履歴書の賞罰欄の書き方!欄がないときは?そもそも必要あるのか

履歴書には賞罰という欄があるものもあります。

JIS規格(国家標準)の履歴書にはこの欄はありませんが、載っているものを使ったほうがいいのでしょうか?

ここでは、賞罰欄にどのようなことを書くか、そもそもあるものの方がいいのかなどを見ていきます。

賞罰の意味と基準

賞は入賞や受賞など、あなたが過去に受けた賞のことです。基本的に、全国レベル以上のものや有名なものに限るため、該当する人はあまりいないでしょう。

罰は犯罪歴です。刑事罰で有罪判決を受けている場合に記載します。

賞罰の欄はそもそも必要か?

欄は必要ない

結論からいうと、賞罰欄は必要ありません。そもそもJIS規格にも欄はありません。

賞罰は書く必要があるのか?

欄がないものは書く必要なし

欄がないものにわざわざ書く必要はありません。

欄があるものに関しては埋める必要がある

賞罰欄のある履歴書や会社指定の履歴書やエントリーシートに欄があるときには、埋める必要があります。

罰があるにもかかわらず、きちんと書かないと経歴詐称に問われる可能性もあります。

賞罰のポイント

自分で履歴書を選べる場合

自分が選択できる場合には、基本的にないものを選びましょう。全国レベルの賞であれば、趣味・特技の欄でも職務経歴書でもどこでもアピールできます。

わざわざ賞罰のあるものを選ぶ必要はないでしょう。罰があるのであれば、なおさらあえて不利になる情報を積極的に伝える必要はありません。

自分で選べない場合

会社指定等の場合には、正直に書きましょう。罰があったら必ず聞かれると思いますので、理由は準備しておきましょう。

罰ありでの選考は非常に不利になる可能性が高いため、別の企業を受けた方がいいかもしれません。

賞罰の具体的な書き方

賞の書き方

明確な基準があるわけではありませんが、全国レベルの賞のため、社内での賞(社長賞やMVP)や学生時代の賞は書かないのが一般的です。

平成○年△月 全日本○✕選手権 優勝

罰の書き方

罰に関しては刑事罰のみです。軽度の交通違反などは行政罰となるので、書く必要はありません。

起訴猶予であったり、執行猶予で執行猶予期間が終了したときも書く必要はありません。

平成○年△月 窃盗罪にて罰金刑

何もないとき

何も書くことがないときは、シンプルに「なし」と記載します。

さらに知っておきたいこと

以前は一般的だった賞罰欄ですが、罰が社会復帰を妨げかねない、そもそも書くことがない人が多いなどの理由から使われなくなっています。

書くときには以上のルールを守って書くようにしましょう。

履歴書の全体的な書き方を知りたいという方は、こちらの記事で解説しています。

プロのサポートを受けましょう

履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。

また、書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。

ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと後から修正するのは困難ですし、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。

自分で対策するのは構いませんが、自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。

僕も3回転職をしていますが、転職のときには必ず転職エージェントに登録します。

それは彼らから提供される転職市場の話や選考に関するアドバイスが非常に有用だからです。転職サイトでも求人は探せますが、アドバイスをくれる人はいません。

書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。転職エージェントの場合には落ちた理由に関してもわかります。

いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。

選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介しますので、最低2社、可能であれば3社ほど登録してみて合ったところを活用していきましょう。

それぞれの強みはありますが、一番はエージェントとの相性です。もっとも合う人とコミュニケーションをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA