40代・50代男性の転職は要注意!よくある5つの勘違いと克服方法

年齢が上がると転職のハードルはどんどん上がります。

40代・50代の転職は非常に難しいです。

その原因の一つに、求職者の意識と市場価値の乖離です。

とくに仕事を一生懸命やってきた男性の人にその傾向が強いです。

ここでは、5つのよくある勘違いを見ていき、克服方法までをご紹介します。

1.自分の市場価値が高いと考えている

この年代のほとんどの人が自分を市場価値以上に評価しています。

自己評価が高いことは悪いことではないのですが、このギャップが転職を難しくします。

転職を経験していない人では、この傾向はさらに顕著です。

40代・50代になると、専門性も上がり、給料も上がり、仕事と人のマッチングは難しいです。

また、40代以降の人向けに早期退職制度を準備するくらい人が余っている会社も珍しくありません。

この認識のギャップをいかに埋めるかが最初のポイントです。

克服法

  • 同年代で転職した人の話を聞く
  • 早めに会社に応募したり、転職エージェントに相談したりして、厳しさを知る

2.プライドが高くなっている

40代・50代で仕事に注力してきた人はそれなりに自負があります。

転職にあたっても自分の役職・会社規模・仕事・給与などにこだわる人も多いです。

これがネックになって、転職が進みにくいこともあります。

大企業出身の人でも、この年代で別の大企業というのは非常に難しいです。

選択肢を広げておくことが成功につながります。

これは転職した後も問題になる可能性があり、不明点を聞いたり、考えを変えたり、会社に慣れたりできずに苦労する要因になります。

克服法

  • 早めに会社に応募したり、転職エージェントに相談したりして、厳しさを知る
  • 肩書きや立場が通用しないコミュニティやサークル活動に関わる

3.転職を甘く見ている

上の二つとも関連しますが、転職を甘く見ている人が多いです。

前の転職がうまくいっているような人ほど危険です。

選考書類をしっかり作らなかったり、面接対策をしなかったりする人がいます。

本業での実績がある人でも転職のときには、対策を取らないと転職活動の能力は上がりません。

自己分析や会社の研究ができていないと、あっさり落とされます。

ただでさえ、20代・30代の人とも競合するような状況で、対策をしないと書類すら通らないことはよくあります。

ほとんどの人は、相当数の選考を受けて落ちた後に気づきますが、早めに対策をしておくとこれも防げます。

克服法

  • 同年代で転職した人の話を聞く
  • 自己分析、キャリアの棚卸しをする
  • 会社の研究を行う
  • 早めに会社に応募したり、転職エージェントに相談したりして、厳しさを知る

4.転職先はすぐに見つかる

20代であれば、多くの人は3ヶ月~半年くらいで新しい会社に転職できます。

おすすめはできませんが、会社を退職してから仕事を探すという選択肢もありえます。

40代以降でこの方法はNGです。

年齢が上がるとマッチングが難しくなり、転職に1年程度かかることも珍しくありません。

早期退職制度で退職した人や「少しゆっくりしたい」と思って退職した人が、なかなか仕事が見つからないということはよくあります。

そして、ブランクが長くなるとさらに敬遠されやすくなります。

よほどのことがない限り、会社には所属したままで、長期戦を覚悟して臨みましょう。

克服法

  • 会社は辞めずに活動する
  • 1年以上かかることも覚悟する

5.自力だけで進めない

若手であれば、リクナビNEXTマイナビ転職などの転職サイトを活用して自力で進めても大丈夫です。

ただ、40代以降の転職は工夫をしたいところです。

自力だけで進めてしまうと、ここまで触れてきたような落とし穴にもハマりがちです。

2種類の人の助けを借りるようにしましょう。

A.転職エージェント

転職エージェントはうまく活用できると、非常に力強いパートナーになります。

求人探しだけでなく、おろそかになりがちな書類対策や面接対策もサポートしてくれます。

求人は非公開求人が多数ありますし、転職サポートに関しても多くの転職者をサポートするプロで信頼できます。

ポジションが高くなると、表立って公開できない案件も増えて、非公開求人が増えます。

また、自力では書類や面接の対策はなかなか大変です。

経歴がよくても、書類や面接の対策がイマイチな人は本当に多いです。

ただ、唯一のネックは40代以降では「紹介できる求人がない」とサポートを受けられないことが増えることです。

彼らもビジネスなので、転職しやすい20代・30代がどうしても優先されるという側面はあります。

数あるエージェントの中でも比較的サポートされやすく、おすすめできる会社が以下の3つです。

転職エージェントが難しければ、東京しごとセンター(東京の求人・54歳まで)ハローワークを活用しましょう。

クオリティにばらつきはありますが、似たようなサービスを受けることができます。

B.友人や仕事上の人脈

40代以降の転職は総力戦で臨みましょう。

実際に転職した友人や上司・元同僚などに話を聞いたり、求人を紹介してもらったりしましょう。

どうしても年齢のハンデがあるので、転職サイトや転職エージェントの正攻法では、難しい場合もあります。

人脈経由の場合には、表に出ていない求人が見つかったり、あなたの仕事ぶりを知っている分で有利になったりするメリットがあります。

まったく知らない人を説得するにも比べて、はるかに簡単です。

年齢が上がると、周りにそれなりのポジションについている人も多いでしょう。

そうした人に紹介してもらえるように、コミュニケーションを取りましょう。

さらに知っておきたいこと

ここでは、40代求人の探し方について見てきました。

優先順位順に紹介しましたが、できることはすべてやるという気持ちが大事です。

成功させるための魔法の方法はありません。

地道に行動を積み上げていきましょう。

ほかにも転職やキャリアに関してのコンテンツがあります。合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA