ギークリーの評判はどう?しつこい・最悪は本当?実態を検証してみた

woman
ゆか

ギークリーって使って大丈夫?

man
まっくす

ネットでの評判はよくないみたいだね。

ギークリーはITに強い転職エージェントです。

なかなかオンラインでも厳しい評判が多いですが、実態はどうなのでしょうか。

ここでは実体験も踏まえながら、ギークリーの評判に迫ります。

ギークリーの特徴

ギークリーのポイント

  • WEB・IT特化のエージェント
  • エンジニア以外の職種もカバー
  • サポートは合理的

WEB・IT特化のエージェント

ギークリーはIT・WEB特化の転職エージェントです。

IT関連職に関しては大企業の案件からベンチャー企業の案件まで多数をカバーしています。

エンジニア以外も対応

ITエンジニアだけを扱うエージェントが多い中で、IT企業のマーケティングや営業職などエンジニア以外の職種もカバーしています。

サポートは合理的

サポートは必要最低限で、求人を中心にサポートするタイプの転職エージェントです。

ある程度のの求人数を受けて、内定を獲得していくようなスタンスです。自走できるような人がIT系求人を探すのに相性がよいでしょう。

ギークリーに相談する

転職エージェントの評判が悪くなる3つの理由

ギークリーの評判を見る前に、そもそも転職エージェントの評判が悪くなりがちな理由を簡単に見ていきます。

不満を持った人がレビューを書く

オンラインのレビューを見るとわかりますが、どの転職エージェントにも不満はあります。

その理由の1つは、よいレビューはわざわざ書かないものの、悪いレビューはあえて書きたいという人が多いからです。

自分は転職エージェント経由で何回か転職していますが、一度もレビューを書いたことはありません。

転職がうまくいったら退職交渉に入社準備、入社後のキャッチアップとなかなか忙しいものです。わざわざレビューを書きたいとまではあまり思わないものです。

全員を満足させるビジネスではない

転職エージェントのビジネスモデルにも要因があります。

それは、転職エージェントは極めて単価の高いビジネスだということです。

転職が1人決まるたびに、「転職者の年収×30%前後」の費用が売上となります。

1人あたり低くても100万円以上になるわけなので、面談した人の一部が転職をしてもらえばいいわけです。

そのため、全員を満足させることが目的ではないので、不満を持つ人が出るのは仕方がない面もあります。

会社や担当との相性がある

たとえ総合型の転職エージェントでも得意・不得意はあります。

自分に合っていないところに行くと、十分なサポートを受けられないということもあります。

また、担当者によって能力や相性は異なります。

あなたへの提案内容も連絡頻度もかなりの部分が個人の裁量によって決まるので、相性が悪いと満足度は下がります。

ギークリーの悪い評判・レビュー

コミュニケーションが悪い

エージェントのコミュニケーションに評判があるという指摘が多数あります。

連絡が取れない
Fさん/男性/30代
面談では、たくさん受けるように勧められましたが、応募した求人の状況がわからず、こちらから連絡しても折返しの電話すらありません。
辞退できないと言われる
Oさん/女性/20代
面接で話してみて、合わないと思った会社を辞退するのが非常に大変でした。とくに内定辞退に関しては、脅すようなことも言われました。

カウンセリングがない

カウンセリングに関してもかなり詳細で辛辣な評判が多いです。いくつか紹介します。

大量に紹介するだけ
Sさん/男性/20代
希望を伝えると、40件ほどの求人を紹介されました。中には的はずれなものも多く、とにかく大量に応募させようとするだけでした。カウンセリングはほとんどないといってもいいです。
アドバイスはない
Gさん/女性/20代
ほかにも転職エージェントを活用しましたが、ここはカウンセリングは皆無でした。不安をあおるだけで、エージェントとしての機能はないです。

ギークリーのいい評判・口コミ

一方で、いい評判もあるので、そちらも見ていきます。

求人をたくさん紹介してもらえる

たくさんの求人が紹介してもらえるので、その点の満足度は高いようでした。

求人はたくさんある
Kさん/男性/30代
面談に行ったときに求人を50個くらい一気に紹介してもらえました。求人をたくさん紹介してもらうにはいいと思います。

返信が早い

人によっては対応が早く、よかったという声もあります。

返信が早いです
Fさん/男性/20代
自分の担当の人は返信は早く、スムーズに内定まで進んで良かったです。

個人的に利用して思ったこと

自分もIT系のキャリアなので、少し前ですが、相談したことがあります。そのときの印象はこのようなものです。

  • 求人の紹介は多い
  • 希望とまったく違うものも含まれる
  • IT系であれば、エンジニア以外の求人も問題ない
  • ある程度の応募数を重視している
  • 担当は若く、ほかのエージェントと比べると劣る
  • カウンセリングに期待してはいけない

ある程度、自走できる人が求人数を増やすための活用であれば、悪くないという感じです。

ギークリーに相談する

ただ、はじめての転職であったり、キャリアや選考に関してアドバイスして欲しいという人はほかの転職エージェントの方がいいと思います。

同じIT系であればワークポート、サポートして欲しい人はdodaがおすすめです。

ワークポートに転職相談する

dodaに転職相談する

ギークリーをうまく活用する2つのコツ

求人紹介として活用する

求人量に関しては申し分がないので、求人を中心に使うという方法はありです。

とくにIT系の人であれば、ベンチャーも多く総合型のエージェントではカバーしていない求人があることも多いです。

ギークリーに相談する

ギークリー以外の転職エージェントも利用する

転職エージェントは複数のサービスを併用するのをおすすめします。

  • 転職エージェントそれぞれに強みがある
  • 比べることで、いい・悪いが理解できる

1つは転職エージェントごとに強みが違うために、複数活用することでより効率的に転職活動を行うことができるからです。

ギークリーの場合には、選考サポートが強いサービスを併用するといいでしょう。選考に強い転職エージェントをいくつか紹介します。

ほかにも活用したい転職エージェント

ワークポートと合わせて活用するのにおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

doda

dodaのポイント

  • 求人件数が10万以上で、国内最大級
  • 書類の選考サポートもばっちり
  • 主体的に探すのにも使えるサービス

dodaはバランスがよく、サポート・求人ともに非常に高いレベルです。

求人数は10万件以上と国内でも最大級の量を誇ります。

自分にマッチする求人の紹介はもちろん、重要な選考書類の書き方のサポートなども充実しています。

dodaはスカウトの数が多かったり、自分で求人を調べる転職サイト的にも使えたりします。

積極的に転職したい人にマッチしています。

dodaに転職相談する

パソナキャリア

パソナキャリアのポイント

  • サポートが評判になるレベル
  • はじめての転職、女性の転職にも強い
  • ほかでは不利になる人でも大丈夫

パソナキャリアは大手の中でもサポートが抜群にいいです。

パソナキャリアは創業時からはじめての転職や女性の転職支援に力を入れています。

あらゆる人に手厚いサポートを提供しているということです。

求人数が多い中で、サポート体制が優れているという万人に勧められるエージェントです。

パソナキャリアに転職相談する

ワークポート

ワークポート

ワークポートのポイント

  • WEB・ITに強いが、総合求人にも対応
  • 求人紹介はたくさんある
  • 選考サポートは基本的にドライ

IT系であればワークポートも間違いないです。ワークポートはもともとIT専門でしたが、今は総合的に案件を紹介しています。

ベンチャーはIT関連が多く、ワークポートではこうした会社もサポートしています。

未経験転職にも強く、既卒・第二新卒のサポートにも対応しています。

サポートは選考対策というよりも、求人紹介をしっかりしてもらえるようです。

IT系に興味がある人や自分の経歴・学歴に自信がない人はぜひ活用したい転職エージェントです。

ワークポートに相談する

さらに知っておきたいこと

ここでは、ギークリーについて見てきました。

転職では、いかに転職サイトや転職エージェントを活用するかが非常に重要です。

また、どの転職サービスも使う人との相性があるので見極めが必要です。

ほかにも転職やキャリアに関してのコンテンツがありますので、ぜひこちらも合わせて読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA