35歳男女のリアル!年収・貯金の平均、中央値に転職・結婚事情を解説

35歳というと、転職年齢として35歳転職限界説と言われたり、この歳までには結婚というものがありました。

ただ、今の35歳は、以前言われていたような35歳とは少し違ってきているでしょう。

定年も今後、65歳に引き上げられていくので、まだ定年まで30年近くはあります。

50歳時点での未婚率を表す生涯未婚率もどんどん上がっています。

今回はそんな35歳の年収・貯金から転職・結婚まで幅広く見ていきます。

35歳の年収平均・中央値・手取り

まずは35歳年収のデータから見ましょう。

35歳男性・女性の年収平均

35歳の平均年収は、男性は490万円前後です。

女性はこの時期に、結婚・出産が増え、働き方が変わるため、国税庁データでは下がっています。

フルタイムだけで考えると、女性は390万円前後くらいでしょうか。

つまり、35歳年収は男性490万円、女性390万円、全体440万円くらいのようです。

年代 30代前半
(30~34歳)
30代後半
(35~39歳)
35歳
ソース 国税庁 国税庁 DODA
男性 457 512 502
女性 315 300 390
全体 403 433 468

出典:国税庁 民間給与実態統計調査転職サイトDODA

35歳の年収中央値

年齢が若いうちには、ばらつきがあまり大きくないため、平均と中央値の乖離は小さいです。

30代後半で見ると、中央値は6.5%前後平均よりも少ない程度のようです。

仮に全体平均が440万円だとすると、中央値は410万円程度と推測できます。

25~29歳 30~34歳 35~39歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳
平均 248.1 289.0 324.1 225.9 241.6 254.0
中央値 239.1 272.1 302.6 219.3 231.3 238.1
乖離(中央値/平均) 96.4% 94.2% 93.4% 97.1% 95.7% 93.7%

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

35歳の手取り年収・月収

平均が440万円とすると、手取りはだいたい80%程度になります。

この場合は、手取り年収は352万円で、手取り月収は29.3万円です。

都道府県ごとの違い

平均月収 平均との比較 35歳年収 35歳
手取り年収
全国平均 30.43 440 352
青森県 23.48 77.2% 340 272
東京 37.75 124.1% 546 437

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

全都道府県で見ると、青森県の賃金が最低で、東京都の賃金が最高となっています。

ここから35歳年収を推測すると、このようになります。

  • 青森県の年収は額面で340万円、手取りで272万円
  • 東京都の年収は額面で546万円、手取りで437万円

全都道府県データはこちら。画像で開く

35歳の年収分布は?

男性編

どれくらいの年収の人が多いのでしょうか。厚労省のデータから見ていきます。

35歳ちょうどのデータはありませんが、だいたいの数字は推測できます。

発表されている月収をベースに、賞与を給与の15%程度として年収を計算してみます。

そうするとこのようになります。

  • 年収400万円以上:47%程度
  • 年収500万円以上:25%程度
  • 年収600万円以上:14%程度
  • 年収700万円以上:7%程度
  • 年収800万円以上:4%程度
  • 年収900万円以上:2%程度
  • 年収1,000万円以上:1%程度

まず、400万円以上の時点で半分程度となり、そこから100万円上がるごとに半分程度になります。

これを見ると、600万円を超える人は7人に1人とあまり多くないようです。

男性の給与帯別・年齢別の割合

月間給与 想定年収 30~34歳 累計 34.5歳
(推測)
累計 35~39歳 累計
~24 339 29.9 25.1 20.3
24~26 353 12.7 42.6 10.9 36.0 9.0 29.3
26~28 381 11.9 54.5 10.9 46.9 9.9 39.2
28~30 409 10.4 64.9 10.0 56.9 9.6 48.8
30~32 438 8.4 73.3 8.7 65.5 8.9 57.7
32~34 480 6.6 79.9 7.1 72.6 7.6 65.3
34~36 536 4.8 84.7 5.8 78.4 6.8 72.1
36~40 600 5.9 90.6 7.7 86.1 9.4 81.5
40~45 671 4.1 94.7 6.0 92.0 7.8 89.3
45~50 776 2.1 96.8 3.3 95.3 4.5 93.8
50~60 918 1.8 98.6 2.7 98.0 3.6 97.4
60~70 1,059 0.7 99.3 1.0 99.0 1.2 98.6
70~80 1,200 0.3 99.6 0.5 99.5 0.7 99.3
80~ 1,341 0.2 100.0 0.6 100.0 0.6 99.9

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

女性編

女性の分布も見ていきましょう。

  • 年収300万円以上:58%程度
  • 年収400万円以上:22%程度
  • 年収500万円以上:4%程度
  • 年収600万円以上:1%程度
  • 年収800万円以上:0.5%程度

300万円~400万円にかなり集中していることがわかります。

これは非正規雇用の人も含まれているので、フルタイムの人に限ると400万円に近い人も増えるでしょう。

女性の給与帯別・年齢別の割合

月間給与 想定年収 30~34歳 累計 34.5歳
(推測)
累計 35~39歳 累計
~20 268 29.7 29.6 29.5
20~22 296 13 42.7 11.8 41.4 10.6 40.1
22~24 325 12.8 55.5 11.9 53.3 11 51.1
24~26 353 12.1 67.6 11.2 64.5 10.3 61.4
26~28 381 9.6 77.2 9.2 73.7 8.7 70.1
28~30 409 7 84.2 7.3 80.9 7.5 77.6
30~32 438 4.2 88.4 4.9 85.8 5.6 83.2
32~36 466 5.6 94 6.4 92.2 7.2 90.4
36~40 494 2.8 96.8 3.5 95.7 4.1 94.5
40~45 536 1.9 98.7 2.3 97.9 2.6 97.1
45~50 600 0.5 99.2 0.8 98.7 1.1 98.2
50~60 671 0.5 99.7 0.8 99.5 1 99.2
60~70 776 0.2 99.9 0.3 99.8 0.4 99.6
70~80 918 0.1 100 0.2 99.9 0.2 99.8
80~ 1,059 0 100 0.3 100.1 0.4 100.2

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

35歳の貯金額

続いて、貯金額を見ていきましょう。

35歳の平均貯金・中央値

2人以上世帯と単身世帯のデータがあります。

30代の2人以上世帯は、平均貯金額が470万円ですので、1人分で考えると、だいたい235万円になります。

35歳なので、30代平均に近いとすると、35歳での平均貯金額は235万円くらいだと考えられます。

単身世帯は、589万円とこちらの方が多いです。中央値は83万円と格差が大きいことがわかります。

一方で、中央値との差が大きく、一部の世帯が押し上げているようです。

30代平均に近づくとすると、590万円前後でしょうか。

2人以上世帯は235万円前後、単身世帯は590万円前後が目安でしょうか。

年代別の貯金額の平均・中央値

2人以上世帯 単身世帯
年代 平均 中央 保有していない比率 平均 中央 保有していない比率
20歳代 321 77 35.6% 142 0 61.0%
30歳代 470 200 33.7% 589 83 40.4%
40歳代 643 220 33.7% 936 30 45.9%
50歳代 1,113 400 31.8% 1,342 130 43.0%
60歳代 1,411 601 29.4% 1,835 300 37.3%
70歳以上 1,768 600 28.3% 0.0%
全体 1,151 380 31.2% 942 32 46.4%

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」より作成

貯金額500万円・1,000万円・2,000万円以上

単身世帯と2人以上世帯の貯金それぞれを計算しました。

30代になると、金融資産がかなり増えるようです。

  • 500万円以上の世帯がどちらも3割近く
  • 1,000万円以上の世帯も2人以上世帯で10%以上、単身世帯では、18.5%
  • 2,000万円以上の世帯も2人以上世帯で約4%、単身世帯では12.6%

興味深いのは、お金を使わないせいか、単身世帯の金融資産が増えています。

金融資産500万・1,000万・2,000万円・3,000万円以上の世帯

500万円以上の割合 1,000万円以上の割合 2,000万円以上の割合 3,000万円以上の割合
2人以上
世帯
単身世帯 2人以上
世帯
単身世帯 2人以上
世帯
単身世帯 2人以上
世帯
単身世帯
20歳代 17.1 8.3 6.8 2.3 3.4 1.2 1.1 0.6
30歳代 27.1 29.0 11.3 18.5 3.9 8.7 2.3 3.7
40歳代 36.4 33.2 20.7 21.3 8.1 11.3 3.4 7.7
50歳代 44.6 40.3 32.8 28.4 17.1 18.0 8.7 12.7
60歳代 51.2 45.5 40.1 36.0 23.8 23.4 15.7 17.4
70歳以上 53.0 42.8 27.7 18.8

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」より作成

30代貯金なしは3人に1人以上

30代は、2人以上世帯・単身世帯ともに、33%以上が、貯金(金融資産)がまったくありません。

とくに単身世帯においては、40%近くが貯金なしとなっています。金融資産が多い人と少ない人での差が広がっているようです。

あればあるほどいいというわけではありませんが、備えとしても最低限の貯金は欲しいですよね。

2人以上
世帯
単身
世帯
20歳代 35.6 61.0
30歳代 33.7 40.4
40歳代 33.7 45.9
50歳代 31.8 43.0
60歳代 29.4 37.3
70歳以上 28.3

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」より作成

35歳の転職事情

30代からの転職は慎重に進める必要があります。

35歳ともなると、ポテンシャルでの採用は厳しいです。あなたの経験・実績を踏まえた転職になっていきます。

個人で結果を出した経験はベースとして、メンバーのマネジメントやプロジェクトのリーダーなどの経験が欲しいところです。

35歳の転職で気をつけることをいくつか見ていきます。

ポテンシャルはかなり厳しい

大卒の人でもすでに社会人になって10年程度は働いていることになります。

35歳でポテンシャルといわれるとどのように感じるでしょうか?

今までの10年、どのような仕事をしてきたのかと心配になりませんか。

30代から未経験のハードルはありますが、35歳を超えるとさらにハードルが上がります。

少しでも過去の業界・職種に近いものや、共通したスキルが使えるといったことを考えましょう。

35歳転職限界説はうそ

当たり前ですが、65歳まで働いていく世の中で、すべての人が35歳までに定年までの職を決めるのは現実的ではないですよね。

転職できる人・できない人がいて、できない人が顕在化しやすいタイミングなので、このように言われることがあります。

なぜ、このように言われるかというと、ポテンシャルの比率が下がることと、今ままでの結果が明らかになるためです。

5年ずつ働いても2~3社、3年ずつですと、3社以上を経験していることになります。

たまたまどこかの会社に合う・合わないということは誰にでもあります。

ただ、どこの会社でも目立った成果、責任のある仕事を任されていない方をあなたは自信を持って採用できますか?

あなたが年齢に応じたスキルや経験を身につけていれば転職は難しくありません。

長期化する傾向を認識

年齢が上がるとポジションも上がったり、仕事内容も明確化します。

若いときのように、ポテンシャル重視なので、どんな方でもという求人も減ります。

つまり、マッチングが難しくなります。

仮にあなたが高度なスキルを身につけていても、ちょうどそのタイミングで求人がないことも考えられます。

あなたも家庭の状況を踏まえて、給料や勤務地など考慮する必要が増えていくでしょう。

20代の転職に比べて、より長期的な時間軸で考える必要が出てきます。

プロに相談したほうがいい

ここまで見てきたように、35歳からの転職は考慮すべき要素が増えます。

ご自身の経験ややりたいことは明確かと思いますが、第三者に聞いたほうがいいこともたくさんあります。

あなたの売れる経験はなんでしょうか?

どんな会社があなたの経験・スキルを求めているのでしょうか?

その後のキャリアについてはイメージできていますか?

ここで、転職をして失敗してしまうと、その後の人生に大きく響きます。

この時期の転職は慎重に対処をする必要があるので、転職エージェントに必ず相談しましょう。

自分1人で考えるより、友人や家族などに相談するより、プロにアドバイスをもらうことで成功率は格段に上がります。

リクルートエージェントパソナキャリアは総合型であらゆるタイプ・目的に対応してくれます。

下記で簡単に転職パターンごとにも解説しました。

パターン別の転職

  • 通常パターン
  • 女性パターン
  • ハイクラス
  • キャリアチェンジ

の4種類に分けて、見ていきます。

通常の転職

転職のときですが、僕は必ずエージェントに行きます。

  • 該当業界・業種の求人状況を知るため
  • それはやりたいことがあって、それを実現できる会社(求人)を探すため
  • 行きたい会社に内定する可能性を知るため
  • 自分の売りになる経験を聞くため

などさまざまな理由があります。要は少しでも成功確率を上げるためです。

もちろん、求人を探すときには、併行して普通に転職サイトに登録したり、友人の紹介や直接知っている企業を見たりもします。

ただ、転職の進め方やキャリアに関して、相談できるサービスはそう多くはありません。

たとえば、給料を上げたいときにどうするのか、なぜ自分は書類で落とされるのかを知りたくありませんか?

そもそも自分に合う求人が5年前に転職したときよりも減ってませんか?

この歳での転職失敗は避けたいですよね。20代前半のように手軽にキャリアチェンジはしにくいです。

転職エージェントの質は正直、会社や担当者によってもさまざまです。

ただ、少なくとも転職を数回しか経験しないあなたよりも、はるかに多くの人の転職をサポートしています。

だいたい3社も回れば、1人くらいは合う人がいるものです。

ぜひエージェントに頼りましょう。

安定と安心のリクルートエージェント

僕も転職のたびに必ず登録するサービスです。

求人件数の多さやエージェントの質など、転職エージェントの中でもかなり安定しています。

幅広い年代をサポートしているため、年齢層が上がった転職まで十分にサポートしてくれます。

リクナビNEXTと合わせて登録しましょう。

【リクルートエージェント】はこちらから

サポートはパソナキャリア

同じく大手のパソナキャリアです。

求人件数は大手はもちろん、どこも多いため、大きな差はありませんが、アドバイザーの質にはやはり期待されています。

パソナキャリアははじめての転職・女性の転職にも力を入れていて、転職で不利になりがちな人のサポートにも定評があります。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

35歳の女性転職

女性でも基本的には、通常の転職とは変わりません。

ただ、いくつか認識しておいたほうがいいことがあります。

女性の場合には、結婚・出産がキャリアに影響を与えることが多いです。

とくにこの時期は、結婚や出産とも重なりやすい時期です。

会社が柔軟な働き方・女性の働き方に優しいかどうかをちゃんと確認しましょう。

もし今の会社がそういう制度に柔軟であれば、もしかしたら今の会社にいた方がいいかもしれません。

では、どのように探せばよいのでしょうか。

求人サイトなどで取り上げられている女性特集を見るのもいいでしょう。

こちらもエージェントの活用をおすすめします。

どんなに外から調べても、実際にどれくらい女性が活躍しているかはわかりにくいです。

自分が採用担当であったら女性も働きやすい・活躍しているとコミュニケーションしますよね。

また、あなたが面接で時短勤務・産休・育休のことをいろいろと質問してきたら面接官はどう思うでしょうか。

そこで、彼らは本当の実態を教えてくれるでしょうか。

事情を知っているエージェントに聞いたほうが早そうですよね。

女性に強いエージェントがありますので、ご紹介します。

女性の転職はパソナキャリア

パソナキャリアは創業時から女性の転職支援に力を入れています。

大手のエージェントは求人であれば、どこも十分に多いですし、大きな差はありません。

そうするとサポート体制の違いが重要です。

パソナキャリアは女性の転職・はじめての転職に力を入れているため、アドバイザーもそうした方の慣れています。

ぜひ利用しましょう。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

女性の転職はマイナビエージェント

同じく総合型ですが、20代・30代に非常に強いエージェントです。

女性のキャリアアドバイザーも多く、求人も幅広く女性の需要が多い業界まで網羅しています。

転職ノウハウから女性の活躍する企業情報まで、あらゆることを相談してみましょう。

マイナビエージェント

高年収を狙う:35歳で年収800万円以上を狙う

仕事の業種・職種はそれぞれだと思いますので、年収だけを見ていきます。

35歳ではいくらくらいが狙いやすいのでしょうか。

転職前の年収は600万円だとすると、800万円の給料は十分に狙えます。

総合商社や広告代理店の場合は、35歳ですと優に1,000万円は超えているでしょう。

こうした会社への中途採用での入社は難しいかもしれませんが、他の会社でも十分可能な数字です。

一般的には、業界上位の会社に行ったり、年収のための業界に移ることで十分可能そうです。

できれば、マネジメントの経験であったり、プロジェクトを最初から最後まで進めたりという経験が欲しいですね。

あなたの経歴によって、受かりやすい高年収の企業・求人は異なります。

エージェントに行って、本音で年収を上げたいと伝えてもらうのが早いと思います。

高年収求人に特化した転職サイトがあります。あなたが十分に年収が高い場合にはこうしたところで探すのがいいです。

ハイクラス:ビズリーチ

CMなどで見たこともあるかもしれませんね。

即戦力人材という言葉が使われていますが、もともとは年収1,000万円以上の人向けのハイクラス、会員制の転職サービスです。

僕も登録をしていますが、企業から連絡が来るだけではなく、人材紹介企業からもアプローチが来ます。

履歴書や職務経歴書を登録しておくと定期的に勝手に連絡が来るので非常に便利です。

他のサイトと比べても、高収入だったり、海外求人や政府系の求人などユニークな求人もあります。

高年収案件を探したい場合には、非常に魅力的なサービスです。(審査ありますが…)

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

 

ハイクラス:CAREER CARVER

 

あなたがすでに600万円以上の収入がある場合にはこちらもおすすめです。年収800万円以上の求人が多数あります。

あなたが年収を上げていきたい場合には、ハイクラス系の転職サイトを活用しましょう。

同じような会社が出稿していても、他サイトとは求人の質や内容が違うことはよくあります。

ハイクラス限定の転職サイト「CAREERCARVER」

新卒・未経験・既卒・フリーターなど

人生いろいろあります。

僕の友人でも浪人回数が多かったり、大学に入学した後、他の大学に入学し直したため、年齢を重ねているケースがあります。

35歳でフリーターだったり、未経験だったりということもあるでしょう。

このことがネガティブになるかというと、もちろん相当、ネガティブになります。

これは念頭においておきましょう。10社を受けて、2社はおろか1社も受からないのは普通だと思います。

あなたの経験次第では、最初から正社員というのは難しいかもしれません。

新卒でも数十社の試験を受けてやっと1つ内定を取る人もいます。

でも幸いなことにやり方はあります。

自分でハローワークなどで調べる方法もありますが、ちゃんと人にも頼りましょう。

やはり転職エージェントに行くのをおすすめします。

スタートラインがやや不利な状況というのは間違いないです。

多くの会社には表に出さなくとも年齢制限などがあったりします。

また、落とす人にも丁寧に理由を説明してくれるような会社はありません。

第二新卒や既卒など、不利になってしまいたがちな就職をサポートする会社があるので、そこに行きましょう。

基本的にどのエージェントも無料で、お金を払う必要はありません。

未経験転職はワークポート

ワークポートはもともとIT業界特化のエージェントですが、現在は若年層向けに幅広く紹介をしています。

自分もキャリアがずっとIT業界だったので、こちらを活用させてもらっていました。

そもそもIT業界では未経験でも大丈夫な仕事が多いですし、経験が少ない方にはおすすめです。

未経験でも大丈夫なワークポート

第二新卒:DYM就職

DYMは若手に強いエージェントです。もともと、新卒領域でのノウハウがあるため、第二新卒でも手厚いサポートが期待できます。

短期での離職や既卒などにも対応しているため、自分の経歴に自信がない方でも心配ありません。

第二新卒ならDYM就職

35歳の結婚・未婚事情

20代のときには、30歳まで、30代の人は35歳までに結婚したいという人が多いですよね。

では、35歳の結婚率はどうなっているのでしょうか。35歳の時点で、全体で68.6%、男性で63.3%、女性で74.0%が結婚を経験しています。

全体でも3分の2以上、男性も3分の2近く、女性は4人中3人が既婚とかなり多くの人が結婚をしています。

結婚経験率(全体-未婚率)のデータ

全体 男性 女性
 25歳 23.1% 19.7% 26.7%
 30歳 53.7% 48.0% 59.6%
 35歳 68.6% 63.3% 74.0%
 40歳 74.7% 69.7% 79.9%
 45歳 78.0% 73.1% 82.8%
 50歳 82.3% 77.9% 86.6%
 55歳 86.5% 82.3% 90.6%
 60歳 89.4% 85.5% 93.2%

出典:平成27年国勢調査国勢調査より作成

まだ結婚していないあなたへ

恋人がいない方はまずそこから始めましょう。これからとなると、多少の妥協も必要となってきます。

何が譲れなくて、何が譲れるのかを考えましょう子供が欲しいという方は、今この瞬間に動きましょう。

40代になってしまうと、妊娠の確率が大幅に下がります。少しでも高いうちに行動しましょう。

恋活

自分に自信があったり、見た目が良かったり、稼いでいる方は手軽に始められる恋活アプリ(マッチングアプリ)をぜひ使いましょう。

真剣な目的はやはり、大手の会社が運営しているものの方が安心感がありますね。

Pairs

1つ目は、Pairsです。マッチングアプリの中でも有名なので、知っている人もいるかと思います。

前の職場でたまたま話していたときに、そこで話していた6人のうち5人が使っていたということもありました。

評判の理由は実際に会える人が多いからです。周りでも付き合ったり、結婚している人がいます。

実際に僕も使いましたが、登録者も多く、いろいろなタイプの人がいてデートまでつながりやすかったです。

Facebook連携で友人が表示されないようになっていますし、まず間違いないのないサービスです。

Facebookで恋活・婚活【Pairs】

Daigo監修のWith

まず、メンタリストのDaigoさんが監修をしていて、上場企業が運営する恋活アプリのwithです。

心理学・統計学を用いたアプローチで、定期的にイベントを開催したり、趣味や共通点を活用したりしてマッチ率も上がります。

積極的にプロモーションやイベントを開催しているので、男女ともにアクティブな人が多い印象でした。

数人会っただけの肌感ですが、ほかのサービスよりも真面目なユーザーが多く、恋活アプリの中でも結婚に結びつけやすくなっています。

安心安全「with」恋愛婚活マッチ

どうしてもアプリによって合う人・合わない人というのがあります。迷ったら複数、登録してみて自分に合ったものを選びましょう。

婚活

恋活・婚活アプリはどうしても見た目や学歴・収入などわかりやすい引きがある人に人気が集中します。

とくに30代後半となると、どうしてもそれまでよりはアプローチされにくくなります。

でも実際に、結婚するとなったときには、それだけでは決めませんよね。それに恋活アプリは、結婚したい人だけが使うとは限りません。

ただ、恋人が欲しい人や既婚の人が…と、モチベーションもさまざまです。

結婚相談所の場合には、結婚したいという意思で登録するものですし、アドバイザーのサポートもあります。

30代前半と、35歳は大した違いがないと思われるかもしれませんが、大きく印象が違います。

そして、このことはあなた自信の魅力とはなんの関係もありません。そんなもったいない理由でチャンスを減らしたくないですよね。

ゼクシィ縁結びカウンター

結婚情報誌のゼクシィは聞いたことがあると思います。ゼクシィでも結婚相談のサポートをしているのは知っていますか?

もともと母体のリクルートは転職サイトや転職エージェントの先駆けでマッチングには定評があります。

会員はすでに2万人を超えていて、カウンターで対面のサポートも受けられます。入会金が3万円に月会費が9千円のプランもあります。

ゼクシィというブランドの安心感、対面でのサポート体制、低めの料金設定が魅力的です。無料で相談ができますので、まずは相談してみましょう。

ゼクシィ縁結びカウンターに無料相談する

エン婚活エージェント

転職サイトや転職エージェントを運営しているエン・ジャパンも実は婚活サポートをしています。

最大の特徴はすべてオンラインで完結し、費用が非常に抑えられるということです。

結婚相談所というと入会金が高いイメージがありますが、エン婚活の入会費は9,800円です。月会費も12,000円でほかではありえない水準となっています。

直接の面談はありませんが、専任コンシェルジュが付き、月に6名以上の紹介があります。サービスの無料体験や返金保証もあり、始めやすくなっています。

エン婚活エージェントを詳しく見る

35歳でやるべきこと

35歳にもなると、何をやるべきかというよりも何をやらないかを考えていくことも大事ですね。

20代のときにあんなに元気だった人が大人しくなっていたり、逆に目立たなかった人が活躍していたりします。

人生は本当にわからないですね。労働では、約30年前の、1986年に「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」が施行され、60歳定年が努力義務となりました。

これが今は段階的に65歳になりました。30年後に70歳になっても不思議ではありません。定期的に発表されている生涯未婚率も基準が50歳です。

平均寿命が60歳だったときは有効だったかもしれません。今は平均寿命は80歳を超えています。女性は90歳近いです。

もう平成が終わるというのに昭和的な価値観がよく見られます。周りのことも気になりますが、自分の基準で、楽しくいきていけるといいですね。

 

30代全体のことを知っておきたい方はこちらも合わせてどうぞ。

30代男女の実態調査!年収・貯金の平均、中央値に転職・結婚事情まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です