2030年と2050年の世界GDPランキング、人口

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

map_world

だいぶ昔になるが、学生のときに所属していたゼミでゴールドマンサックスの人が来ていて、『人口動態は未来をある程度正確に予想できる数少ないデータだ』というようなことを言っていた。そして、その人口が国の経済に与える影響は大きい。日本が中国にGDPを抜かれたときも、1人あたりの生産性は中国の10倍はあったものの、単純に中国の人口がそれ以上だったことは衝撃だった。日本人口が減少し続けるのをご存知の人も多いと思うが、2016年現在で、1億2,700万人の人口が2030年には1億1,600万人になり、2050年には1億人を割り込む予測も出ている。このような状況の中で、これからの世界がどうなるのか、どこにチャンスがありそうなのかを考えたいと思い、GDPと現状の日本の進出状況をまとめた。

1.2030年の世界

2030_GDP2
※PwC、ゴールドマンサックス、21世紀政策研究所の予測より計算、色は平均以上のものをハイライト

GDP

人口的に当然かもしれないが、2030年においては、どの予測においても中国が1位だった。中国の成長性を疑問視する声もあるが、長期的にはポテンシャルがやはり非常に大きい。また、インドもどの予測においても日本を上回っていた。また、Bricsでくくられいたロシアやブラジルもそれに続いている。日本では東南アジアも注目されることは増えているが、インドネシアが12位、タイが22位とまだそこまで上位に入っているわけではない。意外だったのは、サウジアラビアが9位、トルコが15位、イランが20位、パキスタンが27位と中東の国が成長し、上位に入っていることだ。

人口、1人当たりGDP

全体を見ると、人口の増加以上に、生産性の向上がはるかに影響が大きいことがわかる。インド、ロシア、サウジアラビア、インドネシアの1人あたりGDPの伸びが凄まじい。先進国比較では、アメリカが高いものの、その他はあまり大差はない。日本の労働生産性の低さも指摘されがちだが、数字自体は他の先進国と比べると多少下回るか同程度に留まる。確かに労働時間を踏まえると低いかもしれない。

日本の進出状況

やはり欧米諸国は人も企業も進出が多くなっている。中国でここまで多いことは意外だったが。治安が悪いところに人が少ないのも非常にわかりやすい。サウジアラビア、ナイジェリア、イランなどはそのポテンシャルに比して非常に少なくなっている。数字だけを見ているとロシアやトルコもまだチャンスがありそうに思われる。

2050年の世界

2050_GDP2
※PwC、ゴールドマンサックス、21世紀政策研究所の予測より計算、色は平均以上のものをハイライト

GDP

中国、米国、インドと上位の顔ぶれは変わらない。そこにインドネシア、メキシコが上がってきた形。日本の順位は統計によって異なるが、4位~8位まで様々ある。ヨーロッパも依然として残っているが、中東やアフリカが入ってきているのが印象的。アジアではフィリピンやベトナムも伸びている。ネクスト11(イラン、インドネシア、エジプト、韓国、トルコ、ナイジェリア、バングラデシュ、パキスタン、フィリピン、ベトナム、メキシコ)と呼ばれる国々が着実に存在感を増している。

人口、1人当たりGDP

2050年まで見ると、成長が凄まじい。1人あたりGDPは現在の先進国の方がまだ大きいが、これはあくまで平均なので中間層や富裕層を比べると同程度ないし、より裕福なケースも十分に考えられる。人口減少は日本において深刻で他国と比べても減少率が大きくなっている。むしろ、この現減少を踏まえると順位は十分高いのではないかとさえ思える。

日本の進出状況

基本的には2030年のものと変わらないが、ここまで見据えると中東にいかに進出するかを考える価値はありそうだ。昨今の中東の治安の悪さを踏まえると、なかなか難しいとは思うが、チャンスが訪れるときのために、検討を進めていく必要があるだろう。

 

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です