手取り18万・額面22万の生活!一人暮らし年収・貯金・仕事に家賃や生活費内訳

手取り18万円は一人暮らしには十分な金額です。

ただ、二人で生活するのには節約が必要ですし、子供を育てるには厳しいです。

ここでは、手取り18万の生活実態と収入を増やす方法まで見ていきます。

手取り18万円の額面金額と年収

額面(総支給)金額と年収はいくらか?

手取り金額は、額面金額から税金や社会保険料などを引いたものです。

手取りが18万円の場合には、額面金額では約23万円、年収では276万円以上となります。

ボーナスあり・ボーナスなしの年収

ボーナスがある場合には、年収に占めるボーナス比率は平均的に15%程度です。

これを踏まえて年収を計算すると、

  • ボーナスありで、年収325万円程度
  • ボーナスなしで、年収276万円程度

となります。

所得税や住民税、社会保険料はいくらか?

手取り18万円の場合には、5万円近くが税金や社会保険料で引かれることになります。

具体的な内訳はどのようになるのでしょうか?

一例ですが、計算したものがこちらです。

  月収 年収
額面 23.0 276.0
社会
保険
厚生年金
保険料
2.2 26.4
健康保険料 1.2 14.3
雇用保険料 0.1 0.8
介護保険料 0.0 0.0
税金 住民税 1.2 14.7
所得税額 0.4 4.9
手取り 17.8 214.1

年金に続いて、健康保険や住民税の負担が大きくなっています。

自作ツールで計算を行っています。興味がある方はこちらもどうぞ。

手取り18万円の貯金事情

手取り18万円の人はどれくらい貯金しているのでしょうか?

統計データから見ていきましょう。

年収300万円未満の平均預貯金額

まずは、年収300万円未満の平均的な貯金額を見てみます。

単身世帯と2人以上世帯がありますが、どちらも1人あたり250万円~300万円となっています。

世帯種別 平均預貯金
単身世帯 264
二人以上世帯 577

出典:『家計の金融行動に関する世論調査』 金融広報中央委員会

一人暮らし・実家暮らしの貯金

支出詳細にも下で触れますが、一人暮らしの場合に手取り18万円でも十分に貯金は可能です。

実家暮らしの場合には、もっとも支出として大きな家賃が減るので(家に多少入れるとしても)、貯金はしやすくなるでしょう。

年収300万円未満世帯の貯蓄額の平均値・中央値・分布

貯金以外の金融資産も含めた貯蓄額についても見ていきます。

  • 単身と二人以上世帯の1人あたり平均はどちらも450~500万円程度
  • 一方で単身で50%以上、2人以上で40%近くが貯蓄なしでばらつきが大きい
世帯種別 単身
世帯
二人以上
世帯
平均 513 887
中央値 0 153
非保有 53.3 39.1
100万円 8.5 5.5
100~200万円 7.3 4.9
200~300万円 3.7 3.5
300~400万円 2.3 4.3
400~500万円 1.8 2.0
500~700万円 5.3 7.1
700~1,000万円 3.3 3.7
1,000~1,500万円 4.5 7.5
1,500~2,000万円 2.1 5.0
2,000~3,000万円 2.5 5.0
3,000万円~ 4.8 9.5

出典:『家計の金融行動に関する世論調査』 金融広報中央委員会

手取り年収から貯蓄する割合

年収のうち、どれくらいを貯蓄に回しているかを見ていきます。

  • 平均を見ると、単身世帯の場合で10%程度、2人以上世帯の場合で5%
  • 貯蓄しない比率が多く、単身で4割以上、2人以上世帯で5割以上

毎月の貯蓄額としては、1万円~2万円程度が多いようです。

世帯
種別
単身
世帯
2人以上
世帯
平均 10.0 5.0
貯蓄しない 43.1 54.6
~5% 4.9 6.9
5%~10% 9.2 9.5
10~15% 16.0 14.4
15~20% 4.4 3.3
20~25% 7.6 3.1
25~30% 3.1 1.7
30~35% 5.2 0.9
35%~ 6.5 0.9

出典:『家計の金融行動に関する世論調査』 金融広報中央委員会

手取り18万円の生活費内訳・家賃事情は?

具体的な生活費についても世帯人数ごとに見ていきます。

一人暮らし・実家ぐらしの家賃・生活費の内訳

一人暮らしの生活費内訳はこのようなイメージです。

収入 給料 18万円
固定費 家賃 6万円
通信費 1万円
光熱水費 1万円
変動費 食費 4万円
交際費 2万円
趣味 1万円
服・日用品など 1万円
貯金 2万円

交際費や趣味などにもある程度のお金は使えるでしょう。

お金のかかる趣味や頻繁な飲み会がなければ、十分に貯金は可能です。

実家暮らしの場合には、さらに貯金できるかもしれません。

車を買う場合には、維持費で最低でも2万円程度はかかるので注意しましょう。

一人暮らしの家賃は6~7万円まで

家賃の目安は収入の3割程度なので、18万円の場合にはできれば6万円、難しければ7万円までにしましょう。

二人以上世帯の家賃・生活費の内訳

夫婦二人の場合にはもう少し欲しいところです。

一人暮らしの費用に加えて保険だったり、食費、通信費、日用品だったりの値段が増えます。

手取り17~18万円は二人暮らしの最低ラインかと思います。

貯金は厳しいですが、小遣いを完全に削ったり、家賃をなんとか削ったりして捻出しているところはあるようです。

結婚は厳しい? 子供は?

子供を作らないで、節約し続ける自信がある場合には可能です。

子供が欲しい場合には、手取り20万円にボーナスくらいはないと、いくら節約してもなかなか厳しいです。

    たとえば、18万で試算するとこのようになります。

    収入 給料 18万円
    固定費 家賃 6万円
    通信費 1万円
    光熱水費 1万円
    保険 1万円
    変動費 食費 3万円
    子供の費用 1万円
    交際費 1万円
    小遣い 1万円
    服・日用品など 2万円
    貯金 1万円

    極限まで生活費を抑えたとしてこのレベルでしょう。

    ここで、車が必要、医療費がかかる、旅行に行きたいなど少しでもイレギュラーなことが起きると破綻してしまいます。

    これくらいの収入で苦労している人は多いので、あらかじめ収入を増やす方法を考えておくのが重要です。

    おすすめ節約法

    節約よりも収入を増やした方がいいですが、通信費の節約だけは簡単にできて、おすすめです。

    格安simを使っていなければ、すぐに変更しましょう。

    ソフトバンク端末であれば、LINE MOBILE、auやドコモであればmineoに乗り換えると格段に安くなります。

    手取り18万円は低いのか?

    年収300万円だとすると、どれくらいの水準なのでしょうか。

    年齢別の平均年収データを国税庁とdodaで見てみます。

    20代前半
    (20 – 24)
    20代後半
    (25 – 29)
    23歳 24歳
    ソース 国税庁 doda
    男性 275 383 293 333
    女性 241 309 263 304
    全体 258 351 279 320

    出典:国税庁 民間給与実態統計調査DODA

    これを見ると、どちらのデータでも24歳前後の平均年収だと考えられます。

    20代後半以降の場合には、平均よりも低いといえるでしょう。

    手取りを増やす仕事・転職をしよう

    手取り18万円というのは、一人で生活するならいいですが、二人以上は厳しいです。

    一人暮らしの人も海外旅行をしたり、結婚をしたり、車や家を購入したりするには、もう少しないと厳しいでしょう。

    二人暮らしでも手取りで20万円、子供が欲しい場合には25万円が切り詰めたうえでの最低ラインです。

    ではどのように増やせばいいのでしょうか?

    給料で増やすのが基本

    お金を増やす方法はたくさんあります。

    副業をしたり、投資をしたり、メインの仕事以外からの収入を得る方法もあります。

    ただ、それはおすすめしません。

    それは、どちらも時間やお金の投資が必要だからです。

    仕事の中で特殊なスキルが身についたり、収入が高かったりする場合に有効な方法です。

    でもそうでない場合には、早い段階で、転職してメインの仕事で稼げるようにしましょう。

    副業や投資はもう少し、収入や貯金が増えてからするほうがいいです。

    給料の上がりやすい仕事

    残念ながら給料の上がりにくい仕事はあります。仕事の付加価値が低いものです。

    それは、そもそも儲かっていない業界で働いていたり、誰にでもできる仕事だということです。

    もし、あなたの業務が新卒の人でも可能であったり、外国人でも可能なものは要注意です。

    こういった仕事は給料が低いだけでなく、仕事の中で得られるスキル・経験が増えにくいために、長期的にも上がりにくいことが多いです。

    逆にいうと、儲かっている業界で働いたり、スキル・経験が増えていく仕事をしたりすることで増やすことができます。

    あなたの努力とは関係なく、適切な会社や仕事を選ぶことが短期的にも長期的にも収入を上げる鍵です。

    転職の成功には2つのポイントがあります。

    在職中に転職活動をする

    よくある失敗のパターンがいきなり会社を退職してしまうことです。

    僕も経験がありますが、退職すると経済的にも精神的にも不安定な状態になります。

    転職はうまくいけばすぐに決まりますが、予想以上に時間がかかることもあります。

    焦って決めないようにしましょう。

    転職エージェントに相談する

    もう1つのよくある失敗パターンは、家族や友人にだけ相談するパターンです。

    彼らは転職のプロではありません。客観的に見れなかったり、限られた経験をもとに誤ったアドバイスをされたりすることはあります。

    転職の進め方次第で、成功確率は大きく変わります。

    一般的には、このような失敗が非常に多いです。

    • 応募数ばかり増えて、選考が進まない
    • 自分にぴったりの求人を見逃す
    • 自分の市場価値がわからず、高すぎるものや低すぎるものを受け続けてしまう
    • 自分を書類や面接でうまくアピールできない
    • 内定後の年収の交渉を失敗する
    • ブラック企業や労働条件の悪い会社に入社する

    僕自身も失敗したことがあります。

    自力で探した企業に入社したところ、労働条件が話と違っていて、3ヶ月で退職したことがあります。

    そこから、転職エージェントに相談して、慌てて再就職しました。

    このような失敗を犯さないためにも、転職のプロにサポートしてもらうのは必須です。

    転職エージェントの人は、毎日多くの人をサポートしています。

    いろんな成功パターンや失敗パターンを見ていますし、タイプごとにどのように進めるといいのか、注意する点はなんなのかを把握しています。

    少しでも成功確率を上げるためにも、転職エージェントのアドバイスを絶対に受けましょう。

    いくつかおすすめの転職エージェントを紹介します。

    さらに知っておきたいこと

    ここでは、手取り18万円の生活実態をご紹介しました。

    お金だけが重要なわけではありませんが、少し収入が増えるだけで、キャリアの選択肢は格段に増えます。

    ほかにもキャリアやお金に関するコンテンツが多数あります。こちらもあわせてどうぞ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA