上司が使えないのは逆にチャンス?仕事ができない・丸投げでも大丈夫

どの会社にも仕事ができない上司がいるかと思います。

そんな仕事ができない人が上司だと、モチベーションが下がる人もいるでしょう。

ただ、視点を変えると、仕事ができない上司をうまく活用できれば、仕事ができる上司よりも学べることが多い可能性もあります。

ここでは、なぜ仕事ができない上司がいるのかということと、その対処法について見ていきます。

なぜ仕事ができない上司がいるのか?

昔からいた

能力が高い人が昇進すると考えている人もいますが、会社はそんなに単純ではありません。

たとえば、新しい会社では「昔からいた」という理由で、昇進している人もいます。

規模が拡大していく会社であれば、初期の社員よりも相手から入ってくる社員の方が優秀ということはよくあります。

たまたま会社の調子がいい時期に昇進した人もいます。

そのタイミングでその場にいたからという人は多いものです。

昔は仕事ができた

昔は優秀だったという人も多いものです。

プレーヤーとしての仕事からマネジメントの仕事への変化にうまく適応できない人もいます。

前の会社では優秀だったのに、新しい会社では全然機能しないということもあります。

昔は頑張っていたものの、なんらかの理由でやる気がなくなってしまうような人もいます。

ずっと仕事ができなかったわけではないかもしれません。

仕事以外の理由で昇進している

一時ではあっても能力で昇進しているケースもあれば、能力とはほとんど関係のない昇進もあります。

たとえば、社長や役員に気に入られているからだったり、親のコネだったりということもあります。

二代目がしっかりしていない姿は会社のみならず、いろいろな場所でも見るかと思います。

ほかのことを頑張っている

あなたから見て仕事ができていないように見えても、あなたの見えていない仕事がたくさんある可能性もあります。

優秀な分、かえって大量の仕事を任されて、あなたが見える部分の優先順位が低いこともあります。

これも実際に上司になってみるとわかることですが、あなたの想像するよりも多くの仕事があるものです。

無能な上司をチャンスにする4つのプロセス

実際にそのような無能な上司に当たってしまった場合には、どのようにすればいいのでしょうか?

このような方法があります。

  1. 経験、スキルを蓄える
  2. 上司の力を活用する
  3. 社内でアピールする
  4. 社外でアピールする

1.経験、スキルを蓄える

もし上司が本当に仕事ができない場合には、徹底的にサポートしましょう。

たぶん、やれていない仕事がたくさんあります。

クオリティがイマイチなものもあるかもしれません。

自分の仕事を可能な限り早く終わらせて、手伝いましょう。

上司に任されているということは、あなたが任されるものよりも高度な仕事が多いでしょう。

丸ごとは難しくても、できる部分をサポートしていきます。

やっているうちに、どんどん能力は蓄えられますし、任される範囲も広くなるでしょう。

結局、成長スピードは仕事に依存します。

量をこなしたり、高度なものに取り組んだりすれば飛躍的に成長スピードは上がります。

2.上司の力を活用する

能力を身につけながら、さらに上司を活用できるようにしましょう。

あなたが、どれだけ優秀で頑張っても立場によって権限は違います。

手伝いたい他部署の仕事、導入したいツール、企画への提案などは上司の力を借りましょう。

仕事ができなくても、長く入る分、人脈は広いということもよくあります。

上司を使い倒すのが重要です。

3.社内でアピールする

成果を出したらアピールも重要です。

上司がイマイチの場合には、正しくあなたの成果が伝わらない可能性もあります。

しっかりとこの成果をアピールしておくことが重要です。

上司のさらに上司はまともで優秀ということもよくあります。

この人にあなたの成果が伝わるようにできれば、あなたの活躍の場は広がります。

あなたが成果を出したことが周りの人に認識できる状態を作りましょう。

4.社外でアピールする

あなたが頑張った結果、会社内で昇進したり、仕事が広がったりするのにも限界があるかもしれません。

社内で望んだものが得られればいいですが、そうでない場合には社外に求めるのがいいでしょう。

あなたがたとえ、管理職でなくとも上司の仕事をサポートした経験やスキルは転職先でも活きます。

せっかく身につけた能力を発揮できる場所に転職するのも非常に有効です。

まず、相談する

転職を考えるときにはまず、プロに相談しましょう。

転職は年齢が上がったり、転職回数が増えてしまったりすると、その後のキャリアの選択肢が減ってしまいます。

できるだけ若いうちに、できるだけ転職回数を少なくするのが肝です。

そのために活用したいのが、転職エージェントです。

転職エージェントはうまく活用すれば、非常に心強い戦力となります。

彼らはあなたに合った求人を紹介してくれたり、選考対策をしてくれたり、万が一落ちたときには理由も教えてくれます。

転職は繰り返すほど選択肢が減っていくので、1回1回が勝負です。

あなたが間違った方法で一生懸命活動してしまわないためにも早めに相談しましょう。

おすすめの転職エージェントがこちらです。

もちろん、リクナビNEXTマイナビ転職などは合わせて活用して問題ありません。

さらに知っておきたいこと

ここでは、あなたの上司がイケていないときに、どのように対応すればいいかを見てきました。

上司を最大限活用するのがポイントですが、能力を身につけたら発揮できる環境に身をおくようにしましょう。

ほかにもキャリアや転職に関するコンテンツがあります。こちらも合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA