30代の未経験転職は可能?未経験おすすめの職種・業種から成功法も

未経験転職は可能なら20代のうちに済ませたいものです。

それでも30代はまだ選択肢が十分にあります。

しっかりとポイントさえ押さえれば無理なく転職ができます。

ここでは、30代で未経験の仕事に転職したいという人にポイントやおすすめの職種をご紹介します。

30代転職の前提3つ

30代前半と後半で変わってくる

30代といっても前半と後半でまた変わってきます。

イメージとしては、30代前半はまだポテンシャルが考慮され、30代後半になるとポテンシャル評価はゼロになります。

つまり、30代前半はまだ未経験転職の余地があります。

後半になるにつれて、実績やスキルなどのアピールが重要になります。

転職しやすい仕事としにくい仕事がある

20代のときとは違い、すべての仕事で同じようなチャンスがあるわけではないです。

日本では新卒が優遇されることもあり、やはり新卒のときほどの選択肢はありません。

一方で30代前半であればそれなりに挑戦できる仕事は残っています。

業種と職種

仕事には、営業やエンジニアなどの職種金融業界やIT業界などの業種があります。

一般的には職種が変わる転職の方が難しく、業種が変わる転職の方がしやすいという面があります。

  • 商社で経理をやっていた人が商社で営業をやる
  • 金融業界で営業をやっていた人が商社で営業をやる

営業でも個人相手・法人相手、商品の種類、営業手法などの差がありますが、経理の人よりは変化に対応しやすいでしょう。

将来も考える

30代後半からは専門性、40代からはマネジメント経験が見られます。

次の転職を最後とする必要はありませんが、少なくともその後の計画については考えておいたほうがいいでしょう。

未経験で入社しやすい仕事は、

  • 長期的に待遇が上がりにくい
  • 業界が成長していない
  • 労働環境がよくない

などのリスクもあります。

目先のことだけでなく、その後のことも計画して臨むことが大事です。

40代になると選択肢は大幅に少なくなります。

未経験転職の3つのポイント

未経験転職を成功させるポイントが3つあります。

  1. テストをする
  2. 類似の経験につなげる
  3. ベンチャー企業・中小企業を狙う

テストをする

30代の転職では、20代のときよりもしっかりと考える必要があります。

おすすめしたいのは、その業務を体験しておくことです。

業務を体験すると2つのメリットがあります。

  • ミスマッチが減る
  • 転職のときのアピールにもなる

方法は職種にもよりますが、営業やプログラミングのように自分で試せるものもあります。

経理などの業務も簿記の勉強や会社の手伝いなどは考えられます。

ベンチャー企業に「土日だけでもいいので、手伝わせてもらえませんか?」といえば、OKしてくれるところもあるでしょう。

類似の経験につなげる

まったく同じ業務でなくてもアピールできることはあるものです。

簡単に3つほど見てみましょう。

  • 共通するスキル
  • 関連する経験
  • 意欲や熱意

共通のスキル

一番わかりやすいのは、共通のスキルです。

営業であればコミュニケーション、経理業務であれば数字の集計などです。

少しでも関連しそうなものを考えて、書類や面接でうまく結びつけられると有効です。

関連する経験

業務中にプロジェクトとして関わったり、手伝ったりしたものもありです。

業務外の趣味や副業でも経験としてしっかりアピールしましょう。

興味や意欲

スキルや経験がなければ、熱意をアピールしましょう。

すでにどういった勉強をしたり、何を試したりしているかを伝えましょう。

ベンチャー企業・中小企業を狙う

大企業を狙わなければさらに選択肢は広がります。

ベンチャー企業や中小企業は一般的にハードルは低いです。

すでにマネージャーがいて、社員を探しているようなベンチャーであれば未経験でも雇ってもらえる可能性があります。

転職以外の選択肢も検討する

30代前半の人はいいですが、後半になる人は転職をしないという選択肢もかなり有力です。

あなたが転職をしたいという理由にもよりますが、もし他の方法でも可能であればそれを検討しましょう。

社内での異動可能性はないか

今の会社である程度の実績がある場合は、ほとんどの場合で社内異動の方がはるかに簡単です。

何者かわからないあなたを評価と、すでに社内で実績を作っているあなたであれば、後者の方が高いのが通常です。

あなたの成果がイマイチだったり、会社があまりにも融通が利かない場合を除くと社内で検討するのが大事です。

少なくとも社内異動も相談したり、転職と併行して模索をしたりするのは大事です。

「退職されるくらいなら、異動をしてもらう」という決定は実はよくあります。

副業でできないか

どうしてもやりたいことがあるという場合には、いきなり転職せずに副業などで試す方法もあります。

副業は解禁されていく流れなので、今の会社で副業が禁止されていなければ、そこで取り組むという方法もあります。

自分の適性がわかりますし、いざ転職するときのアピールにも使えます。

未経験ではなくする

社内や副業で難しそうであれば、転職を考えましょう。

それでも今までの経歴がもっとも活きる形でするのが重要です。

営業と接客などのように近い職種を探したり、自分のスキルや経験が活きたりする仕事を選びましょう。

見せ方次第では、不利になりにくいアピールができるかもしれません。

直接狙うよりも、異動に柔軟な会社に入社し、そこで実現するほうが可能性は高くなるかもしれません。

転職エージェントにも相談する

転職を考える際には、転職エージェントにも相談しましょう。

30代であれば、多少の業務経験があるかと思います。

自分のスキルや経験が活きる仕事を探すのには、プロに相談したほうが早いです。

それまでの経験を活かして異業界・異職種に転職する例も少なくありません。

自分で幅広く、業界・職種を見ても難しいため、あらゆる仕事に詳しいプロに相談しましょう。

それでも、どうしても未経験で転職したいという人は転職しやすい職種を選びましょう。

これはあくまでも、それまでの経験がまったく活きないという前提での転職しやすさです。

自分の経験を活かすのを第一で考えましょう。

こちらがその例です。

  1. 営業職
  2. 接客業
  3. 飲食店勤務
  4. ITエンジニア
  5. 工場勤務
  6. ドライバー
  7. 介護職
  8. 清掃員
  9. 警備員

1.営業職

営業も可能性があります。

ただ、30代未経験可ということは少なからず、ハードな職場にはなります。

歩合制だったり、離職率が高かったりするような職場です。

こうした会社は、Vorkers転職会議などのサイトでしっかり調べれば、かなりを防げます。

営業職求人は、リクナビNEXTWORKPORT東京しごとセンターなどで見つかります。

2.接客業

接客業も未経験での可能性がある職種です。

営業のようなハードな企業は少ないですが、長期的に給料を上げていくのは難しいです。

それまでのマネジメント経験が活きるという理由で、接客のマネジメントに携わる人はいます。

こちらもリクナビNEXTdoda東京しごとセンターなどで見つかります。

3.飲食店勤務

飲食店も未経験で可能性があります。

アルバイトから、正社員、店長など、ポジションを上げていくこともできます。

アイティーケーといった飲食専門サイト、リクナビNEXT東京しごとセンターなどで探しましょう。

4.ITエンジニア

ITエンジニアの選択肢はあります。

未経験で直接では厳しいため、自分で最低限の勉強をしたうえで、臨むことになります。

可能ならプログラミングスクールなどを活用しましょう。

年齢制限があるケースもありますが、転職までサポートしてくれるサービスもあります。

別記事でも紹介しています。

5.工場勤務

工場勤務は未経験で可能な仕事もあります。

軽作業のように、力がそこまでいらない仕事もあり、多くの人が対応可能なものです。

イカイジョブお仕事情報ネットなどの工場専門サイト、リクナビNEXT東京しごとセンターなどで探しましょう。

6.ドライバー

ドライバーも人材が足りないことが多いです。

中高年でも採用されやすいのがポイントです。

運転が好きという方には向いているでしょう。

トラック運転手タクシーの専門サイト、リクナビNEXTなどで調べましょう。

7.介護職

介護も常に人が足りていません。

待遇は非常にいいわけではありませんが、資格を取ったりして専門性を高めたりすることはできます。

30代であれば、かいご畑リクナビNEXT東京しごとセンターなどで見つかります。

8.清掃員

清掃員は人が集まりにくい職種のため、仕事が見つかりやすいです。

ビルなどの建物でも若い清掃員の人を見ることは少ないかと思います。

リクナビNEXT東京しごとセンターハローワークなどで探しましょう。

9.警備員

警備員は高齢化が進んでいて、30代の場合には、かなり若手になります。

工事現場の警備から、ビルなどの警備まで幅広いものがあります。

リクナビNEXT東京しごとセンターハローワークなどで探しましょう。

さらに知っておきたいこと

ここでは、30代の未経験転職について見てきました。

未経験はあまりにも厳しいので、可能なら避けたいところです。

人のサポートを借りながら少しでも有利になる方法で転職ができるようにしましょう。

ほかにも転職やキャリアに関してのコンテンツがあります。合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA