40代転職・再就職で失敗する人・成功する人の10の違い!成功確率を上げる

woman
ゆか

40代の転職ってそんなに難しいの?

man
まっくす

ほとんどの人がこんなに厳しいと思わなかったって言ってるね

40代になると、転職のハードルはかなり上がります。

  • 前の転職では大丈夫だった
  • 自分は大企業出身だから問題ない
  • 少なくとも給料は維持できるはずだ

こういった人たちの大半が、すぐに現実を知ることになります。

ここでは、40代で起こりがちな失敗例を分析して、その対策をそれぞれ紹介します。

40代転職は不可能ではないですが、簡単ではないです。

以下に厳しい内容もあるかもしれませんが、対策をすることでかなり改善できます。

1.転職マーケットを知らない

もっともよくあるのが、転職マーケットを知らないということです。

とくに転職未経験の人の場合には、自分の市場価値を知ることはほとんどありません。

大手企業にいる場合にはさらに深刻で市場価値を考える機会もなく、自分の会社での評価がすべてだと考えてしまいます。

ミドルの転職に携わるほぼすべての人が、このギャップがもっとも多いことを指摘しています。

あなたの会社での評価と転職市場での評価はあまり関係がありません。

ニーズが多い仕事や他の人にできない仕事などの付加価値が問われます。

対策

2.自分の価値を客観視できない

転職未経験者、大企業出身者の大半が自分の価値を過大評価しています。

「自分は大丈夫だ」と思っている人もほとんど当てはまります。

残念ながら40代の採用ハードルは非常に高いです。

たとえ経験者であっても、30代の人を好みます。

あなたが20代や30代のライバルに比べて、圧倒的に経験やスキルにおいて優れていないとなかなか採用されません。

これを早い段階で、受け入れられると成功確率が上がります。

そうでない人は、ずるずると転職が伸びてしまい、さらに厳しくなります。

対策

  • 早い段階で、求人に応募し、書類で落とされる経験をする
  • 具体的な自分の希望求人を探し、理想が高いことを認識する
  • 転職エージェントに相談する

3.転職を甘く見ている

仕事では有能な人でも転職を甘く見ている人がいます。

「自分はちゃんとスキルや経験を積んでいるので評価されるだろう」と考えている人は要注意です。

仕事の結果がわかる社内での評価と違い、選考での評価はあくまでも書類や面接を踏まえた評価です。

「仕事ぶりを見てもらえばわかるだろう」というのは甘えです。

会社でのプロジェクトのように、転職に取り組みましょう。

意外と転職を甘く見て、書類の質が低かったり、面接でうまく答えられなかったりする人は多いです。

仕事の能力と転職の能力はまったく別です。

40代で対策なしのラッキーパンチに期待するのはやめましょう。

対策

  • 会社で、「転職を絶対に成功させる」という仕事を命じられたと考えて動く
  • 市場調査をしたり、競合を調べたり、商品(自分)の販売戦略を考える
  • 自分をいかに採用担当者・決定者に売り込むかを全力で考える

4.希望条件が厳しい

ここまでができている人はたいてい問題がありません。

そうでない人はここでもつまづきます。

「前職では、年収1,500万円もらっていたから、同程度は欲しい」というような人も多いです。

専門性が高く、需要もある仕事であればさほど問題にならないのですが、多くの人が当てはまるものではありません。

  • 大企業がいい
  • 年収は絶対〇〇万円以上
  • 役職がほしい
  • 業界・業種は変えたくない
  • 東京23区内がいい

このような希望の人が結構多いです。

「渋谷駅徒歩3分、1LDK、南向き、家賃5万円以内」の物件が見つからないことはすぐにわかるかと思います。

転職市場を理解し、自分の市場価値を理解しないと的はずれな条件になってしまうことも多いです。

対策

  • 具体的な自分の希望求人を探し、理想が高いことを認識する
  • リクナビNEXTビズリーチに登録しておき、どのようなスカウトが来るか(来ないか)を知る

5.素直じゃない

比較的早く決まるかどうかは、その人が素直かどうかにもよります。

市場を調べて自分の価値をすんなり受け入れる人は、周りの協力を得ながら比較的早く、決まります。

一方で、転職エージェント・ハローワーク・転職した友人の話などを受け入れない人もいます。

こうした人は、何ヶ月も決まらずに疲弊したり、実際に相当数落とされたりしてはじめて自分の状況がわかります。

年齢が上がるとプライドが高くなり、年下の転職エージェントの話を素直に聞けない人もいます。

また、社内で立場のある人は、無意識に上から目線の人もいます。

そもそもの意識を変えないと、1年以上仕事が見つからないということもあります。

実際に転職した人や転職したい人を日々サポートしている人の意見はしっかり聞くようにしましょう。

対策

  • 失敗した人の体験談を読む
  • 客観的な転職の実態情報を知る

6.転職回数が多い・ブランクが長い

40代にかかわらず、年齢・転職回数・ブランクは多くの会社で気にされる要素です。

年齢はどうしようもないですが、転職回数・ブランクは増やさないようにしましょう。

40代で転職回数2~3回であればそこまで気にされることはないでしょう。

注意が必要なのは、早期退職からの転職活動です。

早期退職をして、しばらく旅行に行ったり、ゆっくりしたりしてから転職活動をはじめる人もいます。

ただ、上で見てきたように転職に対する知識や覚悟が足りていないために、なかなか決まらないことがあります。

離職中の転職活動は精神的にプレッシャーを感じやすいですし、ブランクが長くなるとさらに不利になります。

対策

7.年齢に応じたスキルがない

会社を超えて通用するスキルをポータブルスキル(Portable skill)と呼びます。

Portableは持ち運びできるということです。

  • 社内での稟議の書き方がうまい
  • 社内で他部署の知り合い多い
  • 自社製品に詳しい

などは、転職すると使えなくなってしまうものです。

マネジメントスキルやビジネススキルは、転職しても活用しやすいものです。

40代ではマネジメントの経験も求められることが多いです。

このスキルに関しては客観的に見ることが難しいです。

自分では当たり前と思っていたものが、実は価値のある経験や能力ということも珍しくありません。

転職エージェントやハローワークなどで、キャリアカウンセラーの人に見てもらいましょう。

対策

  • 社外で使えるスキルも身につけておく
  • 自分のスキルを整理して、
  • リクルートエージェントなどのエージェントでプロに見てもらう

8.熱意が伝わらない

熱意やポテンシャルというと新卒や20代のイメージがあるかもしれません。

ただ、これは年齢が上がっても重要な要素です。

志望動機が表面的なものになってしまったり、面接でやる気がないと見られたりするケースも多いです。

スキルだけでなく、「一緒に働きたいか」、「結果を出してくれそうか」などは印象で決まる部分は大きいです。

ジェネラリストとして働いてきたような方は、熱意とスキルを結びつけないと「なにがしたい人なのか」が伝わりにくいです。

しっかりキャリアを棚卸しして、将来を考えて、自分はどんな仕事をしたいのかを考えておきましょう。

対策

  • 自分の将来や過去を分析する
  • プロの面接対策を受ける

9.会社を調べない

転職後の短期離職は少なくありません。

入社後にわかるミスマッチもありますが、入社前に防げるようなものも多いです。

短期で離職すると、負のスパイラルに入ってしまうので、避けたいところです。

  • 知り合いに聞く
  • オンラインで調べる
  • 転職エージェントに聞く
  • 口コミサイトで調べる

など調べ方はいろいろあります。

おすすめは口コミサイトで、Vorkers転職会議などで調べるのが有効です。

中小企業や採用数が少ないところはでないこともありますが、それでも多くの会社に対応しています。

対策

  • 知り合いに聞く
  • オンラインで調べる
  • 転職エージェントに聞く
  • 口コミサイトで調べる

10.若いときと同じ方法で受ける

求職者を年齢で差別することは禁止されています。

そのため、外からは実際に何歳まで募集しているかをわからないことがよくあります。

表向きは募集していても書類選考で半自動的に40代以降は落とすことは珍しくありません。

そこで、20代・30代と争わない方法があります。

  • 直接応募
  • 知り合い経由応募

あなたが本当に入社したい会社があれば、直接応募をしても問題ありません。

リスクは無視される程度です。

同じように、知り合い経由で求人に応募する方法もあります。

履歴書や職務経歴書とは別に提案書類を用意したり、アピールをしたりする方法はたくさんあります。

そのような工夫も考えてみましょう。

対策

  • 転職サイト、転職エージェント以外のあらゆる方法も活用する

11.自力ですべてやろうとする

自力ですべてを進めると失敗しやすいです。

上で見たように、注意した方がいいことは多いです。

すでに10回転職しているという人はいいですが、そうでない人は最初からプロに相談したほうがいいです。

自分で試してみて、うまくいかないことがわかってから相談する人もいますが、時間がもったいないです。

ただでさえ、転職ではやることがたくさんあります。

  • 自己分析
  • 求人探し
  • 書類対策
  • 面接対策

在職中に進めるとなると、何十社も面接に行くということは難しいです。

そもそも40代向けの求人はなかなか見つかりません。

  • 求人探し
  • 書類対策
  • 面接対策

を効率的に進めるためにも、転職エージェントに相談しましょう。

彼らは転職のプロでこのようなサポートが期待できます。

  • 転職の進め方
  • 該当業界・業種の求人状況
  • 自分の市場価値・アピールポイントのアドバイス
  • 自分の希望に合った求人探し
  • 行きたい会社に内定する可能性
  • 選考書類の書き方・チェック
  • 面接対策のアドバイス

少なくとも転職を数回しか経験しないあなたよりも、彼らははるかに多くの人の転職をサポートしています。

ただ、1点だけ注意が必要なのは、彼らもビジネスでやっています。

残念ながら転職のサポートが難しそうな人はサポートを受けられないことがあります。

ここでは、40代の人でもサポートしてくれる可能性が大きいサービスをいくつか紹介します。

複数登録して、マッチしたところと進めていきましょう。

落ちても気にしないのが重要です。

転職サイトでも自力で探しましょう。使えるものはすべて使います。

さらに知っておきたいこと

ここでは、40代転職の失敗・成功パターンを見てきました。

知識がないまま進めると大変ですが、対策次第でコントロールできるものもたくさんあります。

しっかり知識をつけて、成功確率を少しでも上げましょう。

ほかにも転職やキャリアに関してのコンテンツがあります。

こちらも合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA