【26歳男女のリアル】年収・貯金の平均、中央値、手取りに仕事・結婚事情まで

woman
ゆか

26歳ってすっかり大人って感じだね。

man
まっくす

ここから結婚とか転職が増えてくるよね。

26歳となるともう社会人という感じがしますね。大きく分けるとアラサーです。

結婚や転職など人生の節目のイベントを経験する人が増えてくる年齢です。

仕事にもだいぶ慣れてきて早ければ、部下もできている頃でしょうか。

いろいろな縛りもなく年齢的にもチャレンジがしやすい年だと思います。

「自分は自分」って思っても周りの年収や結婚の状況は気になりませんか?

今回は、26歳の年収・貯金などのお金事情に焦点を当てながら生活やライフイベントまで見ていきます。

26歳の平均年収・年収中央値など

まずは26歳年収の基本的なデータを抑えましょう。

26歳の平均年収

20代前半
20~24歳
(国税庁)
20代後半
25~29歳
(国税庁)
26歳
(doda)
男性 275 383 376
女性 241 309 338
全体 258 351 360

出典:国税庁 民間給与実態統計調査doda

細かい年齢ごとのデータは実はあまりありません。

国税庁とdodaを出しているデータをベースに考えます。

26歳ではこのようになります。

  • 全体年収は300~360万円
  • 男性は320~380万円
  • 女性は280万円~340万円

20代は中央値と平均の乖離が小さいので、中央値も平均とほぼ同じくらいと考えていいでしょう。

26歳年収の中央値

20代は年収のばらつきも小さいため、中央値も平均と近いです。

20代後半で見ると、中央値4%前後平均よりも少ない程度のようです。

全体平均が330万円だとすると、中央値は317万円程度と推測できます。

男性 女性
20~
24歳
25~
29歳
20~
24歳
25~
29歳
平均 210.5 248.1 202.5 225.9
中央値 207.2 239.1 199.1 219.3
乖離 98.4% 96.4% 98.3% 97.1%

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

26歳の手取り年収・月収

平均が330万円とすると、手取りはだいたい80%程度になります。

この場合は、手取り年収は264万円で、手取り月収は22万円です。

26歳の年収分布を見よう

男性編

26歳のピンポイントは分布はありませんので、近い数字から予測します。

そう考えると、だいたいこのようになります。

  • 月収20万円以上:80%
  • 月収24万円以上:49%(2人に1人)
  • 月収26万円以上:33%(3人に1人)
  • 月収30万円以上:15%(7人に1人)
  • 月収32万円以上:10%

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

半分以上は24万円以上ですが、30万円以上は15%とそこまで高くありません。

年収400万円に到達する人は全体の1割前後になりそうです。

女性のデータ

女性も同様に見ていきましょう。

  • 月収20万円以上:67%(3人に2人)
  • 月収22万円以上:50%(2人に1人)
  • 月収24万円以上:33%(3人に1人)
  • 月収30万円以上:8.5%(11人に1人)
  • 月収40万円以上:1.1%(100人に1人)

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

男性に比べて全体的に多少低いですが、差はそれほどは大きくはありません。

年収は仕事で決まる

あなたは年収は仕事や能力で決まっているかもしれませんが、実際には選んだ業界・職種・会社でほとんどが決まります。

転職で給料を上げたいという方は記事下部のこちらもぜひ読んでください。

▼▼年収を上げる方法をチェック

26歳の平均貯金額・中央値

20歳代の貯金額は2人以上世帯で平均321万円で、中央値は77万円です。

それぞれ2人分なので、2で割ると160万円と39万円です。

これを踏まえると、26歳では100万円~150万円くらいでしょうか。

毎月5万円とはいいませんが、2~3万を貯めて年間20~30万円くらい貯蓄する人が多そうです。

全体 保有なし
世帯
年代 平均 中央 比率
20歳代 321 77 35.6%
30歳代 470 200 33.7%
40歳代 643 220 33.7%
50歳代 1,113 400 31.8%
60歳代 1,411 601 29.4%
70歳以上 1,768 600 28.3%
全体 1,729 1,000 31.2%

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]より作成

20代貯金なしは3割以上

平均といっても、もちろんばらつきはあります。興味深いのは、20代の3割以上が貯金を全くしていません。

貯金は、想定外の出費に対応するためであったり、新しい経験や勉強をするために多少は持っておいた方がいい気はしますが。

2人以上
世帯
単身
世帯
20歳代 35.6 61.0
30歳代 33.7 40.4
40歳代 33.7 45.9
50歳代 31.8 43.0
60歳代 29.4 37.3
70歳以上 28.3

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」より作成

20代の貯金事情

こちらも前に20代の貯金事情をまとめました。

とくに比較するものでもありませんが、他人の事情も気になる気持ちは非常によくわかります。

参考:20代の貯金まとめ・平均額・貯金方法・1000万貯める人・しない人も

26歳の仕事・転職

年収や貯金を増やしていくうえで、選ぶ仕事は重要です。

大学を卒業してストレートで働き始めた人は4年目~5年目になります。

経験を活かしてキャリアアップする転職も未経験職種への転職もしやすい時期です。

転職サイトの@typeの調査でも23歳~28歳の転職が多くなっています。

すべての人が転職をした方がいいわけではありませんが、選択肢は広く持った方がいいでしょう。

転職すべき・すべきでない

転職した方がいいパターン・悪いパターンがあるので、簡単に見ておきます。

転職した方がいい

  • 未経験の仕事にチャレンジしたい
  • 今の仕事でわかりやすい実績がある
  • 会社内での評価があまり高くない
  • 昇給や昇進がしばらくは難しそう

転職しない方がい

  • すでに転職を3回以上している
  • 直近で昇給・昇進・異動などが見込める
  • 会社外での評価よりも会社内での評価がかなり高い

あなたが今までの転職を繰り返していない限り、26歳は転職のタイミングとしては悪くないです。

ただ、あなたが転職をしすぎている場合や、今の会社での出世やスキル獲得が見込める場合には、そのまま残ったほうがいいです。

転職の理想的なパターンとしては、会社にある程度を在籍してスキルを得た後に、その経験が活かせるところに転職するというものです。

重要なのは、選択肢の多いうちに自分に合ったものを探すことです。

転職攻略法

20代の転職で一番のポイントはあなたに合った求人を見つけ、対策することです。

20代はポテンシャルが大きく考慮されるので、実績やスキル以外でも勝負しやすいですし、未経験の職種でも転職しやすいです。

プロに相談する

転職を成功させるポイントは、転職エージェントに相談することです。

彼らは転職のプロで毎日多くの転職者をサポートしています。

あなたに合った求人紹介や内定をもらうための選考のサポートをしてもらえます。

よく家族に相談をしたり、友人に相談をしたりする人がいますが、彼らは転職のプロではありません。

確実に成功させるためにも転職のプロのアドバイスを絶対に受けましょう。

25歳、30歳、35歳、40歳といったタイミングで選択肢はがくっと減っていきます。

今、応募できる仕事の多くは時間が経つと応募できなくなってしまいます。少しでも早く動き出すことが重要です。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントは、大手の総合型エージェントに相談しましょう。

求人数も多く、サポートの質も安定している会社がこちらです。

早めに相談しておきましょう。

あわせて、リクナビNEXTミイダスなどの転職サイトも活用しましょう。

エージェントに頼りながら自分でも探すことでベストな求人が見つかる可能性を上げることができます。

活用したい転職サービス

業界最大級のリクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントのポイント

  • 国内最大級、10万件超えの求人数
  • 転職実績も国内最大水準
  • 担当アドバイザーが優秀

リクルートエージェントは間違いのないエージェントの1つです。

求人数は国内最高水準で、実際に転職している人数も最高レベルです。

土日も面談対応していますし、エージェントの人も優秀で、話が早いです。

どんな人でも登録してまず間違いないエージェントです。

リクルートエージェントに相談する

サポートが強いパソナキャリア

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアのポイント

  • サポートが評判になるレベル
  • はじめての転職、女性の転職にも強い
  • ほかでは不利になる人でも大丈夫

パソナキャリアは大手の中でもサポートが抜群にいいです。

パソナキャリア創業時からはじめての転職や女性の転職支援に力を入れています。

あらゆる人に手厚いサポートを提供しているということです。

求人数が多い中で、サポート体制が優れているという万人に勧められるエージェントです。

パソナキャリアに相談する

求人とサポートのバランスがいいdoda

公式サイト:https://doda.jp/

dodaのポイント

  • 求人件数が10万以上で、国内最大級
  • 書類の選考サポートもばっちり
  • 主体的に探すのにも使えるサービス

dodaはバランスがよく、求人・サポートともに非常に高いレベルです。

求人数は10万件以上と国内でも最大級の量を誇ります。

自分にマッチする求人の紹介はもちろん、重要な選考書類の書き方のサポートなども充実しています。

スカウトの数が多かったり、自分で求人を調べる転職サイト的にも使えます。

dodaに相談する

求人多数のリクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTのポイント

  • 大手から中小まで求人の質・量ともに圧倒的
  • 自分で探すだけでなく、スカウトにも期待できる
  • 転職者で使っている人が多い

リクナビNEXTは総合型の転職サイトとして、圧倒的に強いサイトです。

求人数が多く、地方やマイナーな職種に関しても対応しています。

また、履歴書や職務経歴書の作成に関してツールが用意されていたりと、エージェントにはないサポートがあります。

スカウトもかなり来るので、こちらも早めに登録して、情報をしっかり入力しておきましょう。

リクナビNEXTを見る

ミイダス

公式サイト:https://miidas.jp/

ミイダスは自分の市場価値を計測できるサービスです。

登録していくと、上の画像のように合致する企業数や年収が表示されます。

オファーも明確に年収が出ますし、登録する手間もさほどかかりません。

まずは、自分の転職市場での価値を知りたいという場合には、登録しておきましょう。

MIIDAS(ミイダス)に登録する

転職する人のほとんどが使う転職サイトで、登録しておくだけでスカウトももらえます。

ほかにも押さえたい20代の転職

他にも20代の転職攻略法は下の記事でも紹介しています。

転職を成功させたい人はこちらもぜひご覧ください。

26歳で年収500万・600万は目指せるのか

目指せますが、26歳で600万円もらえる仕事は限られています。

あなたの学歴や経験による部分もあります。

年収だけを重視するのであれば、今までの経験を活かした給料の高い会社への転職で可能かと思います。

400万円が狙いやすいところで、500万円は十分に狙える範囲かと思います。

たとえば、自分がいた会社では、3年目でほとんどの人が500万円は超えていました。

あなたがもし平均的な給料をもらっている場合には、330万円前後だと思います。

1回で難しければ、330万円から転職して430万円、その後の昇進を狙って500万円といったことも考えられます。

市場価値を把握しておく

狙える給料に関しては率直に転職エージェントに聞くのが早いです。

自分の経歴を伝えたうえで、どういった会社に内定できそうなのかを考えましょう。

ミイダスも市場価値をはかるサービスです。

こちらは在宅でもできるので、手軽に知りたい人は活用しましょう。

26歳の結婚事情

26歳になると結婚する人が増えてきます。国勢調査のデータからまとめました。さすがのデータ量で、年齢別のデータもあります。

結婚経験率(全体-未婚率)のデータ

全体 増加率 男性 増加率 女性 増加率
全体 73.40% 69.10% 77.30%
 20歳 5.50% 5.40% 5.70%
 21歳 7.40% 1.90% 6.80% 1.40% 7.90% 2.20%
 22歳 9.90% 2.50% 8.80% 2.00% 11.10% 3.20%
 23歳 13.30% 3.40% 11.60% 2.80% 15.20% 4.10%
 24歳 17.60% 4.30% 15.10% 3.50% 20.10% 4.90%
 25歳 23.10% 5.50% 19.70% 4.60% 26.70% 6.60%
 26歳 29.50% 6.40% 25.30% 5.60% 33.80% 7.10%
 27歳 36.30% 6.80% 31.50% 6.20% 41.20% 7.40%
 28歳 42.80% 6.50% 37.60% 6.10% 48.20% 7.00%
 29歳 48.60% 5.80% 43.10% 5.50% 54.40% 6.20%
 30歳 53.70% 5.10% 48.00% 4.90% 59.60% 5.20%
 31歳 57.90% 4.20% 52.40% 4.40% 63.60% 4.00%
 32歳 61.30% 3.40% 55.80% 3.40% 66.90% 3.30%
 33歳 64.10% 2.80% 58.60% 2.80% 69.70% 2.80%
 34歳 66.30% 2.20% 61.00% 2.40% 71.80% 2.10%
 35歳 68.60% 2.30% 63.30% 2.30% 74.00% 2.20%
 40歳 74.70% 6.10% 69.70% 6.40% 79.90% 5.90%
 50歳 82.30% 7.60% 77.90% 8.20% 86.60% 6.70%

出典:平成27年国勢調査国勢調査より作成

全体では3割が結婚経験あり、男性はまだ4人に1人ですが、女性はここで3人に1人が結婚します。

ここから30歳くらいにかけて、男性も女性も怒涛の勢いで増えていきます。

女性は29歳・男性は31歳で、半分以上が結婚経験ありとなります。

とくに女性はここから会う人はどうしても結婚を意識するのではないでしょうか。

自分の周りの女性でも焦り始めたのは、26歳~28歳くらいでした。30歳までが目標の人が多いみたいですね。

男性は対して、さらっとすぐにする人と、粘り続ける人が出てきます。

結婚相手に求めるものは?

こういう内容は結婚相談所などが行っているアンケートが参考になります。

今回は結婚前の男女は必見! 結婚相手に求める条件は?(アニヴェルセル株式会社)を参考にさせていただきます。

少し前のデータですが、1,400名とサンプルも多く、首都圏・関西の20歳~37歳男女を対象としたものです。

なかなか興味深いです。

男女総合の結果

  • 1位:性格が合うこと
  • 2位:思いやりを感じること
  • 3位:癒やされること
  • 4位:思いやりを感じること
  • 5位:収入が安定していること

この種類のアンケートだと性格が合うが結構上位に来ますね。性格と思いやりは前提のようです。

それを踏まえて、男女別を見ると、上位2つは一緒ですが3位から変わります。

  • 男性の3位~5位は、癒やされること、家事をこなす能力、自分の仕事への理解で
  • 女性の3位~5位は、収入が安定、癒やされる、食事の好みが合うことです。

つまり、女性は癒やして、家事をこなそう、男性は稼いで、なんでも食べようですね。

このアンケートでは、容姿・収入・年齢の話はありませんが、一般に男性は若さ、女性は収入を求めるので、そこも気をつけましょう。

恋活

自分に自信があったり、見た目が良かったり、稼いでいる方は手軽に始められる恋活アプリ(マッチングアプリ)をぜひ使いましょう。

真剣な目的はやはり、大手の会社が運営しているものの方が安心感がありますね。

定番アプリのPairs

1つ目は、Pairsです。マッチングアプリの中でも有名なので、知っている人もいるかと思います。

前の職場でたまたま話していたときに、そこで話していた6人のうち5人が使っていたということもありました。

評判の理由は実際に会える人が多いからです。周りでも付き合ったり、結婚している人がいます。

実際に僕も使いましたが、登録者も多く、いろいろなタイプの人がいてデートまでつながりやすかったです。

Facebook連携で友人が表示されないようになっていますし、まず間違いないのないサービスです。

Pairsに登録する

Daigo監修のWith

メンタリストのDaigoさんが監修をしていて、上場企業が運営する恋活アプリのwithです。

心理学・統計学を用いたアプローチで、定期的にイベントを開催したり、趣味や共通点を活用したりしてマッチ率も上がります。

積極的にプロモーションやイベントを開催しているので、男女ともにアクティブな人が多い印象でした。

数人会っただけの肌感ですが、ほかのサービスよりも真面目なユーザーが多く、恋活アプリの中でも結婚に結びつけやすくなっています。

withに登録する

どうしてもアプリによって合う人・合わない人というのがあります。迷ったら複数、登録してみて自分に合ったものを選びましょう。

婚活

恋活・婚活アプリはどうしても見て目が良かったり、学歴・収入などわかりやすい売りがある人に人気が集中します。

でも実際に、結婚するとなったときには、見た目だけで決めることはありませんよね。

それに恋活アプリは、結婚したい人だけが使うとは限りません。ただ、恋人が欲しい人や既婚の人が…と、モチベーションもさまざまです。

結婚相談所の場合には、結婚したいという意思で登録するものですし、アドバイザーのサポートもあります。

とくに女性は30歳前後で、だいぶ引きが変わります。早いうちに行動しましょう。

ゼクシィ縁結びカウンター

結婚情報誌のゼクシィは聞いたことがあると思います。ゼクシィでも結婚相談のサポートをしているのは知っていますか?

もともと母体のリクルートは転職サイトや転職エージェントの先駆けでマッチングには定評があります。

会員はすでに2万人を超えていて、カウンターで対面のサポートも受けられます。入会金が3万円に月会費が9千円のプランもあります。

ゼクシィというブランドの安心感、対面でのサポート体制、低めの料金設定が魅力的です。無料で相談ができますので、まずは相談してみましょう。

ゼクシィ縁結びカウンターに無料相談する

エン婚活エージェント

転職サイトや転職エージェントを運営しているエン・ジャパンも実は婚活サポートをしています。

最大の特徴はすべてオンラインで完結し、費用が非常に抑えられるということです。

結婚相談所というと入会金が高いイメージがありますが、エン婚活の入会費は9,800円です。月会費も12,000円でほかではありえない水準となっています。

直接の面談はありませんが、専任コンシェルジュが付き、月に6名以上の紹介があります。サービスの無料体験や返金保証もあり、始めやすくなっています。

エン婚活エージェントを詳しく見る

26歳でやるべきこと

僕はこの頃にちょうど転職をしました。

このときは給料が下がりましたが、新規事業やマネジメントの経験を積むことができました。

周りでも大手企業からベンチャーに行ったり、逆もあったりします。

結婚する友達も増えてきて、数年で確かに半分くらいが結婚しました。

26歳でなにかチャレンジをして、2~3年で失敗してもまだ30歳前くらいです。

未経験の職種に応募したりもできるような柔軟な年齢です。

ただ、あっという間に28歳になり、30歳になります。

ここからの数年でやりやすいことは確実にありますので、何をするにせよ、そこは意識しておいた方が良さそうです。

ほかにも20代のキャリアに関する記事があります。こちらも合わせてどうぞ。

One thought on “【26歳男女のリアル】年収・貯金の平均、中央値、手取りに仕事・結婚事情まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA