既卒・既卒者とは?既卒の意味・定義と新卒・第二新卒・中途との違いまで

woman
ゆか

既卒って既に卒業した人全員を指すの?

man
まっくす

大学を卒業してから就職活動をしている人を指すことが多いね

既卒という言葉を聞いたことがありますか?

「きそつ」と読み、文字通り「既に大学などを卒業している人」を指します。

日本では、卒業前に就職活動を行い、あらかじめ内定をもらい、卒業とともに会社に入社して働き始める人が多いです。

そのタイミングでなんらかの理由で会社が決まらないまま、卒業する人たちもいます。

ここでは、その既卒・既卒者に言葉の意味を関連用語にも触れながら、実態に迫っていきます。

既卒・既卒者とは?意味と定義

既卒というのは比較的最近の言葉です。おもに、このような人を指します。

  • 大学や専門学校、高校などをすでに卒業した人
  • 正社員や契約社員として、会社で働いた経験がない人

既卒も既卒者もほとんど意味は変わりません。

単純に既卒といって既卒者を指すこともあります。

在学生や短くても社会人経験がある人は既卒には含みません。

年齢制限はあるのか?

既卒採用という意味合いで、年齢制限されることはあります。

多くの企業では20代までで、卒業後3年以内までの人を指すことが多いようです。

新卒との違いは?

在学中か、卒業済みかという点以外はほとんど違いはありません。

ただ、採用においては新卒よりも不利になることが多く、あえて卒業しない人たちもいるくらいです。

第二新卒との違いは?

社会人経験があるかないかという違いです。

たとえ、新卒の会社を数ヶ月で退職しても、第二新卒というカテゴリーになります。

中途採用との違い

少しでも社会人経験がある場合には、中途採用になるのが一般的でした。

ただ、卒業後3年以内で離職したような人は、本人も採用ニーズも新卒に近いことから第二新卒という新しいカテゴリーが生まれました。

既卒の採用とほかの採用の違いは?

既卒の採用というのは、やや特殊性が高いものとなります。

位置づけとしては、社会人経験もないため、新卒とほとんど変わらないのですが、新卒採用が受けられない会社も多いです。

その一方で、中途で求められるような即戦力のないため、一般的な学生よりもやや不利になってしまいがちです。

新卒採用との違いは?

既卒でも新卒採用を受けられる会社では、ほとんど違いがありません。

ただ、既卒は新卒採用を受けられないとする会社も少なくないので、選択肢の多さという意味で新卒よりも少ない傾向があります。

第二新卒採用との違いは?

第二新卒の場合には、短くても社会人経験があるという点で、企業側は、ポテンシャルに加えて

  • ビジネスマナー
  • ビジネススキル

を期待するという違いがあります。

中途採用との違いは?

中途採用においては、若手であっても即戦力であることや専門性が求められます。

既卒では、あくまでもポテンシャル重視なので、選考基準が大きく異なります。

既卒の事情

当人たちの事情

既卒となる人にはさまざまなパターンがあります。

  • 単純に就職活動をしなかった
  • 就職活動をしたのに、内定がもらえなかった
  • 内定をもらっていたのに、断った
  • 内定をもらっていたが、内定取り消しとなった

現状の採用制度では、既卒が不利になることが少なくないので、あえて卒業しないという選択をする人もいます。

就職留年・就職浪人

内定がもらえなかったり、自分の気に入った会社に落ちてしまったりした人の中には、もう1年就活をする人もいます。

このような人たちを就職留年・就職浪人と呼ぶことがあります。

あまり本質的ではないのですが、現状の制度では既卒が不利になることが多いため、場合によっては数十万円の費用を支払い、学校に残るという選択をします。

会社側の事情

人は足りない

会社としては、現役の学生だけでは十分に採用できないという事情があります。

そのため、既卒・第二新卒の人も積極的に採用する会社も多くなっています。

柔軟性も足りない

第二新卒以上に対応ができていない会社も多いです。

たとえば、厚生労働省の実施する労働経済動向調査で、既卒者に関して次のように触れられています。

  • 事業所で新卒枠の採用を行った事業所の割合が62%
  • そのうち、既卒者が新卒枠で応募できた事業所の割合は、全産業で43%で、そのうち採用にいたったのが47%
  • 卒業後の経過期間に上限がある事業所が37%で、そのうち卒業後3年以内としている事業所が93%

新卒枠で採用を行った企業のうち、既卒でも応募できた企業は7割程度です。

多いように思えるかもしれませんが、残りの3割は応募不可となっています。

既卒は選考においても受け入れにおいても新卒同様に対応すれば、なんの問題もなさそうですが、企業側の柔軟性はまだ足りないようです。

既卒就職のポイントは?

就職活動のプロセスは大きく4つです。

  • 自己分析をする
  • 求人探しをする
  • 書類対策をする
  • 面接対策をする

プロセスごとにそれぞれのポイントを見ていきます。

自己分析・反省をする

すでに就職活動のときにしている人もいるかもしれません。

あらためて、自分のやりたいことや志望業界なども考えましょう。

志望を狭めない

よくあるパターンは、志望業界や企業を絞りすぎていることです。

既卒であれば、なおさら幅広く検討するようにしましょう。

就職活動を反省する

もう1つは、就職活動の反省をしっかりしておくことです。

自分での振り返りも重要ですが、可能なら社会人の先輩だったり、人事関係者だったりとも話しておくのがいいでしょう。

自分では気づかないことを指摘してもらえる可能性があります。

求人探しを工夫する

既卒では求人探しも工夫しましょう。

既卒案件を調べる

リクナビリクナビNEXTで「既卒」などで検索をするとたくさん出てきます。

新卒採用では既卒を受け付けていなかったり、中途採用では経験者のみということもあります。

明確に既卒OKの求人を受けていくのがポイントです。

エージェントに相談する

既卒の人向けに就活をサポートするエージェントがあります。

上でも見たように、既卒の内定率は半分以下になっています。

少しでも成功確率を上げるために自分の力だけでなく、サポートを得ることが重要です。

こうしたエージェントは、既卒採用に積極的な会社と連携していますし、選考の対策に関してもプロです。

マイナビジョブ20’sワークポートハタラクティブなどを活用しましょう。

担当者によって、サポートの質はさまざまです。

複数のエージェントと話したうえで、一番よさそうな人と連絡を取っていくのがおすすめです。

書類対策をしっかりする

書類の対策は新卒のときと変わりませんが、時間があるので、再度チェックしましょう。

自分で確認するだけでなく、ほかの人にも見てもらうことが重要です。

面接対策をしっかりする

面接対策はかなり重要です。

就職活動で一定数の会社を受けたうえで、内定が獲得できなかった人は万全に対策をしましょう。

新卒や既卒の就職活動で重要なのはポテンシャルです。

ただ、ほとんど判断材料がないため、実際にはパッと見た印象や話し方、質問に対する準備のような基本的な内容で選考されます。

これはトレーニングが可能で、対策をすることで飛躍的によくなります。

たとえば、このようなものはかなり典型的な質問ですが、うまく答えられない人もいます。

  • 志望動機は?なぜ他の会社ではないのか?
  • 自己PR
  • なぜ就職活動をしなかったのか? なぜ内定が出なかったのか?

転職エージェント、ハローワーク、出身大学のキャリアセンター、知り合いの人事でもだれでもいいので、徹底的に練習しましょう。

評判をチェックする

既卒OKな会社のパターン2つ

既卒でもOKという会社には、2パターンあります。

1つは、既卒であっても優秀な人はいるので、フラットに見てみたいという会社です。

もう1つは、離職率が高く、既卒でも誰でもいいので、人が足りないから採用したいという会社です。

どちらの会社を受けるべきかはわかるかと思います。

社会人経験がない中で、自力でこうした会社を見分けるのは困難です。

口コミサイトをチェックする

有効な方法としては、Vorkers転職会議などの口コミサイトをチェックすることです。

大量採用の企業であれば、ここでの評価を見ればだいたいわかります。

慣れると、サクラのコメントや信ぴょう性の低い情報もわかります。

有名だから安心ではない

ちなみに、上場企業だから、有名企業だから安心というわけではありません。

上場企業でも新卒が半年で半分になるような会社はざらにあります。

面倒でも、ちゃんと個別企業をチェックするのが重要です。

他人の力を借りる

就職活動をすべて自分の力だけで進めるのは大変です。

ただでさえ、やることがたくさんあります。

自己分析はあくまでも自分の仕事ですが、求人探しに書類対策、面接対策をしていると多大な時間と労力がかかります。

友人や家族に相談するのもいいですが、彼らは就活・転職のプロではありません。

エージェントに相談する

エージェントに相談をして、プロのアドバイスを受けることで、成功確率は大きく上がります。

僕自身も転職活動のときには必ず、エージェントに相談しています。

それは、彼らしか持っていない情報や彼らしかサポートできないことがたくさんあるからです。

たとえばこのようなものです。

  • 就職・転職の進め方
  • 該当業界・業種の求人状況
  • 自分の市場価値・アピールポイント
  • 自分の希望に合った求人
  • 行きたい会社に内定する可能性
  • 選考書類の書き方・チェック
  • 面接対策のアドバイス

こうしたアドバイスは就職活動でも同じく有効です。

プロから無料でアドバイスをもらえる機会を捨てるのはあまりにもったいないです。

エージェントの質をチェックする

1つだけ注意が必要なのは、社会人経験が少ない場合には、エージェントの質を判断するのが難しいかもしれません。

対策をいくつかご紹介します。

  • 複数のエージェントに相談し、比較する
  • 実際に紹介された求人を口コミサイトなどでダブルチェックする
  • 自分の将来のことを考えているか、とにかく入社させようとしているかを考える
  • 書類や面接に対するアドバイスをもらい、的確かどうか判断する
  • 自分の質問に真摯に答えてくれるかをみる

このように、自分でもチェックすれば、よりよいエージェントに出会える可能性が上がります。

おすすめのエージェント

就職活動の成功確率を少しでも上げるために、エージェントに必ず相談しましょう。

既卒の人をサポートするエージェントは限られています。

その中でもおすすめできるエージェントをご紹介します。

もちろん、リクナビリクナビNEXTなどの転職サイトも併行して使いましょう。

さらに知っておきたいこと

ここでは既卒・既卒者の実態について解説しました。

長期的には新卒と同じようになっていくかと思いますが、まだしばらく時間がかかりそうです。

ほかにもキャリアに関する記事がありますので、こちらもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA