女性おすすめの転職エージェントランキング!上位6つと失敗しない活用法

女性におすすめの転職エージェントがあることはご存知ですか?

転職エージェントは性別で分けているところが少ないですが、実は得意・不得意が明確にあります。

ここでは、女性に強いエージェントの選び方から活用方法までご紹介します。

女性に強いエージェントを活用すべき3つの理由

女性のライフイベントに備える

女性は結婚や出産というライフイベントがあります。

そのときに、産休・育休・時短勤務という柔軟な働き方が取りやすい会社とそうでない会社は明確にあります。

こうした会社は、女性でも出世がしやすかったり、差別がなかったりとメリットも多いです。

女性に強いエージェントは、このような女性に優しい求人を多数揃えています。

外から内情はわかりにくい

女性が活躍できる会社かどうかは外からはなかなかわかりにくい部分があります。

適切なエージェントに相談できれば、女性が働きやすい会社の求人を代わりに探してもらえます。

情報が少ない会社も多いですし、1つ1つ調べるのは大変ですので、プロに頼った方がいいです。

女性転職のアドバイス

上で見たように、女性の転職では気をつけるポイントがいくつかあります。

こうしたことをわからずに活動を進めるのと、理解して進めるのは効率が大きく変わります。

ぜひ、女性転職のプロに相談をしましょう。

女性おすすめの転職エージェント6選

ここから具体的なエージェントを紹介します。

上で見てきたようにポイントは、大きくこの2点です。

  • 女性にとっていい求人が多いか
  • アドバイザーは女性転職に詳しいか

この視点からおすすめできるエージェントを紹介していきます。

1位:サポートのパソナキャリア

パソナキャリアは求人数と転職エージェントのサポートが抜群にいいです。

求人内容

まず、求人数は大手の総合型ですので、圧倒的な量を誇ります。

女性活躍の求人もたくさんあり、ほとんどの場合にカバーができるでしょう。

女性へのサポート

もう1点の女性転職に関しても歴史が違います。

パソナキャリアは40年以上前の創業時から女性の転職支援に力を入れています。

実際に、このようなメッセージもあります。

創業40周年を迎えるパソナグループでは、創業時から女性の就労支援をおこなってきました。 長期的に活躍していきたい方、専門スキルを伸ばしたい方、管理職に挑戦したい方など、 目指したい働き方を実現できるキャリアパスを一緒にお探しします。

大手エージェントで起こりがちな、強引な案件紹介や見込みの低い人の放置がほとんどない会社でもあります。

このような背景からパソナキャリア総合的に非常におすすめできるエージェントです。

パソナキャリアで相談する

2位:バランスがいいdoda

dodaは大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントのサービスです。

業界最大級の求人数はもちろん、女性の転職でも評価されています。

求人内容

求人数はリクルートエージェントと並び、国内最大級のレベルです。

Woman Careerという女性の求人特集も取り扱っています。

女性のサポート体制

dodaもサポートの評価が高くなっています。

女性エージェントも多数いますし、求人だけではなく、選考対策もばっちりです。

選考書類の添削などのサポート体制に関しても評価されています。

サービスも、スカウトの数が多かったり、自分で積極的に求人を調べる転職サイト的にも使えたりもします。

悪い評判が少なく、こちらも女性におすすめできる転職エージェントです。

より積極的に転職したい人にマッチしています。

dodaに相談する

3位:type女性の転職Agent

やはり女性専用の転職サービスの方が安心という方もいるかと思います。

@typeという転職サービスを運営している会社の女性専用エージェントです。

求人内容

求人件数は転職超大手と比べると、やや少ないという面はあるでしょう。

ただ、女性専用サービスなので、すべての求人がターゲットになりうるということもあります。

サポート体制

サイトを見てもらえばわかりますが、キャリアアドバイザーも大半が女性になっています。

相当女性に力を入れていることがわかります。

また、type転職エージェント自体も丁寧なサポートに定評があります。

やっぱり女性専用が安心という方はぜひ活用しましょう。

通常の総合型と比べてもいいでしょう。

type女性の転職agentに相談する

4位:若者に強いマイナビエージェント

マイナビエージェントは名前の通り、マイナビが運営しています。

新卒に強いイメージですが、20代~30代の若手からの評判がいいエージェントです。

求人数

リクルートエージェントdodaには劣りますが、若手向けの求人は豊富にあります。

女性専門のサイトもありますので、女性向けの求人数は心配がありません。

サポート体制

書類対策や面接対策など、はじめての転職や若手の転職にも対応できるサポート体制です。

人気企業に行きたい場合には、登録しておきたいエージェントです。

マイナビエージェントに相談する

5位:年収400万円以上のリブズキャリア

リブズキャリアキャリア女性のための転職支援サービスです。

過去最高年収が400万円以上の人が対象のサービスです。

求人内容

取り扱いのある求人もコンサルティング、IT大手、メーカー大手企業のものが多くなっています。

量よりも質でキャリアを追求したい方向けのもののようです。

サポート体制

女性を中心のアドバイザーがサポートしているようです。

女性もサポートするほかの会社と異なり、女性向けのメディアも運営していたり、女性×キャリアの専業です。

大手エージェントの画一的なサポートではなく、専業ならではのサポートが期待できます。

年収400万円以上の人はぜひ登録したいエージェントです。

リブズキャリアに相談する

6位:年収600万円以上のビズリーチ

年収600万円以上という女性はビズリーチをおすすめします。

転職サイトがメインですが、エージェントからの連絡もたくさん来ます。

求人内容

年収帯によって表示される案件が変わりますが、それでも1,000万円以上の案件が多数あります。

レジュメさえ登録しておけば、スカウトが企業や転職エージェントから来ます。

サポート体制

サポートは連絡を取る転職エージェントによって大きく変わります。

ただ、ビズリーチ内のレビュー機能があるので、そこで個人の評価がチェック可能です。

求人探しをあらゆる企業がやってくれるというのが一番のサポートでしょう。

ビズリーチで探す

エージェントを最大限活用するポイント

複数エージェントに相談しておく

上では、総合型を見ましたが、ほかにも業界・職種などに特化したエージェントがあります。

複数のエージェントと話して、自分に合ったところを選択しておきましょう。

分類 サービス 特徴
IT・
WEB
WORK
PORT
IT専門から
総合まで幅広く
IT
エンジ
ニア
レバテック
キャリア
エンジニア
デザイナー求人
Tech
Clips
高年収・高待遇
エンジニア専門
管理
部門
MS-
Japan
管理部門特化
広告・
PR
シンアド 広告・PR・
デジタル業界
飲食 Foods
Labo
飲食求人
アパ
レル
ファッ
ショーネ
幅広い求人
介護士 ジョブ
メドレー
求人多数
看護師 ナースで
はたらこ
 
求人多数
看護の
お仕事
柔軟に
応募可能
薬剤師 薬キャリ 求人多数
マイナビ
薬剤師
 
拠点多数

意欲は高く、印象はよくする

転職エージェントの人はビジネスでやっていますし、人間です。

転職がうまくいきそうな人・サポートしやすい人を優先的に対応します。

学歴・職歴・転職回数などは影響しますが、そこはいまさら変えられません。

  • 時間どおりに面談に行く
  • 自分なりの希望や質問をまとめておく
  • 面談のときの印象をよくする
  • 女性は社外の人と会うときの格好
  • まめにコミュニケーションを取る
  • レスを早くする
  • ビジネスマナーを守る

こういったことを守って、少しでも印象をよくしておきましょう。

あなたが反対の立場だとしてスウェットで、面談に遅れて、スマホをいじりながら話を聞く人をサポートしたいですか?

相手も同じです。最低限、できることをやるとチャンスが広がります。

嘘をつかない

自分をよく見せようとして嘘をついたり、素直でなかったりする人がいます。

  • 学歴・経歴を偽る
  • 履歴書・職務経歴書にこまかい嘘がある
  • 自分の本当の要望を伝えない

あなたが正しくないことを伝えてしまうと、エージェント側ではサポートできなくなってしまいます。

伝えにくいこともあるかもしれませんが、情報は多いほうがミスマッチが減ります。

あなたがネガティブに思っていることでも、あらかじめ相談しておけば対応可能なものもあります。

本音を話せばいいわけではない

一方で、あなたの資質が疑われかねないものは伝え方を注意しましょう。

「次の会社もすぐ辞めたいと思っています」、「前職は上司がだるくて辞めました」、「給料以外はどうでもいいです」

こんな人は、サポートしたくないですよね。

会社も個人も柔軟に変える

会社にも個人にもこだわらないようにしましょう。

エージェントはたくさんあるので、可能な限り、数社を利用しましょう。

担当者を変える方法

担当者変更は大手エージェントであれば、珍しいことではありません。

具体的には、このような文章を送って担当を変えてもらいましょう。

お世話になっております。いつもご支援いただき、ありがとうございます。

○○様には大変お世話になっておりますが、ご紹介いただく案件が少し希望のものと離れているものが多い印象を受けています。

大変申し訳ありませんが、別の方にも相談させていただくことはできますでしょうか。

理由部分は、ほかのものでも大丈夫です。

「コミュニケーションが難しい」、「正直、相談がしにくい」などできる限り、失礼にならないように伝えましょう。

さらに知っておきたいこと

ここでは、女性の転職エージェント活用について見てきました。

転職エージェントを活用することで、転職の成功確率は大幅に上がります。

ほかにも転職エージェントや転職について知りたい方はこちらもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA