履歴書の封筒の裏面はどう書く?横書きか・縦書きか?履歴書在中まで

履歴書の表面は宛名などを書きますが、裏面の書き方はわかりますか?

封筒の裏面では、届かなかったときのためや相手が受け取ったときにすぐに誰からのものかわかるように自分の情報を書くのが一般的です。

履歴書の封筒でも同様です。ここでは履歴書を入れる封筒の裏面の書き方について見ていきます。

裏面の書き方

完成イメージ・サンプル

住所と名前が基本

封筒は縦書きが基本です。左下に縦書きで郵便番号を含めた自分の住所とフルネームを書いておきます。横書きの場合には、右下に同じ内容を書きましょう。

さらに日付も入れたいという方はこの上に書きましょう。平成三十年○月✕日という形で同じように縦書きで書きましょう。

郵送は封をする、手渡しはしない

もう一つのポイントは封に関してです。郵送のときは封をしますが、手渡しのときには空ける手間がかかるので、封はしないほうがいいでしょう。

封はのりか両面テープで行い、封をしたときには、〆を閉じたところに記載します。

表面の書き方

表面は宛名と履歴書在中(あるいは応募書類在中)と記載します。手渡しの場合には宛名はいらず、履歴書在中だけで構いません。

宛名の御中と様の使い分け

宛名は人事部や会社名のときは「御中」と書きますが、担当者名のときは「様」とつけます。

履歴書在中は赤文字

履歴書在中、応募書類在中(履歴書以外にもあるとき)などは赤いサインペンやスタンプで対応します。

そのほかの注意

封筒は白のA4対応

封筒は白色のもので、A4書類の二つ折りに対応できるようにしましょう。市販の履歴書を半分に折った状態でそのまま提出できるものがいいです。

サインペンや太めのポールペンで書く

封筒はサインペンや太めのボールペン(1.0mm)で書きましょう。普段使っているボールペンで書くと大きい封筒の場合に目立たず、読みにくくなってしまいます。

さらに知っておきたいこと

履歴書の封筒は裏面までしっかり記載して少しでも印象をよくしましょう。

履歴書の封筒の書き方に関してはこちらで説明しています。あわせてどうぞ。

履歴書の全体的な書き方を知りたいという方は、こちらの記事で解説しています。

プロのサポートを受けましょう

履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。

また、書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。

ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと後から修正するのは困難ですし、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。

自分で対策するのは構いませんが、自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。

僕も3回転職をしていますが、転職のときには必ず転職エージェントに登録します。

それは彼らから提供される転職市場の話や選考に関するアドバイスが非常に有用だからです。転職サイトでも求人は探せますが、アドバイスをくれる人はいません。

書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。転職エージェントの場合には落ちた理由に関してもわかります。

いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。

選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介しますので、最低2社、可能であれば3社ほど登録してみて合ったところを活用していきましょう。

それぞれの強みはありますが、一番はエージェントとの相性です。もっとも合う人とコミュニケーションをしていきましょう。

One thought on “履歴書の封筒の裏面はどう書く?横書きか・縦書きか?履歴書在中まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA