3回転職した僕が比較。おすすめ転職サイトと転職エージェントランキング

転職したいけど、どのサイトに登録すればいいかわからない、どのエージェントがいいかわからないということはありませんか。

とくに慣れていないと、どのような軸で選べばいいかわからず、あまり重要ではないところで考えてしまったり、重要なことを見落としてしまったりします。

僕は3回転職する中で、さまざまなサイト・エージェントを自分で試しました。その経験から気にしなくていいこと・した方がいいこともだいぶわかりました。

ここでは、サービスの選び方の基準を簡単に紹介した上で、良かったサービスや目的別におすすめできるサービスをご紹介します。

転職サイト・転職エージェントはどう選ぶか?

転職するときに使えるサービスはさまざまあります。

自分が知っている会社の採用ページに直接行く方法もありますし、SNSでシェアされているものを見て応募するケースもあります。

それでも圧倒的な数の求人を取り扱う転職サイトや転職エージェントを活用するのが基本です。

転職サイトと転職エージェントとは?

転職サイトと転職エージェントの違いは、人が間に入るか・入らないかという違いだと思ってください。

転職サイト

転職サイトの場合には、企業の求人が掲載されているのを自分で見て、応募して、書類に通過すれば、面接に行き、内定をもらうという流れです。

選考書類を作るサポートなどはサービスによってあったりもしますが、基本的には就活のときと同じ流れで自力ですべてやるというものです。

転職エージェント

それに対して、転職エージェントはキャリアコンサルタントなどと呼ばれる人が間に入ってあなたの活動をサポートしてくれます。

具体的には、転職の進め方のアドバイス、あなたに合った条件の企業の紹介、選考書類の添削、選考面接のアドバイス、面接に対するフィードバック、入社時期や給与との交渉に至るまでサポートしてくれます。

自分の力で進めたい場合には転職サイト、アドバイスをもらいたい場合には転職エージェントという形でうまく使い分けるのがポイントです。

どちらも総合型と特化型がある

もう1つ重要な点として、転職サイトもエージェントも幅広くサポートしているケースと特定の業界や職種に特化しているケースがあります。

総合型は幅広く紹介できる代わりに大手中心で、業界ごとの求人は限られます。特化型の場合には、その領域には強いですが、それ以外の求人はほとんどないのが一般的です。

転職エージェントの場合には、担当者の業界知識も業界特化のところの方が深くなります。総合型はより幅広い提案が期待できます。

この4種類のわけ方で考えましょう。

  • 転職サイト × 総合型
  • 転職サイト × 特化型
  • 転職エージェント × 総合型
  • 転職エージェント × 特化型

転職サイトとエージェントの選び方

基本的には、転職サイトとエージェントを組み合わせて使います。

すべて自力でできる場合には、転職サイトだけでもいいのですが、基本的には転職エージェントにも相談したほうがいいです。

転職サイト

転職サイトは総合型にも登録しておきますが、こまかいところは特化型のサイトでも見たほうがいいです。

総合型は求人件数が多いものの、大手の求人や専門性の低い求人も載るため、あなたのやりたいことが明確に決まっている場合には、特化型で調べたほうがいいでしょう。

総合型は一つどこかのサイトに登録しておいて、特化型を中心に調べましょう。地方で求人数が限定的な場合にはハローワークも検討したほうがいいかもしれません。

  転職サイト(総合) 転職サイト(特化)
特徴 求人数は多い
サポートはあまりない
メリット 求人件数が多い 業界求人が多い
専門性の高い求人もある
デメリット 一定規模の会社の求人が多い
専門性の高い求人は少ない
業界以外の求人がない
(少ない)
選ぶ
基準
求人の多さと質 業界求人の多さと質

転職エージェント

転職エージェントも同じなのですが、転職エージェントは総合型にも強みがあります。

やはり求人数が多いこともあり、エージェントの人が優秀であれば、あなたが想定していなかったような求人を提案されることもあります。

また、総合型のエージェントはエージェントの質は安定しています。業務も定型化しているため、人によるサポートの差が小さくなりやすいです。

特化型は規模の小さい分、サポートがいいこともありますが、求人数が少ないため、少し外れた求人が紹介されたり、エージェントの質がイマイチということもあります。

総合型で2つ程度、活用しつつ、特化型も試してみるというくらいのスタンスの方がいいでしょう。

  転職エージェント(総合) 転職エージェント(特化)
特徴 求人はそこまで多くない
サポートが充実している
メリット 求人件数が多い
サポートの質が安定
業界求人は多い
非常にサポートがいいことも
デメリット 業界特化の求人には限界あり
画一的サポートになりがち
サポートのばらつきが大きい
業界外の求人はない
選ぶ基準 求人数とエージェントの質 業界求人の数とエージェントの質

結論

つまり、このようになります。ここから具体的な転職サイトや転職エージェントをご紹介していきます。

転職サイト・エージェントの選び方

  • 転職サイトは1社でいいので、総合型には登録しておく
  • 特化型のサイトを中心に調べていく
  • 転職エージェントは総合型中心で2つには登録する
  • 特化型はいくつか試してみる

個人的におすすめなサイト・エージェント上位3つ

まず万人向けにおすすめできる転職サイト・転職エージェントをまずご紹介します。この3つはすべての転職者におすすめできます。

1位:パソナキャリア

大手はどこも求人が多いため、実はそんなに求人に差はありません。むしろサポート体制で差がつきます。

どうしても大手の場合には、優秀な人から優先的に対応するイメージがありますが、パソナキャリアは創業時からはじめての転職や女性の転職支援に力を入れています。

言い換えると、どんな人にも手厚いサポートを提供しているということです。求人数が多い中で、サポート体制が優れているという万人に勧められるエージェントです。

パソナキャリアに登録する

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは複数回、相談に乗ってもらっています。すべての転職者におすすめできます。

最終的にエージェント経由で転職したこともそうではないこともあるのですが、やはり求人数やエージェントの質が安心できます。

また、土日の面談にも対応していたり、大手の中で経歴が理由で断られる可能性が低かったり、次にまた転職するとしても必ず相談します。

リクルートエージェントの登録はこちら

3位:リクナビNEXT

総合型の転職サイトはここだけでいいというレベルの転職サイトです。実際、転職者の多くが利用しています。

求人数が多く、地方やマイナーな職種に関しても対応しています。また、履歴書や職務経歴書の作成に関してもツールが用意されていたりとエージェントにはないサポートがあります。

スカウトもかなり来るので、こちらも早めに登録して、情報をしっかり入力しておきましょう。あまりの求人数の多さと大量に来るスカウトに圧倒されるところもありますが、選択肢を増やしておくことは重要です。

リクナビNEXTへの登録はこちら

転職サイト × 総合型のおすすめランキング

基本的に1つ登録しておけば大丈夫なので、リクナビNEXTで問題ありませんが、ほかのものも使いたいという方はDODAがおすすめです。

DODAの場合には、転職サイト・エージェントが両方使えるために、登録に手間がかかりません。エージェントの選考対策のサポートに関しても定評があります。

リクナビとマイナビは転職サイトもエージェントもあまり大きな差がないので、登録はどちらかでいいでしょう。

順位 サービス 特徴
1位 リクナビNEXT 最大手でスカウトにも期待できる
2位 DODA 転職サイトとエージェントが同時に使える
3位 マイナビ 求人数は多い
履歴書サポートがあり
4位 en転職 求人に担当からの一言がある

転職サイト × 特化型のおすすめ

特化型は分野型に見ていきます。

ハイクラス転職サイト

再びビズリーチですが、基本的には高年収案件になるほど、転職エージェントやヘッドハンター経由が増えます。

コンフィデンシャルな内容も多くなるため、大手でもなければ一覧で見ることは難しいでしょう。

その中で、能動的に高年収案件を探すことができるという意味で、ビズリーチは特別です。ハードルの低さを保ちながら、質の高い求人もあるという点では非常にいいです。

カテゴリー サービス 特徴
ハイクラス ビズリーチ 転職サイト・エージェント
にも使える

女性向け転職サイト

女性に特化した転職サイトもあります。女性の働き方に関しては、会社によって大きく異なるため、このようなサービスを利用するのもいいでしょう。

女性視点での情報も提供されていますし、こうしたところで広告掲載している会社は女性の活用に積極的だとわかります。

カテ
ゴリー
サービス 特徴
女性 リブズ
キャリア
珍しいキャリア女性に
特化した転職サイト
女性 女の転職
@type
女性向けの
正社員求人が多数

IT特化転職サイト

自分はIT系だったので、Greenをよく使いました。「ちくしょう。転職だ!」というバナー広告を見たことがあるかもしれません。Greenは総合型の転職サイトに載っていない求人も多く、よく活用しました。

Wantedlyはどちらかというと採用に使いましたが、費用も安いのでベンチャーなど設立間もない会社に入りたい場合には有用です。ベンチャーに入りたい場合には、ベンチャーで働くことがどういうことか知っておきましょう。

カテ
ゴリー
サービス 特徴
IT Green ほかにはない
IT系の求人が多い
IT Wantedly ベンチャーの求人が多い
IT Find job Mixi運営のITサイト
IT forkwell jobs エンジニア専門のサイト

スカウト型転職サイト

登録しておくだけで、求人が送られるサービスもあります。基本的に多くの転職サイトでは、スカウト機能がありますが、選択肢を増やすことにデメリットはありません。

こういったサービスに登録だけしておくのもいいでしょう。

カテゴリー サービス 特徴
スカウト Switch Facebook連携で登録するだけでマッチした求人が送られる

転職エージェント × 総合型のおすすめランキング

総合型エージェントは可能であれば、2つ以上は登録しておきましょう。エージェントとの相性もあるので、複数会ったほうがいいです。

最終的には、会ってよかった人とコミュニケーションを取っていけばいいです。リクルート・マイナビエージェントのどちらかに登録しておいて、後はあなたの状況に合わせて選びましょう。

転職が不安であればパソナキャリア、ハイクラス・海外求人であればJAC、それ以外であればDODAへの登録がおすすめです。

順位 サービス 特徴
1位 リクルート
エージェント
求人数・エージェントの質ともに安定
2位 パソナキャリア はじめての転職・女性の転職にも強い
3位 DODA 転職サイト・エージェント使い分け可能
4位 JAC
Recruitment
ハイクラス求人・海外求人に定評あり
5位 マイナビ
エージェント
求人数・エージェントの質ともに安定

転職エージェント × 特化型のおすすめ

特化型のエージェントはたくさんあります。あなたに合ったものにも登録しておきましょう。

より深い業界知識を持ったエージェントや総合型にはない求人を見つけられます。

カテゴリー サービス 特徴
第二新卒 DYM就職 第二新卒・既卒・フリーターまで正社員の仕事紹介。
第二新卒 第二新卒
AGENTneo
20代の若手向けの転職支援に定評があり。
ハイクラス ビズリーチ 高年収求人が多数。企業・エージェント案件もあり。
ハイクラス CAREER
CARVER
ハイクラス求人が多数。ヘッドハンター登録多数。
IT・WEB ギークリー IT・WEB・ゲームの専門エージェント。
IT・WEB WORKPORT IT専門から拡大し、総合まで幅広い求人を提供。
ITハイエンド TechClips
エージェント
高年収・高待遇のITエンジニア専門エージェント。
ITエンジニア レバテック
キャリア
IT・WEBのエンジニア・デザイナー求人多数。
広告・PR シンアド 広告・PR・デジタル業界求人に特化
介護 メドフィット 医療・介護で最大級のエージェント。
看護師 ナース人材バンク 年間利用者10万人以上の看護師支援
看護師 ジョブメドレー 日本最大級の医療介護求人サービス
薬剤師 ファルマスタッフ 薬剤師の求人件数が日本最大級を誇る
薬剤師 薬剤師求人.com 10万件の薬剤師求人に転職アドバイザーも
飲食 アイティーケー 外食産業特化で業界最大級

最後に

転職サイト・転職エージェントがうまく活用できると、転職の成功率は大幅に上がります。

とくに転職エージェントは、就活のときになかったので、どのように連携をすればいいかわからないかもしれません。

別記事でも紹介していると、こちらも参考にしながらぜひ転職を成功させましょう。

2 thoughts on “3回転職した僕が比較。おすすめ転職サイトと転職エージェントランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です