50代転職の現実。未経験で正社員は厳しい?仕事がないとアルバイト?

50代の転職は相当厳しいです。

転職を避けるのが一番の選択肢ですが、やむをえない事情で転職をする必要があるという場合には仕方がありません。

それでも転職が必要という50代の方に知っておいて欲しい内容をお伝えします。

50代の転職は2パターンある

50代の転職は二極化します。大きくこの2つです。

  1. マネジメント経験などを活かしたエグゼクティブ転職
  2. 不人気な職種への転職

極端に思われるかもしれませんが、多少の専門性が必要なもの人気がある職種では50代の人は採用されません。

残念ながら1つ目に当てはまる人はほとんどいません。

ちょっとした専門性やマネジメント経験がある人であれば、30代でも40代でもたくさんいます。

そこに勝てるくらいの圧倒的なスキルや経験がある人だけが採用されます。

それぞれを見ていきます。

エグゼクティブの人

基本的に50代である程度のポジションであれば、自分から探す必要はあまりありません。

紹介で仕事が決まることが多くなるかと思います。

ビズリーチキャリアカーバーはハイクラス向けの求人でスカウト機能もあります。

こうしたところに登録しておきましょう。

それ以外のほとんどの人

それ以外のほとんどの人は、正攻法で行くと不人気職種への転職になります。

そこで、正攻法以外の方法も試しましょう。

おすすめは人脈活用、直接応募、転職エージェントの3つです。

おすすめの3つのアプローチ

転職では、年齢や転職回数が気にされます。

50代の場合には、ほかの年代と比べるとそれだけで不利になります。

なので、比べられない方法を考えます。

人脈活用

1つ目は、人脈活用です。

今までに関わった人たちに仕事を紹介してもらうような方法です。

うまくいけば、たまたまあなたの能力や経験を求めている人が見つかります。

他の人と比較されずに採用が決まることもあります。

直接応募

2つ目は、直接応募です。

自分の志望度の高い企業にサイトなどから応募しましょう。

ポイントは採用サイトに載っていなくても応募することです。

可能性は高くありませんが、あなたの経験にマッチしたらあなたのためのポジションを検討してもらえる可能性があります。

転職エージェント

3つ目は転職エージェントです。

これはそれなりに経験がある場合ですが、あなたの経験がたまたま異業種・異業界に活きるということもあります。

担当アドバイザーが優秀だと、うまく共通点を見つけて、まったく違う仕事でもあなたにぴったりな仕事を提案してくれることがあります。

年齢が理由で断られる可能性もありますがリクルートエージェントdodaWORKPORTなどはトライしてもいいでしょう。

正攻法でいく

どうしても正攻法でいきたい場合には大きく2つあります。

  • 正社員にこだわり、未経験でもOKな職種を狙う
  • 経験が活きるものにこだわり、雇用形態はこだわらない

50代になると、かなり間口を広げないと決まらないことが増えます。

何にこだわるかを明確化しましょう。

未経験職種でも正社員は狙えますが、タクシー運転手や接客、介護などそれまでの経験を活かしにくいものが多いです。

一方で、経験を活かそうと考えると、30代・40代の人たちと常に比較されやすい状況にもなります。

何を妥協できるか考えておきましょう。

具体的には、このようなサービスを活用しましょう。

未経験でも転職しやすい仕事

最後に、未経験での転職を考える人向けに転職しやすい職種をご紹介します。

こちらがその例です。

  1. 営業職
  2. 接客業
  3. 飲食店勤務
  4. 工場勤務
  5. ドライバー
  6. 介護職
  7. 清掃員
  8. 警備員

1.営業職

ハードな営業は50代未経験でも可能性があります。

歩合制だったり、離職率が高かったりするような職場です。

鬱になったり、身体を壊したりするリスクがあるので、メンタルに自信がある人だけにおすすめします。

リクナビNEXTWORKPORT東京しごとセンターなどで見つかります。

2.接客業

接客業も未経験での可能性がある職種です。

営業のようなハードな企業は少ないですが、長期的に給料を上げていくのは難しいです。

それまでのマネジメント経験が活きるという理由で、接客のマネジメントに携わる人はいます。

こちらもリクナビNEXTdoda東京しごとセンターなどで見つかります。

3.飲食店勤務

飲食店も未経験で可能性があります。

アルバイトから、正社員、店長など、ポジションを上げていくこともできます。

アイティーケーといった飲食専門サイト、リクナビNEXT東京しごとセンターなどで探しましょう。

4.工場勤務

工場勤務は未経験で可能な仕事もあります。

軽作業のように、力がそこまでいらない仕事もあり、多くの人が対応可能なものです。

イカイジョブお仕事情報ネットなどの工場専門サイト、リクナビNEXT東京しごとセンターなどで探しましょう。

5.ドライバー

ドライバーも人材が足りないことが多いです。

中高年でも採用されやすいのがポイントです。

運転が好きという方には向いているでしょう。

トラック運転手タクシーの専門サイト、リクナビNEXTなどで調べましょう。

6.介護職

介護も常に人が足りていません。

待遇は非常にいいわけではありませんが、資格を取ったりして専門性を高めたりすることはできます。

50代であれば、かいご畑リクナビNEXT東京しごとセンターなどで見つかる可能性があります。

7.清掃員

清掃員は人が集まりにくい職種のため、仕事が見つかりやすいです。

ビルなどの建物でも若い清掃員の人を見ることは少ないかと思います。

リクナビNEXT東京しごとセンターハローワークなどで探しましょう。

8.警備員

警備員は高齢化が進んでいて、50代の人も十分にいます。

工事現場の警備から、ビルなどの警備まで幅広いものがあります。

リクナビNEXT東京しごとセンターハローワークなどで探しましょう。

さらに知っておきたいこと

ここでは、50代転職の現実について見てきました。

できるだけ正攻法で挑まずに、工夫して探すようにしましょう。

人のサポートを借りながら少しでも有利になる方法で転職するのがポイントです。

ほかにも転職やキャリアに関してのコンテンツがあります。合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA