年収・給料の高い業界・職業・企業まとめ!ランキングとおすすめ仕事選び

あなたの年収は、かなりの部分が業界や職種、企業によって決まります。

その中での差はありますが、間違ったものを選ぶと年収を上げるのはかなり難しくなります。

ここでは、さまざまなランキングから年収・給料の高いものを紹介します。

その上で、現実的な仕事選びの方法も解説します。

業界・業種別の年収ランキング

ランキングは複数あるので、それぞれ見ていきます。

政府の業界別年収ランキング

まずは、厚生労働省の賃金構造基本統計調査より年収を計算したものです。

業界分けがかなり広いために、飲食サービスが上位に来たり、医療がそこまで高くなかったり、違和感があります。

これによると、情報通信業が年収が高いようです。

順位 業界 年収
(千円)
1位 情報通信業 6,554
2位 宿泊業,飲食サービス業 6,286
3位 不動産業,物品賃貸業 6,282
4位 運輸業,郵便業 6,159
5位 医療,福祉 5,995
6位 製造業 5,306
7位 建設業 5,200
8位 学術研究,
専門・技術サービス業
5,130
9位 電気・ガス・
熱供給・水道業
5,020
10位 鉱業,採石業,
砂利採取業
4,912
11位 金融業,保険業 4,878
12位 サービス業
(他に分類されないもの)
4,723
13位 卸売業,小売業 4,527
14位 複合サービス事業 4,276
15位 教育,学習支援業 3,785

dodaの業界別年収ランキング

dodaの年収ランキングでは、金融系の業界が高くなっています。

たばこや医薬品など参入障壁が高い業界も高くなっています。

順位 業種名 平均年収
1位 投信/投資顧問 741万円
2位 財務/会計アドバイザリー(FAS) 633万円
3位 たばこ 620万円
4位 医薬品メーカー 601万円
5位 総合電機メーカー 572万円
6位 医療機器メーカー 557万円
7位 診断薬/臨床検査機器/
臨床検査試薬メーカー
551万円
8位 家電/モバイル/
ネットワーク機器/
プリンタメーカー
538万円
9位 信託銀行 532万円
10位 トイレタリー 530万円
11位 証券会社 528万円
12位 コンサルティングファーム/
シンクタンク
520万円
13位 CRO/SMO/CSO 509万円
14位 電子/電気部品メーカー 501万円

出典:doda年収ランキング

マイナビ転職の業界別年収ランキング

マイナビ転職のデータでも金融系が上位となっています。

ベンチャーキャピタルや外資系金融など専門性が高い仕事が高くなっています。

順位 業種名 モデル
平均年収
1位 ベンチャー
キャピタル
1,436
万円
2位 外資系金融 850万円
3位 証券・投資銀行 825万円
4位 不動産 760万円
5位 生命保険・
損害保険
736万円
6位 金融総合
グループ
659万円
7位 住宅・建材・
エクステリア
655万円
8位 リフォーム・
内装工事
620万円
9位 精密機器 610万円
10位 環境関連設備 601万円
11位 専門
コンサルタント
596万円
12位 建設
コンサルタント
590万円
13位 商品取引 582万円
14位 通信関連 576万円
15位 建設・土木 573万円

出典:マイナビ転職

職種・職業別の年収ランキング

政府の職業別年収ランキング

同じく、厚生労働省の賃金構造基本統計調査より年収を計算したものです。

こちらは医師や会計士、弁護士などの難関資格が必要なものやパイロットや大学教授など年収が高いイメージのある職業が上位に来ています。

順位 職種 年収
(千円)
1位 医師 12,327
2位 航空機操縦士 11,921
3位 大学教授 10,513
4位 公認会計士、
税理士
10,425
5位 弁護士 10,290
6位 大学准教授 8,618
7位 記者 8,221
8位 不動産鑑定士 7,777
9位 歯科医師 7,571
10位 大学講師 7,084
11位 自然科学系研究者 6,740
12位 高等学校教員 6,623
13位 電車運転士 6,432
14位 一級建築士 6,426
15位 電車車掌 5,844

給料BANKによる職業別年収ランキング

こちらは月収情報でやや特殊な仕事も多いです。

現実味のあるものとしては、新聞社、テレビ、アクチュアリー、商社、出版社などの職業が上位に来ています。

順位 職種名 平均
月収
1位 プロ棋士 334
2位 新聞社主筆 183
3位 アフィリエイター 146
4位 美容整形外科医 140
5位 デイトレーダー 88
6位 テレビ
プロデューサー
83
7位 競輪選手 73
8位 アクチュアリー 71
9位 商社 70
10位 出版社編集長 68
11位 サッカー審判員 67
12位 メロン農家 65
13位 テレビ局 62
14位 大学教授 62
15位 MR 61
16位 新聞社社員 59
17位 フードファイター 56
18位 通信会社 54
19位 不動産会社社員 52
20位 製薬会社 51

出典:日本の給料&職業図鑑 業界別ビジネスマンSpecial

dodaの職業別年収ランキング

金融、コンサル、会計、マネジメントや企画系の仕事が上位となっています。

若手でも年収が高くなりがちな職種です。

順位 職種名 平均
年収
1位 投資銀行業務 855
2位 運用(ファンド
マネージャー)
837
3位 戦略・経営
コンサルタント
722
4位 プロジェクト
マネージャー
670
5位 内部監査 663
6位 会計専門職・会計士 657
7位 営業
(医薬品メーカー)
651
8位 知的財産/特許 641
9位 経営企画/事業企画 617
10位 プリセールス 617
11位 営業ーCRO/
SMO/CSO
616
12位 法務 614
13位 プロジェクト
マネジメント
613
14位 ITコンサルタント 608
15位 IT戦略・
システム企画
584
16位 先行開発/
製品企画
580
17位 研究開発 572
18位 営業ー
医療機器メーカー
568
19位 内部統制 566
20位 非臨床研究 558

出典:doda年収ランキング

マイナビ転職の職業別年収ランキング

マイナビのデータでもIT・不動産・金融関連の年収が高くなっています。

個人向けの営業職も意外に高いようです。

順位 職種名 モデル
平均年収
1位 システムアナリスト 1,100
万円
2位 不動産営業 988万円
3位 金融営業(個人)・
リテール・FP
916万円
4位 その他設計・設備設計 880万円
5位 コンサルタント
(経営戦略)
851万円
6位 システムエンジニア
(DB・ミドルウェア設計
/汎用機系)
821万円
7位 用地仕入 802万円
8位 不動産事業企画 797万円
9位 弁理士・特許技術者 775万円
10位 営業・企画営業
(個人向け)
769万円
11位 システムコンサルタント
(業務系)
740万円
12位 公務員(技術系) 732万円
13位 営業マネジャー・
営業管理職
717万円
14位 経営企画 708万円
15位 金融営業(法人) 708万円
16位 公認会計士 706万円
17位 システムコンサルタント
(ネットワーク・通信)
700万円
18位 プロジェクトマネジャー・
リーダー(汎用機系)
700万円
19位 コンサルタント
(業務プロセス)
681万円
20位 セールスエンジニア・
FAE(その他)
667万円

出典:マイナビ転職

企業のランキング

就職四季報の企業別年収ランキング

総合商社やテレビなど一般的に年収が高いとされている企業が多数、ランクインしています。

キーエンス(センサーなど)やファナック(ロボットなど)のように時価総額上位の会社もランクインしています。

順位 企業 年収
(万円)
1位 キーエンス 1,861
2位 朝日放送 1,518
3位 ヒューリック 1,418
4位 三菱商事 1,386
5位 伊藤忠商事 1,384
6位 ファナック 1,318
7位 住友商事 1,255
8位 日本経済新聞社 1,254
9位 電通 1,248
10位 丸紅 1,221
11位 三井物産 1,213
12位 朝日新聞社 1,213
13位 住友不動産 1,205
14位 三菱地所 1,190
15位 野村不動産 1,188
16位 野村総合研究所 1,151
17位 三井不動産 1,141
18位 第一三共 1,134
19位 東京建物 1,099
20位 旭硝子 1,095

出典:就職四季報

プレジデントオンラインの企業別年収ランキング

上位に金融・マスメディアに加えて、M&A系の企業が多くなっています。

GCA、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライク、日本M&Aセンターなどたくさんの企業がランクインしています。

順位 企業 年収
(万円)
1位 GCA 2,140
2位 M&Aキャピタル
パートナーズ
1,905
3位 キーエンス 1,862
4位 東京放送HD 1,662
5位 ストライク 1,616
6位 朝日放送 1,516
7位 フジ・
メディアHD
1,485
8位 野村HD 1,451
9位 日本テレビHD 1,428
10位 日本M&A
センター
1,419
11位 ヒューリック 1,419
12位 ソレイジア・
ファーマ
1,398
13位 三菱商事 1,386
14位 伊藤忠商事 1,384
15位 テレビ東京HD 1,375
16位 テレビ朝日HD 1,374
17位 スクウェア・
エニックスHD
1,365
18位 バンダイ
ナムコHD
1,354
19位 東京海上HD 1,348
20位 RKB毎日HD 1,343

出典:プレジデントオンライン

個人的におすすめな職業の選び方

やりたいことが明確にある人とそうでもない人がいるかと思います。

キャリアの話をいろんな人に聞くことがありますが、ほとんどの人は後者です。

やりたいことが明確にある人

やりたいことが明確にあるという人は幸せなので、そのまま突き進みましょう。

周りが気になることもあるかもしれませんが、あまり気にしないようにしましょう。

唯一気にしたほうがいいのは、経済的に苦しくなることがないかどうかです。

スポーツ選手や俳優など一部の仕事では、食べていくのが難しいという状況が発生します。

介護士や保育士も職はありますが、経済的に厳しいという理由でやめる人たちが少なくありません。

自分が必要なお金を自分で稼げそうか?ということを考えておきましょう。

やりたいことが明確にない人

やりたいことが明確にないという人は、選択肢が多くなるようなキャリアを選んでいく方法がおすすめです。

ここでは、以下の3つをおすすめします。

  1. コンサル・企画系の職種
  2. 金融業界
  3. IT業界の各職種

それぞれを簡単に補足します。

コンサル・企画系の職種

学歴が高かったり、数字の取り扱いや分析に自信があったりする人には、コンサルタントや企画系の仕事がおすすめです。

まず、企画系の仕事は、経営企画・事業企画・営業企画・商品企画などとさまざまありますが、給料が高い傾向にあります。

企画系の仕事の守備範囲は会社によって大きく異なりますが、どこの会社にも必要な機能で大幅に減ることはありません。

また、コンサルタントは戦略系であれば、早慶以上など高い学歴が要求されますが、総合系であれば、MARCHレベルでも十分可能です。

激務ですが、その後のキャリアは大企業・ベンチャーともに行きやすいです。

金融業界

金融業界は単純に高給だということもありますが、あらゆる企業で働ける能力が身につくというメリットがあります。

財務系の知識をつければ、CFOや財務部がありますし、会計系では経理や企画系よりの業務の可能性もあります。

金融系のベンチャー企業も増え、金融(Finance)×IT(Information Technology)のいわゆるFintechも盛り上がっています。

お金の形は変化していますが、今後もお金の価値が大幅に下がることは考えにくいです。

金融知識を持っておくことは非常にプラスで、つぶしが効きやすいです。

IT業界

かなり漠然としていますが、IT系も個人的におすすめです。

前の2つは、間口がやや狭く、学歴や職歴によってはなかなか職探しが難しいこともありえます。

一方で、IT業界はブラックな企業も多いので注意は必要ですが、間口は広いです。

これは、エンジニアやプログラマー、デザイナーといった専門職だけではなく、いわゆる文系的な、営業やコンサルティングでも同様にメリットがあります。

まず、エンジニアやプログラマーはそもそも人が足りていないので、待遇はいいですし、転職をしたり、フリーランスで働いたりもしやすいです。

絶えず、新しい技術を学ぶ必要がありますが、プログラミングさえできれば、ずっと安泰でしょう。

営業やコンサルティングも実はかなりステップアップの方法があります。

上流に行けば、給料は上がりますし、大なり小なり、どの規模の会社でもIT化は必要で、プロジェクトを主導する人を外部から募ることもよくあります。

  • (学歴・職歴などで)間口が広い割に、
  • いろいろな企業で働ける可能性があり、
  • キャリアアップも可能

という3点から強くおすすめします。

給料の上がらない企業からの転職はあり

上で見てきたように、業界や職種によって大きく年収に差があります。

あなたのいる業界が伸びていたり、あなたの会社が従業員に還元しないケースでは、いくら頑張っても年収を上げることは困難です。

自分が大企業にいたときには、部署で過去最高の営業成績を記録したにもかかわらず、昇給が月間2,000円だけということもありました。

一方で、友達では初任給で年収500万円を超えて20代半ばで1,000万円を達成している人たちもいます。(キーエンス・コンサルなど)

さらに、転職のタイミングでは前職考慮されることも多く、年収がさらに上げにくくなることもありました。

転職のプロに相談しよう

転職するときにはもちろんですが、転職を考える前にもまず、プロに相談したほうがいいです。

転職は年齢が重要なので、気づいたときには手遅れというパターンがあります。

たとえば、このように分岐します。

  • 新卒から2~3年目の第二新卒のタイミング
  • 第二新卒から30歳までの猶予期間のタイミング
  • 35歳までの専門性が求められるタイミング
  • 40歳からの高い専門性やマネジメントが求められるタイミング

あなたの年齢と経験や能力などのレベルによって選択肢は大きく変わります。

若いうちであれば、かなり調整はできますが、年齢が上がるとシビアに見られます。

こういったことは、自分で判断するのは困難です。

早い段階でプロにちゃんと見てもらいましょう。

僕は3回転職していますが、そのすべてで転職エージェントに相談しています。

自力で探した会社に転職をしたときに、労働条件が合わずに3ヶ月で退職して、また転職エージェント経由で転職したこともあります。

会社選びさえ、間違えなければ長期的に給料は上げられますし、選択肢の数も減らさずに働けます。

せいぜい数回しか転職を経験しないあなたよりも、毎日のように多くの転職に向き合っている転職エージェントに相談しましょう。

あなたに合った求人を探したり、企業の選考対策をしたり、メリットは計り知れません。

大手エージェントであれば、ブラック企業を紹介されたり、無理やり応募させられたりするようなこともありません。

いくつかおすすめのエージェントをご紹介します。

すでに年収が600万円以上あるという方はハイクラス向けのサービスを利用しましょう。

審査がありますが、年収の高い求人だったり、同じ企業でもまったく職種の異なる求人があったりします。

レジュメを登録しておくだけでも質のいいスカウトが来るので、自分は登録して定期的にチェックしています。

さらに知っておきたいこと

ここでは、年収ランキングを見てきました。

自分のやりたいことがやれている方は問題ありませんが、そうでない方は年収が上がることで幸福度は上がります。

年収にこだわらないのは自由ですが、こだわれないとなると選択肢が狭まってしまいます。

具体的な年収の上げ方を解説した記事もあるので、知りたい方はこちらもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA