【26歳のリアル】平均年収330万円!男女の貯金・結婚・転職は?

26歳となるともう社会人という感じがしますね。大きく分けるとアラサーです。

結婚や転職など人生の節目のイベントを経験する人が増えてくる年齢です。仕事にもだいぶ慣れてきて早ければ、部下もできている頃でしょうか。

いろいろな縛りもなく年齢的にもチャレンジがしやすい年だと思います。

自分は自分って思っても周りの年収や結婚の状況は気になりませんか?

今回は、26歳の年収に焦点を当てながら生活やライフイベントまで見ていきましょう。

26歳の年収平均・中央値など

まずは26歳年収の基本的なデータを抑えましょう。

26歳の年収平均値

20代前半
(20~24歳、国税庁)
20代後半
(25~29歳、国税庁)
26歳
(DODA)
男性 275 383 376
女性 241 309 338
全体 258 351 360

出典:国税庁 民間給与実態統計調査DODA

細かい年齢ごとのデータは実はあまりありません。国税庁とDODAを出しているデータをベースに考えます。

26歳の全体年収は300~360万円、男性は320~380万円、女性は280万円~340万円。

20代は中央値と平均の乖離が小さいので、中央値も平均とほぼ同じくらいと考えていいでしょう。

26歳年収の中央値

20代は年収のばらつきも小さいため、中央値も平均と近いです。

20代後半で見ると、中央値4%前後平均よりも少ない程度のようです。

全体平均が330万円だとすると、中央値は317万円程度と推測できます。

20~24歳 25~29歳 20~24歳 25~29歳
平均 210.5 248.1 202.5 225.9
中央値 207.2 239.1 199.1 219.3
乖離
(中央値/平均)
98.4% 96.4% 98.3% 97.1%

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

26歳の手取り年収・月収

平均が330万円とすると、手取りはだいたい80%程度になります。

この場合は、手取り年収は264万円で、手取り月収は22万円です。

26歳の年収分布を見よう

男性編

26歳のピンポイントは分布はありませんので、近い数字から予測します。

そう考えると、だいたいこのようになります。

  • 月収20万円以上:80%
  • 月収24万円以上:49%(2人に1人)
  • 月収26万円以上:33%(3人に1人)
  • 月収30万円以上:15%(7人に1人)
  • 月収32万円以上:10%

半分以上は24万円以上ですが、30万円以上は15%とそこまで高くありません。

年収400万円に到達しそうな人は全体の1割前後になりそうです。

月間給与 年間給与(推定) 20~24歳 累計 25~29歳 累計 全体割合 累計
~10 60 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
10~12 132 0.3 0.3 0.2 0.2 0.2 0.2
12~14 156 1.7 2.0 1.0 1.2 0.9 1.1
14~16 180 5.4 7.4 2.7 3.9 2.4 3.5
16~18 204 13.1 20.5 4.8 8.7 4.3 7.8
18~20 228 21.1 41.6 8.8 17.5 5.9 13.7
20~22 252 23.3 64.9 14.8 32.3 7.5 21.2
22~24 276 16.5 81.4 18.4 50.7 8.0 29.2
24~26 300 9.2 90.6 16.3 67.0 8.1 37.3
26~28 324 4.3 94.9 11.3 78.3 7.3 44.6
28~30 348 2.2 97.1 7.3 85.6 6.7 51.3
30~32 372 1.2 98.3 4.9 90.5 6.1 57.4
32~34 396 0.7 99.0 2.8 93.3 5.3 62.7
34~36 420 0.4 99.4 2.0 95.3 4.8 67.5
36~40 444 0.3 99.7 2.0 97.3 7.6 75.1
40~45 510 0.2 99.9 1.2 98.5 7.4 82.5
45~50 570 0.1 100.0 0.5 99.0 5.2 87.7
50~60 660 0.0 100.0 0.5 99.5 6.2 93.9
60~70 780 0.0 100.0 0.2 99.7 3.0 96.9
70~80 900 0.0 100.0 0.1 99.8 1.4 98.3
80~90 1,020 0.0 100.0 0.0 99.8 0.7 99.0
90~100 1,140 0.0 100.0 0.0 99.8 0.3 99.3
100~120 1,320 100.0 0.0 99.8 0.3 99.6
120~ 1,440 100.0 0.0 99.8 0.3 99.9

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

女性のデータ

女性も同様に見ていきましょう。

  • 月収20万円以上:67%(3人に2人)
  • 月収22万円以上:50%(2人に1人)
  • 月収24万円以上:33%(3人に1人)
  • 月収30万円以上:8.5%(11人に1人)
  • 月収40万円以上:1.1%(100人に1人)

男性に比べて全体的に多少低いですが、差はそれほどは大きくはありません。

月間給与 年間給与(推定) 20~24歳 累計 25~29歳 累計 全体割合 累計
~10 60 0 0.0 0 0.0 0.0 0.0
10~12 132 0.3 0.3 0.4 0.4 0.8 0.8
12~14 156 3.1 3.4 2.5 2.9 3.7 4.5
14~16 180 9 12.4 6.1 9.0 8.3 12.8
16~18 204 17.3 29.7 9.7 18.7 11.1 23.9
18~20 228 21.3 51.0 14.5 33.2 12.1 36.0
20~22 252 20.8 71.8 17.5 50.7 12.2 48.2
22~24 276 12.9 84.7 16.6 67.3 10.8 59.0
24~26 300 7.5 92.2 12 79.3 9.0 68.0
26~28 324 3.7 95.9 7.4 86.7 7.0 75.0
28~30 348 1.9 97.8 4.8 91.5 5.4 80.4
30~32 372 0.9 98.7 3.1 94.6 4.1 84.5
32~36 408 0.9 99.6 2.9 97.5 5.6 90.1
36~40 456 0.2 99.8 1.4 98.9 3.5 93.6
40~45 510 0.1 99.9 0.6 99.5 2.6 96.2
45~50 570 0 99.9 0.3 99.8 1.3 97.5
50~60 660 0 99.9 0.2 100.0 1.3 98.8
60~70 780 0 99.9 0.1 100.0 0.5 99.3
70~80 900 99.9 0 100.0 0.3 99.6
80~90 1,020 99.9 0 100.0 0.1 99.7
90~100 1,140 99.9 100.0 0.1 99.8
100~ 1200 99.9 0 100.0 0.2 100.0

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

もっと知りたい方

20代全体の年収について以前まとめました。

20年の年収の平均・中央値をはじめ、さまざまな観点(男女、学歴、業種)などでの比較データも紹介しています。

政府統計を基本にかなり詳細なデータも興味がある方はぜひご覧ください。

20代の年収事情!平均・中央値から500~1,000万円の割合も

26歳の生活・平均手取り・平均貯金

26歳の生活はどんな感じでしょうか。

平均年収を見ると、300~360万円くらいなので、月間25~30万円となります。

税金などを除いた手取りはだいたい80%ですので、20~24万円が実際に使えるお金になります。

お金の使い方としては、このようなイメージでしょうか。

収入 給料 22万円
固定費 家賃 7万円
通信費 1万円
光熱水費 1万円
変動費 食費 4万円
交際費 2万円
服・その他 3万円
残金 4万円

東京以外だと家賃はもっと抑えられるでしょう。寮がある友人は1~2万円で済ませていました。

非常に余裕があるというわけではありませんが、支出を押さえれば、月に数万円の貯金はできそうです。

実際には、旅行に行ったり、イベントに行ったり、趣味のものを買ったりしてトントンくらいの人も多そうです。

結婚する友達が増えてくるので、ご祝儀(3万円)の支出がなかなか痛かった記憶があります。

平均貯金

20歳代の平均は2人以上世代で321万円です。中央値は77万円です。それぞれ2人分なので、2で割ると160万円と39万円です。

これを踏まえると、26歳では100万円~150万円くらいでしょうか。

毎月5万円とはいいませんが、2~3万を貯めて年間20~30万円くらい貯蓄する人が多そうです。

全体 保有している世帯のみ 保有していない世帯
年代 平均 中央 平均 中央 比率
20歳代 321 77 524 300 35.6%
30歳代 470 200 735 420 33.7%
40歳代 643 220 1,014 650 33.7%
50歳代 1,113 400 1,689 1,100 31.8%
60歳代 1,411 601 2,062 1,400 29.4%
70歳以上 1,768 600 2,512 1,500 28.3%
全体 1,729 1,000 1,151 380 31.2%

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]より作成

20代貯金なしは3割以上

平均といっても、もちろんばらつきはあります。興味深いのは、20代の3割以上が貯金を全くしていません。

貯金は、想定外の出費に対応するためであったり、新しい経験や勉強をするために多少は持っておいた方がいい気はしますが。

こちらは20代の貯金事情をまとめた記事です。知りたい方はぜひどうぞ。

こちらも前に20代の貯金事情をまとめました。とくに比較するものでもありませんが、他人の事情も気になる気持ちは非常によくわかります。

20代の貯金まとめ・平均額・貯金方法・1000万貯める人・しない人も

26歳の結婚事情

26歳になると結婚する人が増えてきます。

国勢調査のデータからまとめました。さすがのデータ量で、年齢別のデータもあります。

結婚経験率(全体-未婚率)のデータ

全体 増加率 男性 増加率 女性 増加率
全体 73.40% 69.10% 77.30%
 20歳 5.50% 5.40% 5.70%
 21歳 7.40% 1.90% 6.80% 1.40% 7.90% 2.20%
 22歳 9.90% 2.50% 8.80% 2.00% 11.10% 3.20%
 23歳 13.30% 3.40% 11.60% 2.80% 15.20% 4.10%
 24歳 17.60% 4.30% 15.10% 3.50% 20.10% 4.90%
 25歳 23.10% 5.50% 19.70% 4.60% 26.70% 6.60%
 26歳 29.50% 6.40% 25.30% 5.60% 33.80% 7.10%
 27歳 36.30% 6.80% 31.50% 6.20% 41.20% 7.40%
 28歳 42.80% 6.50% 37.60% 6.10% 48.20% 7.00%
 29歳 48.60% 5.80% 43.10% 5.50% 54.40% 6.20%
 30歳 53.70% 5.10% 48.00% 4.90% 59.60% 5.20%
 31歳 57.90% 4.20% 52.40% 4.40% 63.60% 4.00%
 32歳 61.30% 3.40% 55.80% 3.40% 66.90% 3.30%
 33歳 64.10% 2.80% 58.60% 2.80% 69.70% 2.80%
 34歳 66.30% 2.20% 61.00% 2.40% 71.80% 2.10%
 35歳 68.60% 2.30% 63.30% 2.30% 74.00% 2.20%
 40歳 74.70% 6.10% 69.70% 6.40% 79.90% 5.90%
 50歳 82.30% 7.60% 77.90% 8.20% 86.60% 6.70%

出典:平成27年国勢調査国勢調査より作成

全体では3割が結婚経験あり、男性はまだ4人に1人ですが、女性はここで3人に1人が結婚します。

ここから30歳くらいにかけて、男性も女性も怒涛の勢いで増えていきます。

女性は29歳・男性は31歳で、半分以上が結婚経験ありとなります。

とくに女性はここから会う人はどうしても結婚を意識するのではないでしょうか。

自分の周りの女性でも焦り始めたのは、26歳~28歳くらいでした。30歳までが目標の人が多いみたいですね。

男性は対して、さらっとすぐにする人と、粘り続ける人が出てきます。

結婚相手に求めるものは?

こういう内容は結婚相談所などが行っているアンケートが参考になります。

今回は結婚前の男女は必見! 結婚相手に求める条件は?(アニヴェルセル株式会社)を参考にさせていただきます。

少し前のデータですが、1,400名とサンプルも多く、首都圏・関西の20歳~37歳男女を対象としたものです。

なかなか興味深いです。

男女総合の結果

  • 1位:性格が合うこと
  • 2位:思いやりを感じること
  • 3位:癒やされること
  • 4位:思いやりを感じること
  • 5位:収入が安定していること

この種類のアンケートだと性格が合うが結構上位に来ますね。性格と思いやりは前提のようです。

それを踏まえて、男女別を見ると、上位2つは一緒ですが3位から変わります。

  • 男性の3位~5位は、癒やされること、家事をこなす能力、自分の仕事への理解で
  • 女性の3位~5位は、収入が安定、癒やされる、食事の好みが合うことです。

つまり、女性は癒やして、家事をこなそう、男性は稼いで、なんでも食べようですね。

このアンケートでは、容姿・収入・年齢の話はありませんが、一般に男性は若さ、女性は収入を求めるので、そこも気をつけましょう。

 

恋活アプリ

自分に自信があったり、見た目が良かったり、稼いでいる方は手軽に始められる恋活アプリ(マッチングアプリ)をぜひ使いましょう。

真剣な目的はやはり、大手の会社が運営しているものの方が安心感がありますね。

まず、メンタリストのDaigoさんが監修をしていて、上場企業が運営する恋活アプリのwithです。

趣味や共通点でマッチングするということで、マッチ率も上がりそうです。

安心安全「with」
恋愛婚活マッチ

もう1つは、ゼクシィも運営するリクルートの提供するマッチングアプリMatchbookです。

安心・安全の婚活マッチングサービスなので、うまくいったらそのままゼクシィですね。

迷ったら複数登録してみて自分に合ったものを選びましょう。

Matchbook

婚活

恋活・婚活アプリはどうしても見て目が良かったり、学歴・収入などわかりやすい売りがある人に人気が集中します。

でも実際に、結婚するとなったときには、見た目だけで決めることはありませんよね。

それに恋活アプリは、結婚したい人だけが使うとは限りません。

ただ、恋人が欲しい人や既婚の人が…と、モチベーションもさまざまです。

 

結婚相談所の場合には、結婚したいという意思で登録するものですし、アドバイザーのサポートもあります。

とくに女性は30歳前後で、だいぶ引きが変わります。早いうちに行動しましょう。

まずは、楽天オーネットです。CMもやっており、会員は約5万人います。

1年間の成婚実績も約6,000組(約12,000人)と実績で見ると、業界最高レベルとなっています。

楽天オーネット

ゼクシィでも結婚相談のサポートをしています。会員は2万人を超えていますし、他社に比べて費用が抑えられています。

無料で相談ができますので、まずは相談してみましょう。

ゼクシィ縁結びカウンター

 

26歳の仕事・転職

大学を卒業してストレートで働き始めた人は4年目~5年目になります。

部下がいる人も増えるでしょうし、少なくとも後輩はいるでしょう。

一生懸命働いていれば、なにかしらの実績や、自分の仕事といえるようなものあるのではないでしょうか。

こうした背景から転職をし始める人が増えます。自分の周りでもこのあたりでは転職が多かったです。

少し古いデータですが、転職サイトの@typeの調査でも23歳~28歳の転職が多くなっています。

DODAの調査でも24~26歳で転職を考え始める人が多いという結果が出ています。

ただ、誰もがした方がいいわけではありません。いいケース・悪いケースを見ましょう。

転職した方・しない方がいい場合

転職した方がいい場合

  • 今の会社で実績がある
  • 必要な能力は身につけられた
  • 直近での昇給・昇進はなさそう
  • 会社での評価があまり高くない
  • 転職回数が少ない、あるいはまだない

転職しない方がいい場合

  • 今の会社で実績がない
  • まだ勉強できることがある
  • 直近での昇給・昇進・異動などがある
  • 転職回数が多い(2回以上)

転職はタイミングも重要です。これらすべてを満たすことはあまりないかもしれませんが、いいタイミングでするとキャリアが見えやすくなります。

会社で実績を積み、それをベースに、自分がもっとやりたい仕事やより高度な仕事などができるような転職がいいですね。

26歳で500万・600万は目指せるのか

26歳で600万円もらえる仕事は限られているため、あなたの学歴や経験による部分もあります。

400万円が狙いやすいところで、500万円は十分に狙える範囲かと思います。

仕事重視か、年収重視にもよりますが、年収を考えるのであれば、今までの経験を活かした給料の高い会社への転職で可能かと思います。

あなたがもし平均的な給料をもらっている場合には、330万円前後だと思います。

その業界内でより給料が高いところに移ったり、同じ職種でより高いところを探すのがセオリーかと思います。

1回で難しければ、330万円から転職して430万円、その後の昇進を狙って500万円といったことも考えられます。

転職の進め方

転職エージェントや転職サイト、友人からの紹介、直接応募など求人の探し方はいろいろあります。

個人的には、求人を探すということに関しては、方法はどれでもいいと思っています。

  • 自分で探すのは手間なので、転職エージェントの人に探してほしい
  • 知らない会社は嫌だから友人の会社に入りたい
  • 自分のペースで転職サイトで探したい

ただ、転職のプロからアドバイスをもらえるのは、転職エージェントだけです。

担当者による部分もありますが、少なくとも転職を数回しか経験しないあなたよりも、はるかに多くの人の転職をサポートしています。

よく家族に相談をしたり、友人に相談をしたりする人がいます。

彼らはあなたのことには詳しいかもしれませんが、転職や求人のプロフェッショナルではなありません。

彼らからアドバイスを受けることは自体は否定しませんが、彼らは求人事情やあなたの経歴で入りやすい会社などのアドバイスはほとんどできません。

日本では、転職回数が増えたり、短期で離職をすることはネガティブに見られがちです。

確実に成功させるためにも情報収集が重要ですので、ぜひエージェントに頼りましょう。

安定と安心のリクルートエージェント

僕も転職のたびに必ず登録しているサービスです。

求人件数の多さやエージェントの質など、転職エージェントの中でもかなり安定しています。

リクナビNEXTと合わせて登録しましょう。

【リクルートエージェント】はこちらから

はじめての転職はパソナキャリア

同じく大手のパソナキャリアです。

求人件数はもちろん、アドバイザーの質とサポート体制もばっちりで、はじめての転職も安心です。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

他にもさまざまな転職エージェントがあります。

こちらの記事でまとめていますので、よければ見てください。

【決定版】20代転職の成功方法!エージェントやサイトも活用しよう

26歳でやるべきこと

僕はこの頃にちょうど転職をしました。

このときは給料が下がりましたが、新規事業やマネジメントの経験を積むことができました。

周りでも大手企業からベンチャーに行ったり、逆もあったりします。

結婚する友達も増えてきて、数年で確かに半分くらいが結婚しました。

ここで、なにかチャレンジをして、2~3年で失敗してもまだ30歳前くらいなので、未経験の職種に応募したりもできるような柔軟な年齢です。

ただ、あっという間に28歳になり、30歳になります。

ここからの数年でやりやすいことは確実にありますので、何をするにせよ、そこは意識しておいた方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です