35歳男女のリアル!年収・貯金の平均、中央値に転職・結婚事情を解説

35歳はいろいろな節目の歳です。

転職では「35歳転職限界説」と呼ばれたり、「35歳までには結婚したい」と考えたりする人もいます。

ただ、今の35歳は以前言われていたような35歳とは少し違ってきています。

定年も今後、65歳に引き上げられていくので、まだ定年まで30年近くはあります。

今回はそんな35歳の年収・貯金から転職・結婚まで幅広く見ていきます。

35歳の年収平均・中央値・手取り

まずは35歳年収のデータから見ましょう。

35歳男性・女性の年収平均

年代 30代前半
30~34歳
30代後半
35~39歳
35歳
ソース 国税庁 国税庁 doda
男性 457 512 502
女性 315 300 390
全体 403 433 468

出典:国税庁 民間給与実態統計調査doda

上記データを踏まえると、35歳の平均年収は、全体で420万円前後、男性は480万円、女性は360万円といったところです。

dodaはフルタイムが中心なので、女性が高めに出ますが、国税庁はパートなども含まれるため、下がります。

35歳の額面・手取り年収、額面・手取り月収

年収・月収を額面金額・手取り金額で表すと、このようになります。

額面
年収
手取り
年収
額面
月収
手取り
月収
男性 480 365 40 30.4
女性 360 279 30 23.3
全体 420 322 35 26.8

35歳の平均手取り月収は27万円前後です。

年収が上がると、手取りの比率は下がっています。

目安として、75%~80%と考えておくといいです。

自作ツールで計算しているので、詳細を知りたい方はこちらもどうぞ。

35歳の年収中央値

年齢が上がると、差が広がるため、平均と中央値の差が大きくなっていきます。

男性 女性
30~
34歳
35~
39歳
30~
34歳
35~
39歳
平均 289.0 324.1 241.6 254.0
中央値 272.1 302.6 231.3 238.1
乖離 94.2% 93.4% 95.7% 93.7%

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

年代別の差を見ると、35歳の場合には、中央値は平均よりも6%程度低いことがわかります。

つまり、全体平均が420万円の場合には中央値は395万円となります。

都道府県ごとの違い

都道府県によっても金額は大きく違います。

東京都が最高で、平均よりも2割以上大きく、青森県が最低で2割以下となります。

平均月収 平均と比較
全国平均 30.43
青森県 23.48 77.2%
東京都 37.75 124.1%

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

全体が420万円の場合には、324万円~521万円と地域によって差が大きくなっています。

    35歳男女の年収分布

    35歳男性の年収分布

    どれくらいの年収の人が多いのでしょうか。

    厚労省の賃金構造基本統計調査のデータから見ていきます。

    35歳ちょうどのデータはないので、だいたいの数字を推測します。

    35歳男性の年収分布

    • 年収400万円以上:47%(2人に1人)
    • 年収500万円以上:25%(4人に1人)
    • 年収600万円以上:14%
    • 年収700万円以上:7%
    • 年収800万円以上:4%(25人に1人)
    • 年収900万円以上:2%
    • 年収1,000万円以上:1%(100人に1人)

    400万円以上の時点で半分程度となり、そこから100万円上がるごとに、さらに半分程度に減っていきます。

    35歳であっても年収600万円を超える人はかなり少数となることがわかります。

    35歳女性の年収分布

    女性の分布も見ていきましょう。

    35歳女性の年収分布

    • 年収300万円以上:58%
    • 年収400万円以上:22%(5人に1人)
    • 年収500万円以上:4%
    • 年収600万円以上:1%(100人に1人)

    400万円未満にかなり集中していることがわかります。

    ただ、これは育児や出産の関係で、パートとして働いている人や時短勤務の人も含みます。

    35歳の貯金額

    35歳の平均貯金・中央値

    2人以上世帯と単身世帯のデータがあります。

    35歳の平均貯金額は、このようになります。

    • 2人以上世帯は470万円前後
    • 単身世帯は590万円前後

    詳細を見ていきます。

    年代別の貯金額の平均・中央値

    2人以上
    世帯
    単身
    世帯
    年代 平均 中央
    貯金0
    の割合
    平均 中央
    貯金0
    の割合
    20歳代 321 77 35.6% 142 0 61.0%
    30歳代 470 200 33.7% 589 83 40.4%
    40歳代 643 220 33.7% 936 30 45.9%
    50歳代 1,113 400 31.8% 1,342 130 43.0%
    60歳代 1,411 601 29.4% 1,835 300 37.3%
    70歳以上 1,768 600 28.3% 0.0%
    全体 1,151 380 31.2% 942 32 46.4%

    出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」より作成

    2人以上世帯

    35歳の貯金を30代の平均と同程度だと考えると、平均貯金が2人で470万円です。

    1人分で考えると、だいたい235万円になります。

    単身世帯

    単身世帯は、589万円とこちらの方が多いです。

    中央値は83万円と格差が大きいことがわかります。

    貯金額500万円・1,000万円・2,000万円以上

    単身世帯と2人以上世帯の貯金それぞれを計算しました。

    30代になると、金融資産がかなり増えるようです。

    • 500万円以上の世帯がどちらも3割近く
    • 1,000万円以上の世帯も2人以上世帯で10%以上、単身世帯では、18.5%
    • 2,000万円以上の世帯も2人以上世帯で約4%、単身世帯では12.6%

    興味深いのは、お金を使わないせいか、単身世帯の金融資産が増えています。

    金融資産500万・1,000万・2,000万円・3,000万円以上の世帯

    500万円
    以上割合
    1,000万円
    以上割合
    2,000万円
    以上割合
    3,000万円
    以上割合
    2人以上
    世帯
    単身
    世帯
    2人以上
    世帯
    単身
    世帯
    2人以上
    世帯
    単身
    世帯
    2人以上
    世帯
    単身
    世帯
    20歳代 17.1 8.3 6.8 2.3 3.4 1.2 1.1 0.6
    30歳代 27.1 29.0 11.3 18.5 3.9 8.7 2.3 3.7
    40歳代 36.4 33.2 20.7 21.3 8.1 11.3 3.4 7.7
    50歳代 44.6 40.3 32.8 28.4 17.1 18.0 8.7 12.7
    60歳代 51.2 45.5 40.1 36.0 23.8 23.4 15.7 17.4
    70歳以上 53.0 42.8 27.7 18.8

    出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」より作成

    30代貯金なしは3人に1人以上

    30代は、2人以上世帯・単身世帯ともに、33%以上が、貯金(金融資産)がまったくありません。

    とくに単身世帯においては、40%近くが貯金なしとなっています。金融資産が多い人と少ない人での差が広がっているようです。

    あればあるほどいいというわけではありませんが、備えとしても最低限の貯金は欲しいですよね。

    2人以上
    世帯
    単身
    世帯
    20歳代 35.6 61.0
    30歳代 33.7 40.4
    40歳代 33.7 45.9
    50歳代 31.8 43.0
    60歳代 29.4 37.3
    70歳以上 28.3

    出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」より作成

    35歳の仕事・転職事情

    35歳 リアル

    30代からの転職は慎重に進める必要があります。

    35歳ともなると、ポテンシャルでの採用は厳しいです。あなたの経験・実績を踏まえた転職になっていきます。

    年齢が上がると、個人で結果を出した経験に加え、チームで結果を出した経験も重要になってきます。

    35歳の転職で気をつけることをいくつか見ていきます。

    即戦力をアピールする

    35歳ではポテンシャルの評価がほとんどなくなります。

    即戦力として活躍できることを伝えることが重要です。

    20代に比べると、未経験はハードルが高くなりますが、まだ可能性はあります。

    少しでも過去の業界・職種に近いものや、共通したスキルが使えるといったことを考えましょう。

    マッチングが難しくなってくる

    年齢が上がると給料や役職が上がったり、仕事内容も専門化したりしていきます。

    経験やスキルがあっても、自分にぴったりの求人が見つかるとは限りません。

    家庭の状況を踏まえて、給料や勤務地など考慮する必要が増えていくでしょう。

    20代の転職よりも時間がかかったり、よりたくさん応募しなくてはいけなかったりするかもしれません。

    プロに相談したほうがいい

    35歳からの転職は、転職エージェントに相談しましょう。

    自力では非効率ですし、対策にも限界があります。

    うまく転職エージェントを活用できれば、力強いパートナーとして、転職の成功確率が大きく上がります。

    求人探し

    1つは求人探しです。

    この年代では、経験やスキルとのマッチングが重要になります。

    優秀な人でも合わない仕事を受けると落とされます。

    前の転職ではすんなり決まった人でも、求人を探すのに苦労することは珍しくありません。

    ここは、プロに自分にマッチした求人を探してもらう方がいいです。

    今までの経験やスキルが活きる仕事を探しましょう。

    自分が想定しなかったような業界・職種の提案をもらえる可能性もメリットの1つです。

    書類対策

    もう1つは、選考対策です。

    転職を甘く見て対策をしない人もいますが、選考書類や面接の対策がおろそかな人もいます。

    30代にもなると、書類で落とされることも多くなります。

    その中には、職務経歴書がしっかり書けていないため、書類でうまくアピールできていない人も多いです。

    面接に関しても、個人差が大きいです。

    退職理由、志望動機、自己PRといった基本的な質問を押さえるだけで格段に成功確率が上がります。

    ちょっとした対策をするだけで、非常に有利になるので、しっかりと対策しましょう。

    ほかにもこのようなメリットがあります。

    • 転職の進め方のアドバイス
    • 該当業界・業種の求人状況
    • 自分の希望に合った求人提案
    • 行きたい会社に内定する可能性
    • 書類・面接対策のアドバイス

    ここまで見てきたように、30代の転職はいろいろと考える必要があります。

    転職に失敗してしまうと、その後の人生に大きく響きます。

    実際にはじめて見ると、さまざまな疑問があるものです。

    • 給料を上げるにはどうすればいいかわからない
    • なぜ自分は書類で落とされるのかわからない
    • 自分の求める仕事が見つからない
    • このままのキャリアで大丈夫か知りたい

    自分1人で考えるよりも、友人や家族などに相談するよりも、プロにアドバイスをもらいましょう。

    重要な時期の転職なので、必ず転職エージェントに相談するようにしましょう。

    僕自身も過去3回の転職において必ず転職エージェントに相談しています。

    無料なのでリスクはないですし、そのときの転職市場や自分の市場価値などを最初に知ることで自信を持って活動できます。

    いくつかおすすめできるエージェントを紹介しますので、相談してみてください。

    リクナビNEXTマイナビ転職などの転職サイトも併行して活用しましょう。

    女性や年収600万円以上の人、フリーターの人はこの下でも解説しています。

    タイプ別の転職攻略方法

    また、ここから下で簡単に転職パターンごとのポイントも解説しました。

    当てはまる人はぜひ読んでみてください。

    35歳の女性転職

    女性でも基本的には、通常の転職とは変わりません。

    ただ、女性の場合には、結婚・出産がキャリアに影響を与えることが多いです。

    とくに30代は、結婚や出産とも重なりやすい時期です。

    会社が柔軟な働き方・女性の働き方に優しいかどうかをちゃんと確認しましょう。

    もし今の会社がそういう制度に柔軟であれば、もしかしたら無理に転職せずに、今の会社にいた方がいいかもしれません。

    転職をするときの探し方は注意をしましょう。

    • 求人サイトなどで取り上げられている女性特集などを見る
    • 女性向けにPRをしていたり、話題になっている会社を探す
    • 転職エージェントを活用する

    いろいろな方法がありますが、この場合でも転職エージェントは有効です。

    どんなに外から調べても、実際にどれくらい女性が活躍しているかはわかりにくいです。

    自分が採用担当であったら、「女性は働きにくい会社です」とか、「育休をとっている人はいません」とは言わないですよね。

    また、あなたが面接で時短勤務・産休・育休のことばかりを質問すると、待遇ばかり気にする人だと思われるリスクもあります。

    事情を知っているエージェントに聞いたほうが安全です。

    女性に強いエージェントがありますので、ご紹介します。

    doda

    dodaのポイント

    • 求人件数が10万以上で、国内最大級
    • 書類の選考サポートもばっちり
    • 主体的に探すのにも使えるサービス

    dodaはバランスがよく、求人・サポートともに非常に高いレベルです。

    求人数は10万件以上と国内でも最大級の量を誇ります。

    自分にマッチする求人の紹介はもちろん、重要な選考書類の書き方のサポートなども充実しています。

    dodaはスカウトの数が多かったり、自分で求人を調べる転職サイト的にも使えたりします。

    積極的に転職したい人にマッチしています。

    dodaに相談する

    パソナキャリア

    パソナキャリアのポイント

    • サポートが評判になるレベル
    • はじめての転職、女性の転職にも強い
    • ほかでは不利になる人でも大丈夫

    パソナキャリアは大手の中でもサポートが抜群にいいです。

    創業時からはじめての転職や女性の転職支援に力を入れています。

    あらゆる人に手厚いサポートを提供しているということです。

    求人数が多い中で、サポート体制が優れているという万人に勧められるエージェントです。

    パソナキャリアに相談する

    高年収を狙う:35歳で年収800万円以上を狙う

    35歳で狙える年収はいくらくらいなのでしょうか。

    転職前の年収は600万円だとすると、年収800万円の場合は、200万円程度のアップとなります。

    これは業界上位の会社に行ったり、年収のための業界に移ることで十分可能そうです。

    コンサルティングや金融系の一部の会社では、30歳の時点で800万円くらいはもらえるところもあります。

    大手の総合商社や広告代理店の場合は、30代で1,000万円は超えているでしょう。

    こうした会社への中途採用での入社は難しいかもしれませんが、もう少し入りやすい他の会社でも十分可能な数字です。

    一般的には、業界上位の会社に行ったり、年収のための業界に移ることで十分可能そうです。

    できれば、マネジメントの経験であったり、プロジェクトを最初から最後までやりきった経験が欲しいです。

    あなたの経歴によって、受かりやすい高年収の企業・求人は異なります。

    エージェントに行って「年収を上げたい」と本音で伝えてもらうのが早いです。

    高年収求人に特化した転職サイトがあります。

    あなたの年収がすでに600万円以上という場合には、こうしたサイトも活用しましょう。

    ビズリーチ

    ビズリーチのポイント

    • ハイクラス案件、海外案件に強い
    • 転職サイトにも転職エージェントにも使える
    • 年収600万円が最低ライン

    年収600万円以上という人はビズリーチを強くおすすめします。

    年収1,000万円以上の案件も多数あり、ほかのサイトとは求人の質が違います。

    経歴を登録しておけば、エージェントからの連絡(スカウト)もたくさん来ます。

    大手というよりも中小エージェントを含めて、多数の求人が紹介されるので有益です。

    条件がやや厳しいですが、文句なしにおすすめできます。

    ビズリーチに登録する

    キャリアカーバー

    キャリアカーバーのポイント

    • ハイクラス案件に強い
    • 複数の転職エージェントとして使える
    • 年収600万円が最低ライン

    キャリアカーバーもビズリーチに近い使い方ができます。

    職務経歴を登録しておけば、エージェントから連絡が来ます。

    ビズリーチとはまた別の求人があるので併用しましょう。

    最初に登録しておき、定期的にスカウトをチェックして興味があるものを探すのがいいです。

    キャリアカーバーに登録する

    新卒・未経験・既卒・フリーターからの転職

    人生いろいろあります。

    浪人回数が多かったり、大学に入学した後、他の大学に入学し直したため、年齢を重ねているケースがあります。

    34歳でフリーターだったり、未経験だったりということもあるでしょう。

    このことがネガティブになるかというと、ネガティブにはなります。

    これは念頭においておきましょう。10社を受けて、2社はおろか1社も受からないのは普通だと思います。

    あなたの経験次第では、最初から正社員というのは難しいかもしれません。

    新卒でも数十社の試験を受けてやっと1つ内定を取る人もいます。

    でも幸いなことにやり方はあります。

    自分でハローワークなどで調べる方法もありますが、ちゃんと人にも頼りましょう。

    やはり転職エージェントに行くのをおすすめします。

    スタートラインがやや不利な状況というのは間違いないです。

    多くの会社には表に出さなくとも年齢制限などがあったりします。

    また、落とす人にも丁寧に理由を説明してくれるような会社はありません。

    第二新卒や既卒など、不利になってしまいたがちな就職をサポートする会社があるので、そこに行きましょう。

    基本的にどのエージェントも無料で、お金を払う必要はありません。

    ワークポート

    ワークポート

    ワークポートのポイント

    • WEB・ITに強いが、総合求人にも対応
    • 求人紹介はたくさんある
    • 選考サポートは基本的にドライ

    ワークポートはもともとIT専門でしたが、今は総合的に案件を紹介しています。

    未経験にも強かったり、多少不利な場合でもなんとかしてくれるイメージです。

    サポートは選考対策というよりも、求人紹介をしっかりしてもらえるようです。

    IT系に興味がある人や自分の経歴・学歴に自信がない人は必ず登録したい転職エージェントです。

    ワークポートに相談する

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントのポイント

    • 国内最大級、10万件超えの求人数
    • 転職実績も国内最大水準
    • 担当アドバイザーが優秀

    リクルートエージェントは間違いのないエージェントの1つです。

    求人数は国内最高水準で、実際に転職している人数も最高レベルです。

    大手ですが、あらゆる求人に対応しているため、どんな人でも対応されやすいです。

    大企業求人だけなく、中小企業やベンチャー企業の求人も多数あります。

    土日も面談対応していますし、エージェントの人も優秀で、話が早いです。

    リクルートエージェントに相談する

    35歳の結婚・未婚事情

    20代のときには、30歳まで、30代の人は35歳までに結婚したいという人が多いですよね。

    では、35歳の結婚率はどうなっているのでしょうか。35歳の時点で、全体で68.6%、男性で63.3%、女性で74.0%が結婚を経験しています。

    全体でも3分の2以上、男性も3分の2近く、女性は4人中3人が既婚とかなり多くの人が結婚をしています。

    結婚経験率(全体-未婚率)のデータ

    全体 男性 女性
     25歳 23.1% 19.7% 26.7%
     30歳 53.7% 48.0% 59.6%
     35歳 68.6% 63.3% 74.0%
     40歳 74.7% 69.7% 79.9%
     45歳 78.0% 73.1% 82.8%
     50歳 82.3% 77.9% 86.6%
     55歳 86.5% 82.3% 90.6%
     60歳 89.4% 85.5% 93.2%

    出典:平成27年国勢調査国勢調査より作成

    まだ結婚していないあなたへ

    恋人がいない方はまずそこから始めましょう。これからとなると、多少の妥協も必要となってきます。

    何が譲れなくて、何が譲れるのかを考えましょう子供が欲しいという方は、今この瞬間に動きましょう。

    40代になってしまうと、妊娠の確率が大幅に下がります。少しでも高いうちに行動しましょう。

    恋活

    自分に自信があったり、見た目が良かったり、稼いでいる方は手軽に始められる恋活アプリ(マッチングアプリ)をぜひ使いましょう。

    真剣な目的はやはり、大手の会社が運営しているものの方が安心感がありますね。

    Pairs

    1つ目は、Pairsです。マッチングアプリの中でも有名なので、知っている人もいるかと思います。

    前の職場でたまたま話していたときに、そこで話していた6人のうち5人が使っていたということもありました。

    評判の理由は実際に会える人が多いからです。周りでも付き合ったり、結婚している人がいます。

    実際に僕も使いましたが、登録者も多く、いろいろなタイプの人がいてデートまでつながりやすかったです。

    Facebook連携で友人が表示されないようになっていますし、まず間違いないのないサービスです。

    Facebookで恋活・婚活【Pairs】

    Daigo監修のWith

    まず、メンタリストのDaigoさんが監修をしていて、上場企業が運営する恋活アプリのwithです。

    心理学・統計学を用いたアプローチで、定期的にイベントを開催したり、趣味や共通点を活用したりしてマッチ率も上がります。

    積極的にプロモーションやイベントを開催しているので、男女ともにアクティブな人が多い印象でした。

    数人会っただけの肌感ですが、ほかのサービスよりも真面目なユーザーが多く、恋活アプリの中でも結婚に結びつけやすくなっています。

    安心安全「with」恋愛婚活マッチ

    どうしてもアプリによって合う人・合わない人というのがあります。迷ったら複数、登録してみて自分に合ったものを選びましょう。

    婚活

    恋活・婚活アプリはどうしても見た目や学歴・収入などわかりやすい引きがある人に人気が集中します。

    とくに30代後半となると、どうしてもそれまでよりはアプローチされにくくなります。

    でも実際に、結婚するとなったときには、それだけでは決めませんよね。それに恋活アプリは、結婚したい人だけが使うとは限りません。

    ただ、恋人が欲しい人や既婚の人が…と、モチベーションもさまざまです。

    結婚相談所の場合には、結婚したいという意思で登録するものですし、アドバイザーのサポートもあります。

    30代前半と、35歳は大した違いがないと思われるかもしれませんが、大きく印象が違います。

    そして、このことはあなた自信の魅力とはなんの関係もありません。そんなもったいない理由でチャンスを減らしたくないですよね。

    ゼクシィ縁結びカウンター

    結婚情報誌のゼクシィは聞いたことがあると思います。ゼクシィでも結婚相談のサポートをしているのは知っていますか?

    もともと母体のリクルートは転職サイトや転職エージェントの先駆けでマッチングには定評があります。

    会員はすでに2万人を超えていて、カウンターで対面のサポートも受けられます。入会金が3万円に月会費が9千円のプランもあります。

    ゼクシィというブランドの安心感、対面でのサポート体制、低めの料金設定が魅力的です。無料で相談ができますので、まずは相談してみましょう。

    ゼクシィ縁結びカウンターに無料相談する

    エン婚活エージェント

    転職サイトや転職エージェントを運営しているエン・ジャパンも実は婚活サポートをしています。

    最大の特徴はすべてオンラインで完結し、費用が非常に抑えられるということです。

    結婚相談所というと入会金が高いイメージがありますが、エン婚活の入会費は9,800円です。月会費も12,000円でほかではありえない水準となっています。

    直接の面談はありませんが、専任コンシェルジュが付き、月に6名以上の紹介があります。サービスの無料体験や返金保証もあり、始めやすくなっています。

    エン婚活エージェントを詳しく見る

    35歳でやるべきこと

    35歳にもなると、何をやるべきかというよりも何をやらないかを考えていくことも大事ですね。

    20代のときにあんなに元気だった人が大人しくなっていたり、逆に目立たなかった人が活躍していたりします。

    人生は本当にわからないですね。

    定年がこれから65歳になります。

    30年後に70歳になっても不思議ではありません。

    定期的に発表されている生涯未婚率も基準が50歳です。

    平均寿命が60歳だったときは有効だったかもしれません。今は平均寿命は80歳を超えています。女性は90歳近いです。

    もう平成が終わるというのに昭和的な価値観がよく見られます。

    周りのことも気になりますが、自分の基準で、楽しくいきていけるといいですね。

    ほかにも30代やキャリアに関しての記事があります。こちらも合わせてどうぞ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA