転職活動で成功・失敗する人はここが違う!成功のコツ12個をまとめ

転職をするからには絶対に成功させたい、失敗したくないと思う人も多いでしょう。

僕は失敗も含めて(3ヶ月で転職)、3回の転職を経験しました。業界の影響もあり、周りで転職する人も多いです。

うまくいくパターン・うまくいかないパターンもたくさん見ています。今回はうまくいかせるため12個のコツを見ていきます。

1.転職のタイミングがいい

転職はタイミングも重要です。あなたがしたいときにするのが基本ですが、考慮しておいた方が良い要素もあります。

これは転職市場というよりも個人的な問題です。

たとえば、私生活に大きなイベント(結婚・引っ越し・手術など)が控えているときは避けた方がいいでしょう。

また、転職回数や在籍期間次第では少し待ったほうがいいこともあります。こちらの記事でも解説しています。

2.保険を持っておく

若いうちは勢いに任せた転職・退職でもどうにかなる傾向はあります。それでも、保険を持っておくことは重要です。

一番は転職先が決まる前に退職しないことです。リスクを増やすことになります。

ほかにも「知り合いの会社に入れるようにしておく」、「フリーランスでも稼げるようにしておく」などがあります。

失敗したときに致命的な状況にならないことがわかっていれば、精神的に落ち着いて活動に望めます。

もちろん、自分を追い込むという方法で成功してきた人の場合には、その選択肢もありえるでしょう。

自分に合った方法が一番です。

この記事でも会社の退職はメリットの割には、デメリットが少ないということを紹介しています。

3.転職する理由と目的が明確

なんとなく嫌になったため、なんとなくこのままではいけない思ったから転職する人がいます。

何かを変えなくてはいけないと感じたものの、その何かを深掘りしていないと転職先で同じ問題が発生したり、こんなはずじゃなかったと思う可能性があります。

転職をするときには、目的意識を明確にしておくことが必要です。

逃げの転職と批判されるタイプの転職がありますが、個人的には逃げ自体に問題があるとは思っていません。

ただ、逃げることで頭がいっぱいになると、転職理由や目的意識がおろそかになりがちです。

再びすぐに転職することになりかねませんので注意しましょう。こちらの記事でも解説しています。

4.自分の価値観が明確になっている

直接的な転職理由ではないものでも、あなたの価値観は明確化しておいたほうがいいです。

これはアパート探しなどと同じですが、求人でもあなたに完璧に当てはまるものを探すのは難しいです。

バス・トイレ別が絶対なのか、駅から徒歩5分以内が絶対なのか、部屋が8畳以上が絶対なのか、逆に何が妥協できるのかを考えておきましょう。

5.企業のことを十分に知っている

企業のことを調べるのも重要です。自分が知っている企業に応募するのもいいですが、転職サイト・転職エージェントは積極的に活用しましょう。

あなたがどれだけ明確な目標を持っていても、企業の分析が足りなければ、最適な転職先を見つけることは難しいです。

6.応募する企業の数と内容がいい

意外とよくあるのが、高望みしているパターンと応募数があまりにも少ないパターンです。

とくにある程度の年齢や役職になってからの転職の場合に、転職市場での価値とその本人の価値がかい離してしまっていることがあります。

そこで、かなり難しい条件で応募し続けてしまい、なかなか決まらないといったことが起きやすいです。

同様に、応募数が少ないパターンもまた問題です。

どれだけ相性がよくても採用は人間が行うもので、絶対はありませんし、ある程度の数は必要です。

7.選考の対策ができている

選考の対策も重要です。同じ人でも書類や面接での受け答えで結果は大きく変わります。

職務経歴書などは新卒のときには使わないですし、聞かれる質問に関しても実務に即したものや転職理由など中途ならではのものがあります。

能力や経験がマッチしているからといって内定がもらえるわけではありません。

しっかりと対策することが重要です。面接対策はこちらの記事も参考にしてみてください。

8.メンタルが安定している

転職が長期化したときにメンタルに関しても課題となります。

就活もなかなか決まらずに焦る人もいますが、転職でも同じです。

年齢が上がるとポテンシャルの要素が減るため、マッチングの要素が重要となります。

業界や職種にもよりますが、自分が転職したいタイミングで必ずしもポジションが空いているとも限りません。

自分なりに不安と向き合えるようにしましょう。こちらでも解説しています。

9.企業の内情を調べている

企業の実態をちゃんと調べないために、ブラック企業などに入社してしまうリスクがあります。

面接の質問などでも確かめる方法はありますが、実態と違う説明をされてしまったり、はぐらかされてしまったりするリスクはあります。

ある程度の規模、採用を行っている会社であれば、オンラインで情報が手に入ることも多いです。

Vorkers転職会議でなどのクチコミサイトを使い、企業の評判を確かめるようにしましょう。

10.理想はあるが、柔軟性を持つ

理想を高く持つ、自分なりの計画を持つことは重要です。

ただ、実際に活動を始める前と後では得られる情報も違うでしょう。

やっぱりこの条件は難しい、ここは妥協しなくてはいけないといったことを柔軟に対応できると成功確率が上がります。

多くの人は何社か受けた結果、無理だとあきらめたり、反省したりします。

それがないと長期化してしまうこともあるでしょう。

11.PDCAが回せる

上記のものとも関連しますが、選考や面接の情報を受けて、反省し、改善し続けられるかどうかも重要です。

あなたが商品だとしたときに、転職活動中にあなたの商品としての価値は変わりませんが、魅せ方・アピールの仕方次第で面接官の判断は変わります。

自分的にもっとも頑張った仕事と、面接官に評価されやすい・わかりやすいプロジェクトはまた違うでしょう。

12.他人の協力を得ている

ここまで見てきたように、成功するためのコツはたくさんあります。

自分一人で網羅できればいいですが、ほかの人の力をうまく借りるのは重要です。

とくに、転職経験のある友人と転職エージェントの話は貴重です。

友人に転職サイト・エージェントや転職の進め方など大局的な情報を聞きながら、転職エージェントには具体的な選考対策や求人情報が聞けるといいでしょう。

転職エージェントはうまく活用すれば、非常に心強い戦力となります。

あなたに合った求人を紹介してくれたり、選考対策をしてくれたり、万が一落ちたときには理由のフィードバックを受けられたりします。

転職は繰り返すほど選択肢が減っていくので、1回1回が勝負です。

ここでも上げたような典型的な失敗パターンを防ぐことで、成功確率は大きく上がります。

あなたが間違った方法で一生懸命活動してしまわないためにも早めに相談しましょう。

僕も過去3回の転職活動において必ず転職エージェントに相談しています。

転職エージェントの活用方法はこちらでもご説明しているので、あわせてどうぞ。

さらに知っておきたいこと

ここでは、転職の成功・失敗について見てきました。

ほかにもキャリアや転職についての記事があります。

こちらも合わせてどうぞ。

One thought on “転職活動で成功・失敗する人はここが違う!成功のコツ12個をまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA