【27歳のリアル】平均年収360万円!男女の貯金・結婚・転職は?

27歳って微妙な年齢ですね。

世間的には若者ですが、30歳が迫ってきます。結婚して子供が生まれる人たちもいます。

遊んでいた友人たちがいつの間にか大人しくなったり、いつの間にやら海外に赴任に行ったりします。

自分の状況と他人の状況を比べても仕方ありません。ただ、どうしても気になるのが人の性です。

今回は、27歳の実態に迫ります。まず、年収に焦点を当てながら、転職・結婚といった大きなライフイベントについても見ていきます。

27歳の年収平均・中央値など

まずは、収入を見ていきます。27歳収入の統計データです。

27歳の平均年収は?

20代後半
(25~29歳、国税庁)
30代前半
(30~34歳、国税庁)
27歳
(DODA)
男性 383 457 393
女性 309 315 349
全体 351 403 376

出典:国税庁 民間給与実態統計調査DODA

27歳の全体収入は、360万円、男性は390万円、女性は330万円くらいと推定できます。

中央値と平均値の差はそこまで大きくないので、同程度と思っておけばいいでしょう。

男性は400万円、女性は350万円稼いでいれば、なかなかいい感じでしょうか。

27歳年収の中央値

20代は年収のばらつきも小さいため、中央値も平均と近いです。

20代後半で見ると、中央値4%前後平均よりも少ない程度のようです。

全体平均が360万円だとすると、中央値は346万円程度と推測できます。

20~24歳 25~29歳 20~24歳 25~29歳
平均 210.5 248.1 202.5 225.9
中央値 207.2 239.1 199.1 219.3
乖離
(中央値/平均)
98.4% 96.4% 98.3% 97.1%

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

27歳の手取り年収・月収

平均が360万円とすると、手取りはだいたい80%程度になります。

この場合は、手取り年収は288万円で、手取り月収は24万円です。

27歳の年収分布はどうなっているのか

男性編

男性の分布を見ていきます。

年齢別のデータはありませんので、近い値から見ていきます。

27歳はちょうど25~29歳の真ん中なので、そこの数字をそのまま使います。

  • 月収24万円以上が2人に1人
  • 月収26万円以上が3人に1人
  • 月収30万円以上が7人に1人
  • 月収36万円以上が20人に1人

年収になるとここに賞与(ボーナス)が加わるので、ここの数字よりは高くなります。

それを踏まえても、年収300万円レベルの人は多いようですが、400万円以上の人はまだそこまで多くないようです。

男性の給与帯別・年齢別の割合

月間給与 25~29歳 累計 30~34歳 累計
~10 0 0 0 0
10~12 0.2 0.2 0.1 0.1
12~14 1 1.2 0.6 0.7
14~16 2.7 3.9 1.7 2.4
16~18 4.8 8.7 3.5 5.9
18~20 8.8 17.5 5.5 11.4
20~22 14.8 32.3 8.2 19.6
22~24 18.4 50.7 10.3 29.9
24~26 16.3 67 12.7 42.6
26~28 11.3 78.3 11.9 54.5
28~30 7.3 85.6 10.4 64.9
30~32 4.9 90.5 8.4 73.3
32~34 2.8 93.3 6.6 79.9
34~36 2 95.3 4.8 84.7
36~40 2 97.3 5.9 90.6
40~45 1.2 98.5 4.1 94.7
45~50 0.5 99 2.1 96.8
50~60 0.5 99.5 1.8 98.6
60~70 0.2 99.7 0.7 99.3
70~80 0.1 99.8 0.3 99.6
80~90 0 99.8 0.2 99.8
90~100 0 99.8 0.1 99.9
100~120 0 99.8 0.1 100
120~ 0 99.8 0 100

女性編

女性の分布も見ていきます。

こちらも25~29歳のデータをそのまま使います。

  • 月収22万円以上が2人に1人
  • 月収26万円以上が5人に1人
  • 月収30万円以上が10人に1人

女性の場合には、多数が300万円以上の水準ではありませんが、それに近い人たちは多いです。

400万円以上となると、相当に少なくなるようです。

女性の給与帯別・年齢別の割合

月間給与 25~29歳 累計 30~34歳 累計
~10 0 0 0 0
10~12 0.4 0.4 0.5 0.5
12~14 2.5 2.9 2.7 3.2
14~16 6.1 9 6.3 9.5
16~18 9.7 18.7 9.3 18.8
18~20 14.5 33.2 10.9 29.7
20~22 17.5 50.7 13 42.7
22~24 16.6 67.3 12.8 55.5
24~26 12 79.3 12.1 67.6
26~28 7.4 86.7 9.6 77.2
28~30 4.8 91.5 7 84.2
30~32 3.1 94.6 4.2 88.4
32~36 2.9 97.5 5.6 94
36~40 1.4 98.9 2.8 96.8
40~45 0.6 99.5 1.9 98.7
45~50 0.3 99.8 0.5 99.2
50~60 0.2 100 0.5 99.7
60~70 0.1 100.1 0.2 99.9
70~80 0 100.1 0.1 100
80~90 0 100.1 0 100
90~100 100.1 0 100
100~ 0 100.1 0 100

さらに知りたい方は

20代年収を徹底解説した記事も書いています。

あらゆる側面から年収に関してご説明していますので、こちらもどうぞ。

20代の年収事情!平均・中央値から500~1,000万円の割合も

27歳の生活・平均手取りや平均貯金額

27歳の生活はどんな感じなのでしょうか。

平均年収が360万円とすると、賞与もありますが、平均すると月収は30万円になります。

税金で2割程度、引かれるために手取りは24万円となります。

収入 給料 24万円
固定費 家賃 7万円
通信費 1万円
光熱水費 1万円
変動費 食費 5万円
交際費 2万円
服・その他 3万円
残金 5万円

1人暮らしであれば、このような感じになります。散財をしなければ、十分に生活できますし、貯金もできるでしょう。

年収が増えてきた人は、より高い家賃のところに引っ越したり、高めのレストランで食事をするようになったりしますね。

27歳の平均貯金

20代の2人以上世帯の平均貯金額が320万円です。ざっくり1人分で考えると、160万円になります。

もちろん、後半の方が貯金をしやすいと考えると、平均では、150万円を超えているでしょう。

27歳では、150万円~180万円くらいが平均と考えられます。

一方で、中央値との差を見ればわかりますが、一部のお金持ちが引っ張っている側面は否めません。

男性の方が年収が高いため、貯金額は男性の方が高いといわれています。

ただ、女性でも実家暮らしの人などはお金があまりかからないので、貯まりやすいでしょう。

貯金しない世帯とする世帯でも大きな違いがあります。平均は気にしすぎないことが重要です。

全体 保有している世帯のみ 保有していない世帯
年代 平均 中央 平均 中央 比率
20歳代 321 77 524 300 35.6%
30歳代 470 200 735 420 33.7%
40歳代 643 220 1,014 650 33.7%
50歳代 1,113 400 1,689 1,100 31.8%
60歳代 1,411 601 2,062 1,400 29.4%
70歳以上 1,768 600 2,512 1,500 28.3%
全体 1,729 1,000 1,151 380 31.2%

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]より作成

20代貯金なしは3割以上

表を見るとわかりますが、貯金しない人も多いです。そして、その割合は年齢が上がってもあまり変わりません。

これは世帯だと考えると、なんらかの理由で収入が止まったときに困る世帯がこれだけいるということですね。

 

20代の貯金額には過去にまとめたものもあります。興味があればこちらもどうぞ。

20代の貯金まとめ・平均額・貯金方法・1000万貯める人・しない人も

27歳の結婚事情

25歳から30歳までにかなり多くの人が結婚を経験します。結婚ラッシュですね。

27歳全体で36%、27歳男性で31%、27歳女性で41%が結婚を経験します。

27歳となると、結婚に関しても気になってくるではないでしょうか。

30歳までには…と思う人たちが出るのもこの時期です。

 

結婚経験率(全体-未婚率)のデータ

全体 増加率 男性 増加率 女性 増加率
全体 73.40% 69.10% 77.30%
 20歳 5.50% 5.40% 5.70%
 21歳 7.40% 1.90% 6.80% 1.40% 7.90% 2.20%
 22歳 9.90% 2.50% 8.80% 2.00% 11.10% 3.20%
 23歳 13.30% 3.40% 11.60% 2.80% 15.20% 4.10%
 24歳 17.60% 4.30% 15.10% 3.50% 20.10% 4.90%
 25歳 23.10% 5.50% 19.70% 4.60% 26.70% 6.60%
 26歳 29.50% 6.40% 25.30% 5.60% 33.80% 7.10%
 27歳 36.30% 6.80% 31.50% 6.20% 41.20% 7.40%
 28歳 42.80% 6.50% 37.60% 6.10% 48.20% 7.00%
 29歳 48.60% 5.80% 43.10% 5.50% 54.40% 6.20%
 30歳 53.70% 5.10% 48.00% 4.90% 59.60% 5.20%
 31歳 57.90% 4.20% 52.40% 4.40% 63.60% 4.00%
 32歳 61.30% 3.40% 55.80% 3.40% 66.90% 3.30%
 33歳 64.10% 2.80% 58.60% 2.80% 69.70% 2.80%
 34歳 66.30% 2.20% 61.00% 2.40% 71.80% 2.10%
 35歳 68.60% 2.30% 63.30% 2.30% 74.00% 2.20%
 40歳 74.70% 6.10% 69.70% 6.40% 79.90% 5.90%
 50歳 82.30% 7.60% 77.90% 8.20% 86.60% 6.70%

出典:平成27年国勢調査国勢調査より作成

結婚相手に求めるもの

せっかくなので、結婚相手にどのようなことを求めているのかを見ましょう。

メディケア生命がイマドキ男女の結婚観という調査を行いました。

いくつか興味深いところを抜粋します。

共通

20代は平均29歳までに結婚したい、30代は平均35歳までに結婚したいと思っている。

男性が求めるもの

  • 1位:性格が合う
  • 2位:一緒にいて楽しい
  • 3位:一緒にいて楽である
  • 4位:やさしい
  • 5位:タバコを吸わない

相手が10歳以上年下でもOKが3人に1人

相手に年収の高さは気にしないが2人に1人

女性が求めるもの

  • 1位:一緒にいて楽である
  • 2位:一緒にいて楽しい
  • 3位:性格が合う
  • 4位:やさしい
  • 5位:収入が安定している

相手が10歳以上年上でもOKが3人に1人

相手に望む年収が400万円以上が3人に2人、600万円以上が4人に1人、望む年収の平均は546万円

男性は年収は気にしないが若さ、女性は若さは気にしないが年収という世間でもよく言われているような内容となりました。

とくに、女性は20代のうちに動き出すとだいぶ、スムーズに進められます。男性は稼いでおくとよさそうですね。

恋活アプリ

自分の容姿に自信がある方や稼いでいる方は、恋活アプリ(マッチングアプリ)を使いましょう。

真剣な出会い目的では信頼感のある、大手が運営しているものの方がいいです。

まず、メンタリストのDaigoさんが監修をしていて、上場企業が運営する恋活アプリのwithです。

趣味や共通点でマッチングするということで、マッチ率も上がりそうです。

安心安全「with」
恋愛婚活マッチ

 

もう1つは、ゼクシィも運営するリクルートの提供するマッチングアプリMatchbookです。

安心・安全の婚活マッチングサービスなので、うまくいったらそのままゼクシィという流れですね。

迷ったら複数登録してみて自分に合ったものを選びましょう。

Matchbook

 

婚活

恋活・婚活アプリはどうしても見た目や学歴・収入などわかりやすい引きがある人に人気が集中します。

でも実際に、結婚するとなったときには、それだけでは決めませんよね。

それに恋活アプリは、結婚したい人だけが使うとは限りません。

ただ、恋人が欲しい人や既婚の人が…と、モチベーションもさまざまです。

 

結婚相談所の場合には、結婚したいという意思で登録するものですし、アドバイザーのサポートもあります。

27歳と30歳は大した違いがないと思われるかもしれませんが、大きく印象が違います。

そして、このことはあなた自信の魅力とはなんの関係もありません。

そんなもったいない理由でチャンスを減らしたくないですよね。

 

まずは、楽天オーネットです。CMもやっており、見たことがある人もいるかもしれません。会員も約5万人います。

1年間の成婚実績も約6,000組(約12,000人)と実績で見ると、業界最高レベルとなっています。

楽天オーネット

ゼクシィでも結婚相談のサポートをしているのはご存知でしょうか。会員は2万人を超えていますし、後発ということもあり他社に比べて費用が抑えられています。

無料で相談ができますので、まずは相談してみましょう。

ゼクシィ縁結びカウンター

27歳の転職事情

結婚と同様に転職についても盛り上がってきます。

今の仕事が順調にいっていれば、その経験を活かして、より好条件、高度な仕事などに移ることができます。

第二新卒という年齢は過ぎていますが、未経験の転職もまだ可能でしょう。

少し古いデータですが、転職サイトの@typeの調査でも23歳~28歳の転職が多くなっています。

DODAの調査でも24~26歳で転職を考え始める人が多いという結果が出ています。

すべての人が転職をした方がいいとは思いませんが、選択肢は広く持っている方がいいのではないでしょうか。

転職した方がいいパターン・悪いパターンがあるので、簡単に見ておきましょう。

転職すべき・すべきでない

転職した方がいい

  • 未経験の仕事にチャレンジしたい
  • 今の仕事でわかりやすい実績がある
  • 会社内での評価があまり高くない
  • 昇給や昇進がしばらくは難しそう

転職しない方がい

  • すでに転職を3回以上している
  • 直近で昇給・昇進・異動などが見込める
  • 会社外での評価よりも会社内での評価がかなり高い
  • 副業にも興味がある

あなたが今までの転職を繰り返していない限り、27歳は転職のタイミングとしては悪くないです。

ただ、あなたの状況次第では転職しない方がいい場合もあります。

それは転職をしすぎている場合や、今の会社でまだ可能性がある場合などです。

転職の理想的なパターンとしては、会社にある程度を在籍してスキルを得た後に、その経験が活かせるところに転職するというものです。

一方で、早い段階で会社と合わないと判断して、離職をして次の会社で活躍をした人もいます。

あまり考えすぎなくてもいいかもしれません。

重要なのは、選択肢の多いうちに自分に合ったものを探すことです。

通常の転職

転職の進め方

さて、転職はどのように進めるのでしょうか。

転職をサポートするサービスはどんどん増えています。

転職エージェントや転職サイト、クチコミサイト、友人からの紹介や直接応募など多くの方法があります。

求人を探す方法もそうですが、アドバイスは誰に受けるのでしょうか。自力ですか?

個人的には、転職エージェントからアドバイスを受けることをおすすめしています。

担当者による部分もありますが、少なくとも転職を数回しか経験しないあなたよりも、はるかに多くの人の転職をサポートしています。

よく家族に相談をしたり、友人に相談をしたりする人がいます。

彼らはあなたのことには詳しいかもしれませんが、転職や求人のプロフェッショナルではなありません。

彼らからアドバイスを受けることは自体は否定しませんが、彼らは求人事情やあなたの経歴で入りやすい会社などのアドバイスはほとんどできません。

日本では、転職回数が増えたり、短期で離職をすることはネガティブに見られがちです。

確実に成功させるためにも情報収集が重要ですので、ぜひエージェントに頼りましょう。

安定と安心のリクルートエージェント

僕も転職のたびに必ず登録しているサービスです。

求人件数の多さやエージェントの質など、転職エージェントの中でもかなり安定しています。

リクナビNEXTと合わせて登録しましょう。

【リクルートエージェント】はこちらから

はじめての転職はパソナキャリア

同じく大手のパソナキャリアです。

求人件数はもちろん、アドバイザーの質とサポート体制もばっちりで、はじめての転職も安心です。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

他にもさまざまな転職エージェントがあります。

こちらの記事でまとめていますので、よければ見てください。

【決定版】20代転職の成功方法!エージェントやサイトも活用しよう

目的別の転職

高年収を狙う:27歳で年収500万円・600万円を狙う

仕事の業種・職種はそれぞれだと思いますので、年収だけを見ていきます。

27歳ではいくらくらいが狙いやすいのでしょうか。

転職前の年収は300万円の後半だとすると、年収500万円の場合は、100万円程度のアップとなります。

これは業界上位の会社に行ったり、年収のための業界に移ることで十分可能そうです。

600万円以上となると、学歴・職歴にもよるかと思います。

コンサルティングや金融系の一部の会社では、27歳くらいですと、外資でなくとも600万円~800万円くらいはもらえるところもあります。

こうしたところと同等の会社、もしくは少し下の会社となると、前の仕事での成果や学歴は欲しいですね。

チャレンジをしたいという方は、成果報酬比率の高い営業やしばらくニーズが高いエンジニアが今から勉強をしてもよさそうなものです。

高年収求人に特化した転職サイトがあります。あなたが十分に年収が高い場合にはこうしたところで探すのがいいです。

ハイクラス:ビズリーチ

CMなどで見たこともあるかもしれませんね。

即戦力人材という言葉が使われていますが、もともとは年収1,000万円以上の人向けの転職サービスです。

僕も登録をしていますが、企業から連絡が来るだけではなく、人材紹介企業からもアプローチが来ます。

他のサイトと比べても、高収入だったり、海外求人や政府系の求人などユニークな求人もあります。

登録して、履歴書・職務経歴書を入力しておくと、連絡が来るかもしれません。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

 

ハイクラス:CAREER CARVER

 

あなたがすでに600万円以上の収入がある場合にはこちらもおすすめです。年収800万円以上の求人が多数あります。

あなたが年収を上げていきたい場合には、ハイクラス系の転職サイトを活用しましょう。

同じような会社が出稿していても他サイトとは求人の質や内容が違うことはよくあります。

ハイクラス限定の転職サイト「CAREERCARVER」

挽回、キャリアチェンジのパターン

人生いろいろあります。

僕の友人でも浪人回数が多かったり、他の大学に入学し直したために年齢を重ねているケースがあります。

27歳で新卒だったり、27歳で未経験ということもあるでしょう。

このことがネガティブになるかというと、もちろんネガティブになります。

これは念頭においたほうがいいです。新卒でも数十社の試験を受けてやっと内定を取る人もいるので、その点は気をつけましょう。

でも幸いなことにやり方はあります。

自分でハローワークなどで調べる方法もありますが、ちゃんと人にも頼りましょう。

転職エージェントに行くのをおすすめします。

やや不利な状況というのは間違いないですし、多くの会社には表に出さなくとも年齢制限などがあったりします。

友人や家族などのアドバイスを受ける人がいますが、その人たちはあなたと同じ状況で働き始めましたか?

第二新卒や既卒など、不利になってしまいたがちな就職をサポートする会社があるので、そこに行きましょう。

基本的にどのエージェントも無料で、お金を払う必要はありません。

第二新卒:DYM就職

DYMは若手に強いエージェントです。もともと、新卒領域でのノウハウがあるため、第二新卒でも手厚いサポートが期待できます。

短期での離職や既卒などにも対応しているため、自分の経歴に自信がない方でも心配ありません。

第二新卒ならDYM就職

第二新卒:ネオキャリア

若手向けの転職に定評があるネオキャリアの提供するサービスです。

既卒、フリーターといった不利になりがちな条件でも転職することができます。

あなたの過去の経験や将来を踏まえたうえで、あなたに向いた求人を紹介してくれます。

ネオキャリア第二新卒エージェントneo

27歳でやるべきこと

新しいチャレンジがしやすい時期としては、27~28歳がベストです。

社会経験も積み、多少の収入や貯金の余裕も出てくるタイミングである一方、家庭や子供などの負担もまだ大きくなく、いろいろとやりやすいです。

この先は、あなたがどんなに能力があっても選択できないものも出てきます。

必ずしも転職をしたり、結婚をしたりする必要はありません。

それでもいま一度、自分が長期的にやりたいことや人生プランは考えておきましょう。

無理だと思っているその選択肢も、いまなら可能かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です