【ニート・フリーター・職歴なし】20代・30代・40代の逆転就職方法

まず、上の図を見てください。

あなたはどこに入りますか? 左の2つに入った方はまだなんとかなる可能性があります。

つまり、30歳未満あるいは、30歳以上でもなんらかの実務経験がある方は、気合でどうにかなる可能性があります。

そうでない方は、少しアプローチ・意識を変えたほうがいいです。

あなたが一定の年齢まで、仕事をしなかったり、フリーターをしていたりした理由はさまざまあるかと思います。

詰んだと思っている人もいるかもしれませんが、そんな簡単に人生は詰みません。

とくにあなたが40歳以下であれば、どうにかなる可能性は非常に高いです。

40歳以上の方でも選び過ぎなければ、選択肢はあります。

この記事では、ニート・フリーター・職歴なしというやや不利な状況からいかに仕事を獲得していくかということを解説していきます。

具体的な進め方の前にまず、就職に重要な2つの要素について見ていきます。

年齢・業務経験がなによりも重要

あなたが職歴が無かったり、フリーターだったりするときには、年齢と業務経験が非常に重要になります。

学歴・資格といったものはまったく関係ありません。

年齢

いくつかの分岐がありますが、30歳・35歳・40歳あたりが1つの分岐点です。

もちろん、少しでも若いほうがいいです。今これを読んでいて30歳未満であれば、なかなかラッキーです。

ここ数年で、第二新卒・既卒という言葉も広まり、柔軟な働き方や20代の転職が一般的になっています。

30代以降は厳しくなりますが、職を選ばなければ、いろいろな方法があります。

採用担当の目線でいうと、20代を採用したからといってなにも定年までみんなが働いてくれると思っているわけではありません。

だいたい29歳と31歳であれば、そんなに年齢的にも差があるわけではありません。

やはり気になってくるのは、その歳までに業務経験が少ない背景(職探しや労働意欲など)と年齢が上がることによる変化への適性などです。

これを払拭するためには、どのような形であれ、働いたことがあるというのが重要です。

業務経験

もう1つは業務経験が重要です。

もちろん、理想的には正社員で、履歴書で空白の期間がないことですが、贅沢はいっていられません。

あなたが一度も働いていないことと、どんな形態であれ、1回でも働いたことがあるというのは大きな違いです。

僕はアルバイトや契約社員の採用も担当していたこともあります。

同じ離職期間があっても、それまでに働いた経験があれば、少なくとも面接に呼ぶ可能性は格段に上がります。

32歳の業務経験がない人を呼ぶというのは、よほど切羽詰まっていても厳しいです。

もちろん、正社員、契約社員であれば、アルバイト経験よりはいいですが、自分の場合にはオフィスで継続して働いたことがあるかを見ました。

それはアルバイトでも問題ありません。働くことに最低限の適性があるのかということが知りたいわけです。

ちなみに、アルバイトは職歴に含まないと説明されることもありますが、そんなルールはありません。

もちろん、アルバイト以外の業務歴があれば、そちらも重要ですが、アピールできる材料は一つでも多いほうがいいです。

雇用主があなたを採用すべきかどうかを判断するために必要な情報、とくにプラスになる情報はちゃんとアピールしましょう。

どのように進めるのか

自分だけの力で進めない

もっとも重要で陥りがちな間違いは自分だけの力で進めることです。

残念ながらあなたの状況は少なからず不利です。いくら好況といっても離職率の高い仕事や労働環境に問題がある仕事以外につくのは簡単ではありません。

履歴書や職務経歴書といった選考書類も必要になります。選考書類でも書き方を工夫すると通過率が大幅に上がります。

面接でも空白期間や退職理由などは面接で絶対に聞かれます。うまく答えられるかどうかはかなり重要です。

不利な状況だからこそ人の協力を得ることが重要です。

選考テクニックだけでなく、そもそも応募する企業の選定や精神面でのサポートなどメリットは非常に多いです。

焦ってブラック企業に就職してしまうとその後が大変ですし、いくつもの会社の選考に落ちた後に落ち込まずに一人で活動を継続するのも大変です。

転職サイトやハローワークなど複数のサービスを使うのはいいですが、必ず転職エージェントのアドバイスも受けましょう。

転職サイトは有名どころが求人数も多く、おすすめです。

また、転職エージェントの方がおすすめですが、断られた場合にはハローワークも使いましょう。転職サイト・エージェント両方の機能があります。

民間のサービスと比べると求人案件もアドバイザーも玉石混交なので上記のサイト・エージェントで厳しければこちらも検討しましょう。

ハローワーク転職の完全ガイド!求人検索・職業相談・訓練・営業時間まで

パターン別の攻略方法

ここからはパターン別のアプローチを見ていきます。こちらの図を左から順番に見ていきます。

 

パターンA:30歳未満の場合

30歳未満の場合には、第二新卒・既卒といった枠での採用を狙うことができます。新卒は一般的に大学を卒業したばかりで就職をする人を指します。

ストレートで進んできた大卒の人の場合には22歳、院卒や浪人や留年などの人はそれ以上でほとんどの人は25歳前後までに新卒になるかと思います。

この新卒を少し拡張してできた言葉が第二新卒です。

とくに厳格な定義があるわけではありませんが、業務経験が3年以内で25歳あたりまでを指すことが多いです。

実際には28~29歳あたりまで適用されることもあります。(浪人+院卒でもう25歳ですし)

重要なのは、少し経験を積んでいるものの、ポテンシャルを重視して採用されるということです。

この年齢層ですと、早めの行動が鍵です。リクナビNEXTなどの転職サイトで自分で探すのもいいですが、転職エージェントを活用しましょう。

第二新卒に特化している会社もあり、30歳未満まではサポートしているエージェントが比較的多いです。

こうしたところで、あなたが入りやすそうなところを紹介してもらったり、履歴書や職務経歴書へのアドバイスをもらいましょう。

30歳未満であれば、正社員も十分に狙えます。

第二新卒:DYM就職

DYMは若手に強いエージェントです。もともと、新卒領域でのノウハウがあるため、第二新卒でも手厚いサポートが期待できます。

短期での離職や既卒などにも対応しているため、自分の経歴に自信がない方でも心配ありません。若い方におすすめしたいエージェントです。

第二新卒ならDYM就職

未経験転職はワークポート

ワークポートはもともとIT業界特化のエージェントですが、現在は若年層向けに幅広く紹介をしています。

自分もキャリアがずっとIT業界だったので、こちらを活用させてもらっていました。

そもそもIT業界では未経験でも大丈夫な仕事が多いですし、経験が少ない方にはおすすめです。

未経験でも大丈夫なワークポート

パターンB:30代以上だが、業務経験あり

業務経験と年齢にもよりますが、あなたが経験があることはかなり有利に働きます。

一般的に、30代を超えるとポテンシャルの比率はかなり下がり、実績・経験で判断されます。

できれば過去の経験を少しでも活かせるものにしましょう。

経験がオフィスワークであれば、事務などの仕事、飲食経験の場合には、やはり飲食や接客の方がいいでしょう。

対象となる業界や企業に関しては、どうしても離職率が高いため慢性的に人が少ないところや待遇が悪いため、人が集まりにくいところも入ってくるでしょう。

業務経験が少しでもあれば、工夫の余地があります。選考書類でも存分にアピールすることで大きく印象が変わります。

また、正社員だけでなく、契約社員、派遣、アルバイトなども探してみましょう。

アルバイト経験のある方は契約社員や派遣、契約社員や派遣での経験がある方は正社員を目指したいですね。

ただ、今までの経験が少なければ少ないほど、経験を得ることのメリットはあります。幅広く考えましょう。

正社員狙いならDYM就職

DYMは若手に強いエージェントです。もともと、新卒領域でのノウハウがあるため、第二新卒でも手厚いサポートが期待できます。

短期での離職や既卒などにも対応しているため、自分の経歴に自信がない方でも心配ありません。

第二新卒ならDYM就職

東京都限定のサポート

東京都の委託を受け、株式会社パソナが実施している就職サポートです。

就職に関する集中講座やマンツーマンのサポート、フォローアップが得られるようです。

就職率がどの程度かはわかりませんが、30歳以降でこのようなサポートを受けられるところは減ってきます。

首都圏で44歳以下の方はぜひ行ってみましょう。

就活エクスプレスはこちらから

バイト探しはマッハバイト

せっかく業務経験があれば、できる限り過去の経験を活かしたいところです。

ただ、もしあなたが完全に未経験の職種で働きたいという場合には、アルバイトという選択肢もあります。

以前の会社でアルバイトとして自分が採用した人が、契約社員、社員、リーダー、マネージャーと昇進した例もあります。

アルバイトからの正社員登用の実績などを確認しながら慎重に応募していきましょう。

バイトさがしはマッハバイト

パターンC:35歳未満の業務経験なし

ここでの職歴なしは本当に何の業務経験をないことを想定しています。

以前は35歳転職限界説といわれることもありましたが、今はだいぶ変わってきました。転職をする人も多いですし、平均寿命や定年に関しても変わってきています。

30代前半は、ギリギリでポテンシャルのロスタイムともいえます。

職場を選ばなければ、正社員の可能性も十分にあります。(ブラック企業には注意しましょう)

ここで、業務経験を積んでおけば、40代以降もだいぶ可能性が広がります。

もし長期的に離職していて、コミュニケーションが心配な場合には、リハビリがてらアルバイトという選択肢もあります。

ひさびさに働くという人の場合には、ちょっと散歩をしたり、外に出歩くというだけでもプラスになります。最初は周りの目や自分が変じゃないかが気になるかもしれません。

あなたは気にしているかもしれませんが、周りの人はそんなにあなたのことを気にしていません。

過度に周りの人は気にせず、考えすぎたりしないようにしましょう。なにごとにも慣れが必要です。

東京都限定のサポート

東京都の委託を受け、株式会社パソナが実施している就職サポートです。就職に関する集中講座やマンツーマンのサポート、フォローアップが得られるようです。

就職率がどの程度かはわかりませんが、30歳以降でこのようなサポートを受けられるところは減ってきます。首都圏で44歳以下の方はぜひ行ってみましょう。

就活エクスプレスはこちらから

バイト探しはマッハバイト

せっかく業務経験があれば、できる限り過去の経験を活かしたいところです。

ただ、もしあなたが完全に未経験の職種で働きたいという場合には、アルバイトという選択肢もあります。

以前の会社でアルバイトとして自分が採用した人が、契約社員、社員、リーダー、マネージャーと昇進した例もあります。

アルバイトからの正社員登用の実績などを確認しながら慎重に応募していきましょう。

バイトさがしはマッハバイト

首都圏の飲食店アルバイト

こちらも東京限定ですが、飲食店は人手不足のところも多く、求人が多くなっています。

そもそも業務が回らないレベルで人が足りないところもあるため、面接としては非常に受かりやすいです。

何年か働くと、社員登用されるケースもあり、接客に抵抗がない人にはいいでしょう。

東京都飲食店アルバイト求人サイト【ペコリッチ】

パターンD:35歳以上の業務経験なし

30代後半で職歴無しとなると、そこそこハードルが上がります。正社員も可能性としてはありますが、ブラック企業の可能性が上がります。

 

ブラック企業…残業が非常に多かったり、パワハラが横行していたり、社会保険への加入が無かったり、入社時の条件と実態が大きく異なったり、悪い条件で働かざるをえない企業

 

年齢層が上がるとそもそも就職が難しいと思っている人もいますが、そんなことはありません。

現状、有効求人倍率は1.5を超えており、仕事を探す人1人に対して、求人が平均で1.5以上あるということです。

あなたに職歴がなかったり、ニート(厳密には34歳以下まで)だったり、無職だったりしても仕事を探しやすいということです。

問題なのは、あなたが採用される会社は他の人たちが選びたくないものの可能性が高いということでしょうか。

ハローワークも活用していきましょう。国のサービスなのでどのような状況の人でもサポートしてもらえます。

ハローワーク転職の完全ガイド!求人検索・職業相談・訓練・営業時間まで

ひさびさの就職でうまくいかずに、すぐに離職というパターンを避けたいところです。会社の評判を確かめながら進めましょう。

東京都限定のサポート

東京都の委託を受け、株式会社パソナが実施している就職サポートです。

就職に関する集中講座やマンツーマンのサポート、フォローアップが得られるようです。

就職率がどの程度かはわかりませんが、30歳以降でこのようなサポートを受けられるところは減ってきます。

首都圏で44歳以下の方はぜひ行ってみましょう。

就活エクスプレスはこちらから

バイト探しはマッハバイト

せっかく業務経験があれば、できる限り過去の経験を活かしたいところです。

ただ、もしあなたが完全に未経験の職種で働きたいという場合には、アルバイトという選択肢もあります。

以前の会社でアルバイトとして自分が採用した人が、契約社員、社員、リーダー、マネージャーと昇進した例もあります。

アルバイトからの正社員登用の実績などを確認しながら慎重に応募していきましょう。

バイトさがしはマッハバイト

首都圏の飲食店アルバイト

こちらも東京限定ですが、飲食店は人手不足のところも多く、求人が多くなっています。

そもそも業務が回らないレベルで人が足りないところもあるため、面接としては非常に受かりやすいです。

何年か働くと、社員登用されるケースもあり、接客に抵抗がない人にはいいでしょう。

東京都飲食店アルバイト求人サイト【ペコリッチ】

最後に

経験が少ないまま、30歳・40歳というと転職市場での評価は下がっていきます。

それでもあなたの人生は男性でも平均で80歳まで、女性なら90歳近くまで続きます。

先延ばしにしていくと、どんどん選択肢が狭まっていきます。

今、この瞬間に動きましょう。

転職サイトは有名どころが求人数も多く、おすすめです。

2 thoughts on “【ニート・フリーター・職歴なし】20代・30代・40代の逆転就職方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です