人気Youtuberの年収・収入ランキング!10億超えも?ヒカキン・ラファエル・ヒカル・はじめしゃちょー

woman
ゆか

Youtuberってすごい儲かるんでしょ?

man
まっくす

儲かる人は1億超えてるみたいだね。

ここ数年でYoutuberという言葉がだいぶ広まりました。

Youtubeを中心に動画配信で生計を立てている人を指しています。

やはり話題になる理由の1つは彼らの収入です。

トップYoutuberともなると、その年収は1億円を超えてきます。

大企業の役員はおろか社長でも年収1億円をもらっている人は多くありません。

そこで、気になるYoutuberの収入事情について、具体的なYoutuberを紹介しながら見ていきます。

Youtuberの収益源は大きく2つ

Youtuberの収益源は大きく2つあります。

  • 1.動画再生時に流れる広告:動画内広告
  • 2.企業から依頼を受けて作成された動画:企業案件

1.動画内の広告

1はほとんどの人が目にしたことがあると思います。

動画再生前に流れる広告や動画の途中に挟まれている動画の広告です。

これはアドセンスとも呼ばれ、多くのYoutuberにとって重要な収入源となっています。

これはチャンネル登録数や再生回数をクリアすれば、誰でも設定できるものです。

以前は1再生0.1円といわれていましたが、広告の単価や頻度、動画の長さによっても変化するので、外から予想するのはなかなか難しいです。

2.企業案件

もう1つは、商品やサービスの紹介動画などで企業案件や案件とも呼ばれます。

企業がサービスのプロモーションのために、Youtuberに動画を作ってもらうものです。

これは企業からの依頼を受ける必要があるので、営業をしたり、問い合わせに対応したりが必要となります。

こうした企業案件が獲得しやすいようにYoutuber専門の事務所に入る人もいます。

有名なのは、ヒカキンさんなども所属するUUUMという事務所で、上場もしています。

収入を公開しているYoutuberの年収ランキングTOP5

1.ヒカル

半分金髪の奇抜な髪型の印象が強いヒカルさんですが、5億前後稼いでいるようです。

お金を数百万使うような動画も多く、ちょっとテレビでは真似できないようなものも多いです。

以前は情報商材もやっていたり、VALUで炎上などがあったりしたものの、伸び続けています。

有名なのは祭りくじの動画です。個人的におすすめです。後、遊戯王が好きな人は面白いと思います。

2.ラファエル

過激な動画に定評があり、そのせいもあってアカウントがBANされてしまいました。

エロ、暴力、お金系の年齢層がやや高めのコンテンツが多いですね。

年収4億はBAN前なので、多少減っているかもしれません。

企業案件が非常に多く、そこからの収入が非常に多いです。

最近では、年利84%の水耕栽培の動画を上げて、炎上しました。現在は動画を削除しています。

アカウントが削除されたときの動画がこちらです。

3.ぷろたん

筋肉と大食いのイメージです。

Adsenseと企業案件でバランスよく収入を上げているみたいです。

4.シバター

物申す系Youtuberとして有名なシバターさんです。

コンテンツはYoutube版のワイドショーに近いかもしれません。

サブチャンネルではパチスロをやっていて、そちらの収入が大きいです。

ちなみに、ピエール瀧さんが逮捕されたときの動画がこちらです。

「〇〇を救いたい」というテンプレートになっていますが、救う気はありません。

5.ジョーブログ

ジョーさんがやっているジョーブログも有名です。

Abemaの亀田興毅企画で登録者が大幅に増えました。

もともと、貧乏海外旅行やエロ、アングラ、チャレンジなどをメインにした動画が多いです。

直近では、クラウドファンディングで炎上したり、スクランブル交差点で事件を起こしたりと話題に事欠かない人です。

こちらはアフリカ横断中の動画ですね。

収入を公開していないYoutuberの年収ランキングTOP5

Youtuberの大半は収益を公開していません。公開するメリットがないからですね。

とくに、Youtubeの視聴者は子供も多いので、クリーンなイメージを売りにしている人も多いですね。

ここからは収入を公開していない人の情報を見ていきます。

1.ヒカキン

Youtuberを語るうえで外せないのはヒカキンさんです。

Youtuberとして圧倒的に有名で、Youtuber代表としてテレビにも出ています。

高校卒業後の2007年前後からスーパーの店員として働きながら、動画を上げ続けてきた人です。

年収はいろいろな人が予想していますが、10億円超えは確実です。

テレビに出たり、CMに出たりもありますが、メインは再生回数による収入と企業案件です。

ゲームチャンネルもあります。

2.はじめしゃちょー

はじめしゃちょーも非常に有名です。

年収10億円以上稼いでいるのではないかという話です。

最近では、畑をやったりしています。

3.フィッシャーズ

7人組のYoutuberです。メンバー同士のかけあいが面白いようです。

4.東海オンエア

同じくグループで、6人組のYoutuberです。企画力に強みがあるようです。

5.セイキン

ヒカキンの兄です。

公開していないYoutuberの場合には、再生単価や企業案件の把握が難しいため、正確ではない可能性も高いです。

あくまで参考として、TOPクラスだとこのくらい稼げるというものだと考えてもらえればと思います。

また、再生回数の多い子供向けや、収益が高いといわれるゲーム系は予想がつきにくく、順位は変わる可能性はあります。

ビジネス系Youtuber

比較的、最近はじめている人でも稼いでいる人はいます。

ビジネス系という流れでも稼いでいる人がいますので、5人ほど紹介します。

1.えらいてんちょう

就職をせずにお店をやって生計を立てていたユニークな方です。

最近、しょぼい起業で生きていくという本を出版しました。

もふもふ不動産

ひたすら不動産の話をする、見た目がイカついおじさんです。動画はわかりやすいです。

マスザワ内閣

東大出身、ホワイト企業を辞めてYoutuberになった人です。

アムウェイ動画がバズりました。

マナブ

もともとフリーランスで、ブログで月に数百万円を稼いでいた人もYoutubeをしています。

今からYoutubeをやるべきか?

今からでも数十万円であれば、十分に可能性はあるかと思います。

ただ、参入がかなり増えているため、ある程度の戦略を持ったほうがいいでしょう。

また、せっかく副業するなら自分の仕事に関連があるものをおすすめします。

詳しくは、以下の記事でもご紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

また、副業よりも確実に年収を上げたい方は、下の記事も参考にしてみてください。

お金がすべてではありませんが、お金で増やせるキャリアの選択肢もあります。

自分のやりたいことを考えつつ、幅広く選択肢も確保できるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA