートに時間をかける
  • 選考対策まで徹底対策

エージェントは成果報酬を企業から得るため、手厚いサポートがなかなか難しい部分があります。

そんな中でウズキャリはサポートに時間をかける点で、ほかとは大きく異なります。

たとえば、ウズカレという就職対策講座があり、みっちり求人探しや面接対策を行うプログラムを運営しています。

今回は、既卒向けへのサービス提供もしており、就活対策に自信がない人には非常におすすめです。

ウズキャリに相談する

第二新卒エージェントneo

ポイント

  • 既卒・フリーターでも登録可能
  • 20代前半から後半まで対応
  • 求人探しから内定まで徹底サポート

第二新卒エージェントneoはネオキャリアの提供するサービスです。

若手向けの転職に定評があり、既卒、フリーターといった不利になりがちな人でも転職することができます。

あなたの過去の経験や将来を踏まえたうえで、あなたに向いた求人を紹介してくれます。

経験には自信がない20代の人はぜひ活用したいエージェントです。

第二新卒エージェントneoに相談する

DYM就職

DYM就職のポイント

  • 既卒・フリーターでも登録可能
  • 20代を中心に対応
  • 求人探しから内定まで徹底サポート

DYM就職は若手に強いエージェントです。

もともと、新卒領域でのノウハウがあるため、第二新卒でも手厚いサポートが期待できます。

短期での離職や既卒などにも対応しているため、自分の経歴に自信がない方でも心配ありません。

若い方におすすめしたいエージェントです。

DYM就職に相談する

28歳の結婚事情

28歳といえば、結婚ラッシュど真ん中ですね。祝われる側でなければ、祝う側に回ることになります。

25歳から30歳までにかなり多くの人が結婚を経験します。

28歳全体で42.8%、27歳男性で37.6%、27歳女性で48.2%が結婚を経験します。

女性はすでにほぼ半数が結婚、男性もここから2~3年で同じように半数が結婚します。

なんとか30歳までにはという人たちと30代前半にはと修正するような人たちもいるのではないでしょうか。

結婚経験率(全体-未婚率)のデータ

全体 男性 女性
全体 73.4% 69.1% 77.3%
20歳 5.5% 5.4% 5.7%
25歳 23.1% 19.7% 26.7%
26歳 29.5% 25.3% 33.8%
27歳 36.3% 31.5% 41.2%
28歳 42.8% 37.6% 48.2%
29歳 48.6% 43.1% 54.4%
30歳 53.7% 48.0% 59.6%
35歳 68.6% 63.3% 74.0%
40歳 74.7% 69.7% 79.9%
50歳 82.3% 77.9% 86.6%

出典:平成27年国勢調査国勢調査より作成

結婚相手に求めるもの

結婚や結婚相手に求めるものは、多くの会社で調査されています。今回は、マクロミルによる結婚と恋愛に関する調査の結果を参考に見ていきましょう。

対象:25~39才の未婚男女、1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)

共通

  • 8割以上が結婚したいと思っている
    • 今すぐにでも結婚したい(13%)
    • 結婚したい(37%)
    • できれば結婚したい(34%)
  • 恋人がいない(62%)
    • いないが欲しいと思う(49%)
    • いないが欲しいと思わない(13%)

男性

  • 1位:優しい
  • 2位:明るい
  • 3位:顔が好み
  • 4位:趣味が合う
  • 5位:金銭感覚が合う

女性

  • 1位:経済力がある
  • 2位:優しい
  • 3位:金銭感覚が合う
  • 4位:趣味が合う
  • 5位:真面目

男性は優しくて見た目がいい人、女性は優しくて経済力がある人が好きという結果になりました。

経済力が1位に来るあたりがリアルな結果ですね。男性は稼ぎましょう。まだ結婚されていない人は早めの行動が大事です。

恋活

自分に自信があったり、見た目が良かったり、稼いでいる方は手軽に始められる恋活アプリ(マッチングアプリ)をぜひ使いましょう。

真剣な目的はやはり、大手の会社が運営しているものの方が安心感がありますね。

Pairs

1つ目は、Pairsです。マッチングアプリの中でも有名なので、知っている人もいるかと思います。

前の職場でたまたま話していたときに、そこで話していた6人のうち5人が使っていたということもありました。

評判の理由は実際に会える人が多いからです。周りでも付き合ったり、結婚している人がいます。

実際に僕も使いましたが、登録者も多く、いろいろなタイプの人がいてデートまでつながりやすかったです。

Facebook連携で友人が表示されないようになっていますし、まず間違いないのないサービスです。

Facebookで恋活・婚活【Pairs】

Daigo監修のWith

まず、メンタリストのDaigoさんが監修をしていて、上場企業が運営する恋活アプリのwithです。

心理学・統計学を用いたアプローチで、定期的にイベントを開催したり、趣味や共通点を活用したりしてマッチ率も上がります。

積極的にプロモーションやイベントを開催しているので、男女ともにアクティブな人が多い印象でした。

数人会っただけの肌感ですが、ほかのサービスよりも真面目なユーザーが多く、恋活アプリの中でも結婚に結びつけやすくなっています。

安心安全「with」恋愛婚活マッチ

どうしてもアプリによって合う人・合わない人というのがあります。

迷ったら複数、登録してみて自分に合ったものを選びましょう。

婚活

恋活・婚活アプリはどうしても見て目が良かったり、学歴・収入などわかりやすい売りがある人に人気が集中します。

でも実際に、結婚するとなったときには、見た目だけで決めることはありませんよね。

それに恋活アプリは、結婚したい人だけが使うとは限りません。

ただ、恋人が欲しい人や既婚の人が…と、モチベーションもさまざまです。

結婚相談所の場合には、結婚したいという意思で登録するものですし、アドバイザーのサポートもあります。

とくに女性は30歳前後で、だいぶ引きが変わります。早いうちに行動しましょう。

ゼクシィ縁結びカウンター

結婚情報誌のゼクシィは聞いたことがあると思います。

ゼクシィでも結婚相談のサポートをしているのは知っていますか?

もともと母体のリクルートは転職サイトや転職エージェントの先駆けでマッチングには定評があります。

会員はすでに2万人を超えていて、カウンターで対面のサポートも受けられます。入会金が3万円に月会費が9千円のプランもあります。

ゼクシィというブランドの安心感、対面でのサポート体制、低めの料金設定が魅力的です。

無料で相談ができますので、まずは相談してみましょう。

ゼクシィ縁結びカウンターに無料相談する

エン婚活エージェント

転職サイトや転職エージェントを運営しているエン・ジャパンも実は婚活サポートをしています。

最大の特徴はすべてオンラインで完結し、費用が非常に抑えられるということです。

結婚相談所というと入会金が高いイメージがありますが、エン婚活の入会費は9,800円です。月会費も12,000円でほかではありえない水準となっています。

直接の面談はありませんが、専任コンシェルジュが付き、月に6名以上の紹介があります。サービスの無料体験や返金保証もあり、始めやすくなっています。

エン婚活エージェントを詳しく見る

28歳でやるべきこと

自分はちょうど28歳で新しい仕事をはじめました。

20代前半に比べると、完全に勢いで何かをやるというのはあまりおすすめできません。

年齢的には、未経験からのチャレンジはできたり、選択肢は残っています。一方で、そこから2~3年後は30歳になります。

なんだかんだポテンシャルという言葉で、守られる20代とは違い、30代になると実績や経験が見られます。

前よりも一段、シビアに見られると思ったほうがいいです。そう考えると、28歳の意思決定はなかなか重要です。

長期的に一番のリスクは、後悔することです。将来を考えながらも前向きにいろいろなことに挑戦できる歳にしたいですね。

ほかにも20代のキャリアに関する記事があります。こちらも合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA