パソナキャリアのキャリアカウンセリング面談を攻略!やり取り・準備のコツ

woman
ゆか

パソナキャリアで面談ってそんなに大事なの?

man
まっくす

面談での印象でその後の対応も変わってくるよ

パソナキャリアでは登録後に、面談があります。

転職エージェントでの面談は重要で、うまく活用できると転職活動を大幅に有利に運ぶことができます。

ここでは、パソナキャリアでの面談経験がある僕が、経験を踏まえつつ面談時のポイントをお伝えします。

パソナキャリアに登録する

パソナキャリアで面談が重要な理由

面談が重要な理由は、大きく2つです。

  1. 面談時がもっとも集中的にコミュニケーションが取れる
  2. あなたの優先順位が面談で決まる

1.集中的なコミュニケーション

面談時には疑問点を明確にしたり、希望を伝えたり、アドバイスをもらったりすることができます。

転職エージェントはどこでも同じですが、何回も面談することは多くありません。

とくにパソナキャリアの場合には、求職者が多く、1人1人を丁寧にサポートするというより自主性が求められる側面もあります。

いかに面談の時間を有効活用するかが鍵となります。

2.優先順位が面談で決まる

担当のキャリアアドバイザーは一度に複数の人を担当します。

彼らにも数字目標があるので、転職しやすそうな人の優先順位を高くします。

この優先順位は、年齢や転職回数などの要素でも決まりますが、面談のときのあなたとのやり取りも重要になってきます。

優先順位が低いと求人提案や連絡の頻度、サポートなどあらゆる面で不利になってしまうので、優先順位を上げてもらうのがポイントです。

面談時の重要ポイント2つ

1.面談の時間を有効活用する

面談の時間を有効活用するためには準備が重要です。面談では、大まかに以下のことを行います。

  • キャリアのアドバイスを受ける
  • 自分のことを知ってもらう
  • 自分の希望を伝える
  • 求人提案をもらう
  • 疑問点を明確にする

面談は1時間~1時間半程度で時間が限られているので、スムーズに進められる準備をしておくのがいいです。

具体的には、以下のようにキャリアの整理や具体的な質問を準備をしておくと、有効活用できます。

  • 履歴書や職務経歴書を準備しておく
  • 自分の希望を整理しておく
  • キャリアやサービスを利用するうえでの質問をまとめる

時間が限られているときには、メモ帳などに疑問点だけでもまとめておきましょう。

2.自分の優先順位を上げる

面談まで進むということは、経歴的にはサポートができそうだと判断されたということです。

転職しやすさは、学歴、職歴、年齢、転職回数など多くの要因で決まります。

上記のものは変えられませんが、それ以外に変えられる要素があります。

  • 転職意欲
  • 面談時の印象(服装や態度、受け答え)

転職意欲や面接時の態度です。

実際に会ったときに、「経歴はイマイチだけど、転職に本気」、「面談での印象がよく、すぐに決まりそう」と思ってもらえれば、優先順位は上がります。

面談時の服装やコミュニケーションに気を使うことで、その後のサポートも変わってくるので、気を使いましょう。

逆にいうと、遅刻をしたり、印象の悪い服装をしたり、やる気がない姿勢を見せたりするのはNGです。

登録がまだの方はこちらからどうぞ。

パソナキャリアに登録する

面談の一般的な流れ

パソナキャリアに登録後に日程調整の電話・メールが届くのでそこで面談を調整します。

電話面談も可能ですが、予定が調整できる場合には、直接会うようにしましょう。

大まかな流れは以下のとおりです。

あまりに早く着くと前の面談が終わっていないこともあるので、面談10分前くらいに到着するのがタイミングとしてはいいです。

  • 自己紹介をする
  • 転職理由を説明する
  • 転職の目的や具体的に希望する求人を伝える
  • 求人を探してもらう
  • 求人関連の質問をしたり、不明点を聞いたりする
  • 今後の進め方や連絡方法を確認する

一般的には1時間前後で、人によって時間配分は変わります。

ほかの転職エージェントでもこれはほとんど変わりません。

面談を受けた人のコメント

実際にパソナキャリアで面談を受けた人のコメントをいくつか紹介します。

キャリアアドバイザーとの面談は評価はいいです。

アドバイスが的確
評価:★★★★★
最初に面談した時、事前に提出していた応募書類をかなり細かく添削してもらい、アドバイスをいただけたのが良かったです。また、年代別の転職市場についても動向を教えていただき、心構えもアドバイスいただけました。自分は中高年になってからの転職でパソナキャリアさんに登録したのですが、紹介される案件は当然ながら年齢を考慮した上での案件ばかりでしたので、自分でインターネット等で探すより効率的に活動をすることが出来たと思います。
相談しやすい雰囲気だった
評価:★★★★☆
エージェントのカウンセラーの方が親しみやすく、話しやすくて、面談時に良い雰囲気だったことです。カウンセラーの方はとても親切で、面談後もこまめに連絡をくれ、電話面談など、進捗状況を共有することができました。また無理な求人へのエントリーの勧誘もなかったです。

よくある質問と注意点

面談時の服装はどうすればいいですか?

基本的に印象が重要なのでスーツが無難です。

ただ、会社が私服で仕事帰りによる場合などで難しいときは清潔感のある格好にしましょう。

サンダルにハーフパンツといった格好の人を熱心にサポートするのは難しいでしょう。

電話面談も可能ですか?

可能ですが、できれば対面で面談しましょう。

遠方の方や仕事の都合で面談が難しい場合には、大手エージェントであれば電話対応をしています。

ただ、転職意欲や対面での印象がわからないため、アドバイザーからの優先順位は下がりやすくなります。

自分が相手の立場だとして、対面で会った人と電話のみの人のどちらを優先したサポートするかを考えましょう。

登録がまだの方はこちらからどうぞ。

パソナキャリアに登録する

面談をキャンセルしても大丈夫ですか?

仕事の都合や病気などやむをえない事情でキャンセルするのは問題ありません。

1回程度であれば、それだけでネガティブになることはありません。

できるだけ早めに連絡するようにしましょう。ただ、無断キャンセルは一発でアウトです。

キャリアアドバイザーを変更することはできますか?

可能です。

パソナキャリアは平均的にサポートの評判はいいですが、相性が合わないことはあるかもしれません。

直接、担当の人に伝えても大丈夫ですし、登録後にお問い合わせ経由で変更してもらうことも可能です。

一緒に利用したいサービス

転職エージェントは複数活用すると、それぞれの強みが活かせるのでおすすめです。

パソナキャリアと併用するサービスは求人数が多いサービスがいいでしょう。

具体的には、リクルートエージェントとdodaがおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントのポイント

  • 国内最大級、10万件超えの求人数
  • 転職実績も国内最大水準
  • 担当アドバイザーが優秀

リクルートエージェントは間違いのないエージェントの1つです。

求人数は国内最高水準で、実際に転職している人数も最高レベルです。

大企業求人だけなく、中小企業やベンチャー企業の求人も多数あります。

土日も面談対応していますし、エージェントの人も優秀で、話が早いです。

どんな人でも登録してまず間違いないエージェントです。

リクルートエージェントに相談する

doda

dodaのポイント

  • 求人件数が10万以上で、国内最大級
  • 書類の選考サポートもばっちり
  • 主体的に探すのにも使えるサービス

dodaはバランスがよく、求人・サポートともに非常に高いレベルです。

自分にマッチする求人の紹介はもちろん、重要な選考書類の書き方のサポートなども充実しています。

転職エージェントだけでなく、自分で求人を調べる転職サイトとしても活用できます。

dodaに相談する

さらに知っておきたいこと

ここでは、パソナキャリアの面談について見てきました。

なんとなく面談を受ける人もいますが、面談から転職活動がはじまるという意識で受けると、転職の成功確率が上がります。

さらに詳しく評判を知りたい方は、「パソナキャリアを800人の評判・口コミで検証!体験談に2chまで網羅」で詳しく説明しています。

ほかにも転職やキャリアに関してのコンテンツがあります。こちらも合わせてどうぞ。

個別のサービスについてもご紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA