20代の貯金まとめ・平均額・貯金方法・1000万貯める人・しない人も

皆さんは、貯金をしていますか? 僕は、多少しているつもりでしたが、平均程度でした。

20代で1,000万円を貯める人もいれば、一切しないという人もあります。20代の時点でもかなりばらつきがあるみたいですね。

する・しないは個人の選択ですが、貯金しておくことのメリットもあります。

結論ですが、20代の平均貯金額は321万円・中央値は77万円・貯蓄が1,000万円以上が6.8%・貯金なしが35.6%です。

ここから、年代別の平均的な貯金額やどのように貯金をしているか、する・しない人の考えやメリットまでお伝えします。

全体の貯金額はどの程度なのか?

まずは、日本全体での貯金額を見ていきましょう。

総務省統計

総務省統計局の家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成29年(2017年)平均結果-(二人以上の世帯)

こちらのソースによると、世帯あたりの平均貯蓄は1,812万円で、中央値は1,074万円です。つまり、お金持ちの人に貯蓄が偏っていて平均を上げていると考えられます。

また、勤労者世帯で見ると、1,327万円で792万円と下がります。

定期性預金が39.3%と通貨性預金が24.4%で合わせると3分の2近くが、銀行に預けられている、いわゆる貯金のようです。

金融広報中央委員会統計

金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]

こちらのソースではだいぶ数字が異なり、平均値は1,151万円で、中央値は380万円のようです。金融資産を保有していない世帯が31.2%もあるようです。

平均と中央値

中央値(median)という言葉はあまりなじみがないかもしれませんのでちょっとだけ補足します。簡単に例を出して説明します。

▼年収

Aさん年収:100万円
Bさん年収:200万円
Cさん年収:700万円
Dさん年収:1,000万円
Eさん年収:8,000万円

このような場合は、平均年収は2,000万円(1億円÷5人)ですが、中央値はCさんの700万円です。

平均はすべてを足して人数で割ったもので、中央値は金額順に並べたときの真ん中の数字(この場合はCさん)を取ります。

今回のEさんのように、一部に著しく数字が大きい人がいる場合などでは、その人の影響で平均がだいぶ上がります。(Eさんなしでの平均は500万円です)

そうすると、平均の数字が感覚と乖離していることがあり、中央値などの平均とは別の指標が使われます。

完璧な指標はないので、そのときどきにあった指標が使われることがあるわけです。(他にも偏差値とかが有名ですよね)

20代の貯金額は?年代別の数字

年代別のデータは金融広報中央委員会が詳しいので、そちらを用いて見ていきます。

基本的にすべて2人以上の世帯データであることと、貯金ではなく金融商品全体を指すものであることを念頭におきましょう。

まず、20代の平均ですが321万円です。中央値との乖離がだいぶありますね。

そして、年代が上がるごとにわかりやすく上がっていきます。

年代で見ると、40歳代と50歳代の開きが大きくなっています。なんでも世代論にするのはよくありませんが、この世代はロスジェネ世代と呼ばれているところと重なります。

※ロスジェネ…バブル崩壊後の、1993~2005年あたりの就職氷河期に就職活動を行った人たちで、大卒ストレートの場合には現在、35~47歳あたりです。)

また、70歳以上が大きいことも興味深いです。多くの人は60歳代で退職するため、そのタイミングで退職金をもらいますが、それよりも年金生活の人たちの方が大きいようです。

全体 保有している世帯のみ 保有していない世帯
年代 平均 中央 平均 中央 比率
20歳代 321 77 524 300 35.6%
30歳代 470 200 735 420 33.7%
40歳代 643 220 1,014 650 33.7%
50歳代 1,113 400 1,689 1,100 31.8%
60歳代 1,411 601 2,062 1,400 29.4%
70歳以上 1,768 600 2,512 1,500 28.3%
全体 1,729 1,000 1,151 380 31.2%

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]より作成

20代前半・後半の貯金額目安は?

上で見たのは、あくまで世帯額なので、半分だとすると160万円程度ですね。

22歳から働き始める人も多いかと思うので、多少20代後半に寄せたとして、

  • 20代前半は100万円
  • 20代後半は200万円

くらいあると普通みたいですね。年間30万円~50万円程度をためていくような感じでしょうか。

20代で1,000万円以上の人が6.8%

年代ごとにどの程度の金融商品があるかという分布のデータもあります。

1,000万円以上の金融商品がある世帯が20代でも6.8%います。2人で割っても500万円なので、年間100万円ほど貯めていかないと、達成ができなさそうです。

貯金なしも35.6%

金融商品なしという人たちが、全年齢で見ても3割以上いますが、20歳時点からここの割合はあまり変わりません。

貯金する人たちはずっとするし、貯金しない人たちはずっとしないということなのかもしれません。

1,000万以上 なし ~100万円 100万円~
200万円
200万円~
300万円
300万円~
400万円
400万円~
500万円
500万円~
700万円
700万円~
1,000万円
1,000万円~
1,500万円
1,500万円~
2,000万円
2,000万円~
3,000万円
3,000万円以上 無回答
20歳代 6.8 35.6 11.5 8.0 6.9 9.2 3.4 6.9 3.4 1.1 2.3 2.3 1.1 8.0
30歳代 11.3 33.7 5.9 6.6 7.2 7.5 5.2 8.8 7.0 5.4 2.0 1.6 2.3 6.8
40歳代 20.7 33.7 3.9 5.4 4.7 3.9 3.7 8.3 7.4 9.0 3.6 4.7 3.4 8.2
50歳代 32.8 31.8 3.7 4.1 3.3 3.3 2.1 4.5 7.3 8.9 6.8 8.4 8.7 6.8
60歳代 40.1 29.4 2.2 2.8 2.9 2.8 1.7 6.0 5.1 9.0 7.3 8.1 15.7 7.0
70歳以上 42.8 28.3 3.3 3.5 1.6 4.1 2.0 6.1 4.1 9.0 6.1 8.9 18.8 4.3
全体 31.3 31.2 3.7 4.3 3.6 4.1 2.7 6.5 5.9 8.4 5.5 6.7 10.7 6.6

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]より作成

貯金があると何がいいのか?

個人的には、少しでも多く貯金をした方がいいという考えはあまりありません。

ただ、あまりにも貯金がなかったり、自分が稼ぐのと同じくらいの金額を使ってしまったりすることで可能性を狭めてしまうことが一番のリスクではないかと思っています。

セーフティーネット

あなたが事故にあったり、なんらかの間違いで大きな支払いが必要になったとき、会社を自主退職したときなどは、お金があなたを守ってくれます。

あなたが定年までずっと同じ会社でなんの問題もなく務める場合には、問題にならないかもしれませんが、不測の事態はいつでも起こりうるものです。

貯めたお金ではなく、貯められる構造が重要

あなたが月に50万円使うか、20万円で使うかで、あなたの選べる選択肢の幅は変わります。

たとえば、家賃が30万円のところに住んでいる人は、自分がやりたい月収30万円の仕事を選ぶことが難しいです。

実は結婚も同様なリスクがあります。(嫁ブロック、子供ブロックのような)

あらゆることを節約した方がいいわけではありませんが、収入が支出より上回り続ける構造にしておくことは大事ですね。

お金でお金を増やす選択肢

少し前にピケティという人が本を出版し、話題にもなりました。そこでは、詳細なデータをもとに分析されていますが、重要はなのは、下記の1つだけです。

資本による収益 > 労働による収益

労働をするよりも資本で稼ぐ方が平均的には(得する人も損する人もいますが)儲かるということです。

最近では、ソフトバンクの孫さんのように事業を進めるのと同様に、投資によって収益を得る(アリババへの20億円の投資が8兆円に)経営スタイルが注目されています。

あなたの人生も労働だけに依存しないメリットはあるのではないでしょうか。

ステータス・信用

最近では、以前に比べてお金持ち特集のようなものは減ったような気がします。それでも結婚など多くの場面であなたの資産が見られることは事実です。

お金で信用が買える場面もあります。

貯金のデメリットは?

貯金するデメリットに関しても少し見ていきましょう。

今の可能性を減らす

一番はこれかもしれません。インターネットが普及してあらゆるものにリーチがしやすくなり、同時に安く楽しめるものが増えています。

ゲームも昔はソフトが1万円したようなものが、今は基本無料で楽しめます。雑誌でお金を出して買っていた情報は無料でオンラインで見れます。

1枚1,000円のCDが今はアプリで1,000円で無限に聴き放題です。

でも、無料になっていないものもあります。

それはセミナーであったり、旅行であったり、ライブであったり、いろいろな経験を得るうえでお金がかかることはたくさんあります。

バランス次第ですが、こうしたものを制限することにもなります。

お金の使い方・貯蓄方法

では、どのように貯蓄をしていくのがいいのでしょうか。

基本的に、

収入金額ー支出金額=貯める金額

なので、収入を増やすか支出を減らすかのどちらかのパターンしかありません。まず、もっとも重要なのは、目標を決めることです。

目標を決める:無理ない範囲で

目標の決め方ですが、無理に高く設定しすぎてもダメですし、低すぎるとだらけます。

SMART目標と呼ばれたりもする目標設定の方法があります。このようなものを満たす目標を設定することです。

  • Specific:特定の
  • Measurable:計測可能な
  • Aggressive(AttainとかAchievableなども):積極的な
  • Realistic:現実的な
  • Time-bound:期限付き

たとえば、1年以内に50万円を貯めるとか、毎月5万円貯める、3ヶ月以内に1ヶ月10万円ずつ貯められるようにするなどがいいでしょう。

収入を増やす方が手間がかかるので、ここでは先に支出を減らす方法を見ていきます。

支出を減らす

認識する:測ると節約する

まずは、支出を正確に認識しましょう。自分ではどのようなものに支出しているかをわかっているつもりかもしれません。

実際に計測してみると、意外なものにお金を使っていたり、自分の想像以上に使っていたりと発見が多いです。

また、記録することが習慣化すると、お金を使うときに一瞬考えるようになります。個人的な経験では、高いものを買うのを控えるようになります。

今どき、紙で管理をするような人もいないかと思いますが、家計簿のアプリを使いましょう。ちなみに、僕はマネーフォワードを使っています。

レシートをカメラで撮ったり、クレジットカードと連携したりできます。面倒だと確実に続かないので、できる限り、楽に対応しましょう。

見直す:高いものから順番に

あなたが記録をはじめて、何週間か経つとだいたいの傾向がわかってくるはずです。高いもので、減らせそうなものは減らしましょう。

いくつか例を挙げます。

家賃

まず、固定費を減らしましょう。多くの場合で家賃がもっとも高い支出となるでしょう。すぐに引っ越すというのは難しいかもしれませんが、あまりにも高い場合には引っ越すのも検討しましょう。

家賃を抑えるポイントはしっかり探すことと、初期費用を抑えることの2つです。

僕は山手線圏内で何回か引っ越ししましたが、すべてバス・トイレ別、駅から10分以内、敷金・礼金なしで7~8万円くらいです。

ここより抑えようと思うと、いくつか妥協が必要になりますが、探せば物件は意外とあります。東京のシェアハウスで5万円以下で暮らしている人もいます。

敷金・礼金などは気にされない人もいますが、1ヶ月ずつ取られると、家賃の2ヶ月分になります。そこから1年で引っ越したりすると、12ヶ月しか住まないのに14ヶ月分払うことになるわけです。

通信費

基本的に格安simにしましょう。あなたが最新型のiPhoneにこだわったり、大量に通話をしたりしない限り、かなり安くなります。

僕は前にSoftbankを使っていましたが、月間8,000円~1万円くらい払っていました。それが今はフリーテルで2,000円~3,000円くらいです。

たとえば、2年間で比較すると、24万円-7万円 = 17万円 という違いが生まれます。iPhone Xの場合には12万円くらいだとしても5万円近く安くなります。

あなたが機種にこだわりがなければ、メルカリでiPhone 7を探せば5~6万円で買えますし、Androidなら、2~3万円でも買えます。その場合には、2年間で10万円以上の節約になります。

交際費・飲み会

会社の付き合いもあるかもしれませんが、週に2回とかだと3,000円でも月に2万5千円になります。

不要なものは行かない、2次会はいかないことでかなり削れるでしょう。

食費

僕の前の職場は渋谷でした。ランチは安くありません。安い定食屋でも600円はしますし、ちょっとおしゃれなところに行くと1,000円は超えます。

毎日だと1,000 × 20日 =2万円になります。ランチだけで。

毎食、弁当にしろとはいいませんが、削れるでしょう。

解約忘れ

解約をし忘れて継続してしまっている契約が意外とあったりします。1,000円のものが3つあると、月間3,000円で年間4万円弱になります。

忘れず、解約しましょう。

継続する:仕組みを作る

最初は誰でも頑張れます。1ヶ月は頑張れますが、半年経つと、続けられない人が出てきます。

できる限り仕組みにしましょう。

家計簿アプリを使ったり、使う用の銀行口座と貯めるようの口座を分けたり、強制的に毎月積み立てたりする方法があります。

あなたがやめようと思っても、やめられない仕組みにすることが重要です。

もっと稼ごう

支出を見直してもどうしても月に2万円しか貯金できないという場合には、あなたの収入が少ないかもしれません。

給料だけで職業を選ぶことはおすすめできませんが、あなたが成果を上げたり、スキルが向上しても給料が変わらなければ、転職するのも選択肢の1つです。

転職

もしもあなたが少しでも転職を検討する場合には、まずエージェントに会いましょう。

彼らは、転職のプロで実際に転職することに対して手数料収入をもらっている人たちです。

あなたが一生懸命、考えたり、調べたりするよりも彼らと1時間話す方が早いです。

たとえば、こんなことを教えてくれます。

  • あなたの適正な年収
  • あなたのスキルが売りやすいものなのか
  • どういう会社であれば入社できそうか
  • いつ転職するのがいいか
  • あなたの知らない求人
  • 履歴書や職務経歴書の書き方
  • 面接のアドバイス

自分で探すのもいいですが、方向性が間違っていると時間も手間もかかってしまいます。

まず、エージェントと話してから自分で調べる方が効率がいいです。仕事が終わってから、休日でも対応してもらえるところもあります。

いくつか紹介します。

総合型

総合型はまず、登録しておきたいです。求人数も圧倒的に多く、幅広く対応してくれますし、エージェントの質も高いです。

【リクルートエージェント】マイナビエージェント大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

第二新卒

第二新卒の人は専門のエージェントがありますので、ぜひ活用しましょう。

ネオキャリア第二新卒エージェントneoAidem Smart Agent 既卒・フリーター・第二新卒向けDYM就職

ハイクラス

高収入を得たい方はハイクラス専門のエージェントやサイトをおすすめします。ここでしかない案件がたくさんあります。

選ばれた人だけのハイクラス転職サイト。ビズリーチキャリアカーバー(CAREERCARVER)

IT系

僕もずっとITですが、IT業界は専門エージェントがたくさんあります。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLY無料転職支援サービス【WORKPORT】

自分でも探したいという場合には、転職サイトも使いましょう。転職者の大半が使っているリクナビNEXTや企業の評判も知ることができるキャリコネなどがあります。

副業

さすがに転職は…という方は、副業という選択肢があります。

あなたのスキルにもよりますが、今の会社の収入に加えて、さらに収入が得られることは大きいです。

あなたがエンジニアやデザイナーであればその仕事でそのまま見つかります。

もしそうした経験がなければ、ライターなど未経験でも始めやすいものもあります。

総合的なものであれば、ランサーズクラウドワークス、IT系であれば、ポテパンフリーランスなどがあります。

まとめ

ここまで貯金について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

持論ですが、自分の価値観がない人は人の価値観に寄り添うようになります。そして、人の価値観としてわかりやすいものの典型例がお金です。

貯金はしてもしなくてもいいと思います。ただ、自分の価値観がなんなのか、そのために必要なお金はいくらなのかといったことは把握しておきたいですね。

貯金はいくらあればいいというわけでもなく、自分の今と将来のバランスを踏まえて、必要なだけ持っておくのが大事でしょう。