【体験談あり】リゾートバイトのすべて!時給・場所・時期・住み込み寮・持ち物も

woman
ゆか

リゾートバイトって何日でできるの?お金はかかるの?住む場所は?

man
まっくす

はじめての人でもわかるように説明するね

まとまった時間があれば、リゾートバイトは有力な選択肢の1つです。

リゾート地に行って、観光を楽しみつつ、稼げるというのは魅力的です。

慣れれば大丈夫なのですが、最初は何を考えればいいのかがわかりづらいと思います。

ここでは、リゾートバイトのすべてがゼロからでもわかるようにご紹介します。

目次から気になる部分だけチェックしてもらっても大丈夫です。

リゾートバイトとは?

リゾート地で行う仕事です。

業務内容はさまざまありますが、短期で習得できるような仕事内容が基本です。

アルバイトとの違い

アルバイトをしたことある人であれば、仕事内容自体はそこまで変わりません。

それ以外の条件が少しずつ変わります。いくつか列挙します。

  • 観光地での仕事が多い
  • 仕事の種類がホテル・レストランなどが多い
  • 住み込みが多い
  • 期間が予め、決まっている
  • 派遣会社経由が多い

観光地での期間限定の住み込みアルバイトだと考えるといいかもしれません。

リゾートバイトの3つのメリット

リゾートバイトのメリット・デメリットについて体験談を踏まえながら紹介します。

1.お金が貯まる

一番のメリットはお金が貯まることです。

寮費などがかかるところもありますが、基本的には、家賃、光熱水費、交通費、食費などが無料です。

遊び歩かない限りはお金が非常に貯まりやすい環境だといえます。

お金は貯まる
Oさん/男性/20代/
生活費がほとんどかからないので、かなりお金は貯まります。一月で20万円以上を稼いだり、半年で150万円を貯めた人もいました。

2.観光地を楽しめる

スキー場や海で働く人はレジャー目的の人が多いです。

仕事がないときは自由にスキー場を利用できたり、自由にサーフィンできたりするため、人気です。

ただ、働くだけでは普通のアルバイトと変わらないので、遊びに重点をおいている人もいます。

遊びが大事
Tさん/男性/20代/
仕事はどこでもあまり変わりません。稼げる金額や環境もそこまで変わらないので、休日に楽しめる仕事をおすすめします。

3.人間関係が生まれる

短期だと難しいですが、数ヶ月もあれば友達もできます。

その場限りも多いですが、その後も継続的に付き合う人や恋人ができる人もいます。

友達も彼氏もできる
Kさん/女性/20代/
大きい職場だったので、派遣されている人も多かったです。普通に友だちもできますし、カップルも数組できていました。人間関係がいいと休日も楽しいです。

リゾートバイトの3つのデメリット

1.仕事の当たり外れが大きい

リゾートバイトは仕事の当たり外れが大きいのがリスクです。

仕事内容、仕事のシフト、職場の人間関係などは、こまかい部分は行ってからでないとわかりません。

かなりタフだった
Tさん/男性/20代/
朝に仕事をして、中抜けして、夕方にまた働き始めるシフトだったので、拘束時間が長く、慣れるまでは大変でした。

2.住環境の当たり外れが大きい

住環境での問題もあります。

寮の部屋が汚かったり、周辺にコンビニがなかったり、車なしではどこにも行けないといったことがよくあります。

寮はピンきり
Bさん/女性/20代/
リゾートバイトで何回か働きましたが、きれいなマンションの部屋もあれば、民宿のようなところもあり、行くまではわからないです。

3.時給が高いとは限らない

支出が少なくなるため、お金は貯まりやすいですが、時給自体が高いとは限りません。

長期もそうですが、短期だとなおさら時給は下がりやすいです。

お金は貯まるけど
Tさん/女性/20代/
遊びで浪費しない限り、十分お金は貯まります。ただ、時給自体が非常に高いわけではありません。

時給はどれくらいか?

900円~1,100円くらいが非常に多いです。

都心であれば、アルバイトの時給でも1,000円を超えますが、リゾートバイトを募集する地域は田舎が多いです。

最低賃金が800円を下回る地域もあるので、低いものは900円、高いものでも1,200円程度までがほとんどです。

場所はどこに対応しているのか?

国内は北海道から沖縄まで

場所は、北海道から沖縄まで本当に幅広く対応しています。

時期によっても求人数はかなり変わるので、そのタイミングで求人が一定数ある地域を選ぶことが多いです。

海外は無理

残念ながら海外は、労働ビザなどもあり、ハードルが高いので、リゾートバイトとしては扱っていません。

ワーキングホリデーで専門のサービスを提供している会社があるので、そうしたものを活用しましょう。

期間と時期は?

期間は2~3ヶ月が基本

リゾートバイトの基本期間は2~3ヶ月です。

希望した人はその後に延長して働けることもあります。

最短1週間程度からの短期求人もありますが、件数が少なく、条件も悪くなります。

時期は年中対応可能

求人自体は年中あります。

繁忙期といわれるのが、ゴールデンウィークや年末年始などで仕事も多くなります。

住み込み寮の生活は?

寮は場所によって千差万別です。

1人ずつマンションの部屋が割り当てられ、家具家電も揃っていることもあれば、相部屋で椅子と机すらないこともあります。

住環境もコンビニなどすらない山奥ということもあり、立地も重要です。

必要な準備は?

持ち物

持ち物は仕事によっても異なります。

普段着や歯ブラシ、化粧品、ひげそり、シャンプー・リンスなど泊まりに行くときに必要なものが基本です。

それ以外のものは仕事に必要なものも含め、職場によって大きく異なるので、事前に確認しましょう。

早めの仕事探し

準備においてもっとも重要なのは早めに仕事探しを始めることです。

一般的には1ヶ月程度前で十分ですが、条件のいいものはどんどんなくなってしまいます。

早めに派遣会社に連絡をして、自分にピッタリの仕事を探しましょう。

仕事探しの方法

仕事探しのポイントは以下の2つです。

  • いい派遣会社を選ぶ
  • 徹底的に職場について確認する

派遣会社選びのポイント

派遣会社の選び方ですが、大きく3つの点でチェックしましょう。

サポートと時給と求人数です。

  • 初めてで心配な人はサポートがいいところ
  • とにかく稼ぎたいなら時給が高いところ
  • 勤務地や職種のこだわりが求人が多いところ

を選びましょう。

求人数とサポートの評判がいい派遣会社は以下の3社です。

各社で少しずつ強みは違うので、自分に合ったものを選びましょう。

職場について確認するポイント

基本的に上に書いた内容を確認する形で聞いていきましょう。

具体的には、このように質問するといいです。

  • 業務内容は過度に辛くないか?
  • 職場の雰囲気はどうか?
  • シフトに関して調整は効くか?休みはあるか?
  • 寮はきれいか?Wifiは使えるか?
  • 周りにどのような施設があるか?
  • 食事は何が提供されるか?味はどうか?
  • 社員と派遣の人数や割合は働いているか?
  • 実際に働いていた人・働いている人の評判はどうか?
  • 契約期間を完了した人や延長した人はどの程度いるのか?

もちろん、この通りにすべてを確認する必要はありません。

基本的には派遣会社としてもすぐに辞められると問題なので、正直に答えてくれます。

事後的に発生してしまったものは、速やかに派遣会社の担当に相談しましょう。

解決できるもの、できないものもありますが、部屋の問題などは解決例も多いです。

さらに知っておきたいこと

ここでは、リゾートバイトについて詳しく見てきました。

基本的な知識はここに書いてある情報で十分です。

後は、派遣会社に連絡をしてしっかりとコミュニケーションを取りましょう。

他にもリゾートバイトに関する情報があります。こちらもあわせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA