キャリアチェンジの成功法は?志望動機・年代別の注意と失敗対応まで

キャリアチェンジとは、がらっとキャリアを変えることです。

変化が大きくなることが多いので、しっかり準備することが重要です。

ここでは、キャリアチェンジを成功させるための方法から失敗したときにどうするかまでを一通りご説明します。

キャリアチェンジとは?

文字通りキャリア(生涯・経歴)をチェンジする(変化させる)ことです。

転職、異動、出向、留学など、変化の種類はいろいろありますが、おもに職種の変化や大幅な環境の変化を表します。

社内よりも転職に使われることが多いです。

  • 営業から経理に行く
  • 大企業からベンチャー企業に行く
  • 日本企業から海外企業に移る

など、それまでと質的に大きく変わる仕事に就くことを指すことが多いです。

キャリアアップとの違い

厳密な決まりがあるわけではありませんが、キャリアチェンジとは職種や環境の変化を指すのに対し、キャリアアップは昇給・昇進や裁量の広がりを指します。

現実には、大企業の係長からベンチャー企業の課長に転職することもありますが、これはキャリアチェンジを伴ったキャリアアップともいえます。

キャリアアップは、どちらかというと専門領域でスキルを伸ばす、実績を出すのに対し、キャリアチェンジは異なる専門的なスキルを身につける、新しい環境に適応するという要素が強いため、より注意深く対応する必要があります。

キャリアチェンジの注意

自分もキャリアチェンジを何回か経験していますので、いくつかキャリアチェンジで注意しておきたいことを見ていきます。

キャリアチェンジは万能ではない

キャリアチェンジをしたいということは、当初の想定と今の仕事になんらかのギャップがあったということだと思います。

残念ながら同じようなことが次の仕事でも起こるかもしれません。

キャリアチェンジがすべてを解決するとは限らないことはしっかり認識しておきましょう。

大幅によくなる可能性もある

一方で、キャリアチェンジによって非常によくなる可能性もあります。

部署を異動したり、転職をしたりして活躍したり、楽しく働いていたりする人をたくさん見ます。

ある会社や部署で働いているときには、そこでのパフォーマンスがすべてだと思いがちですが、実際には働く人と環境の相性はかなりあります。

事前準備でかなりミスマッチは減らせる

自分の期待を明確化して、転職先や異動先をしっかりリサーチすることで、かなりミスマッチを減らせます。

なんとなく嫌で、逃げ出すようなものは思考が甘くなりがちなのでミスマッチがしやすいこともあります。

また、面倒でちゃんと行く先のことを調べないと、入ってみてから衝撃を受けることがあります。

最低でも現状の

  • 自分が満足していること、
  • 自分が不満を持っていることと、

行く先の

  • 自分が満足できそうな理由
  • 自分の不満が少なそうな理由

などは押さえておきましょう。

社内でのキャリアチェンジの成功法

まず、社内でのキャリアチェンジの方法を見ていきます。

キャリアチェンジは、転職とセットで考えがちかもしれませんが、あなたの状況次第では転職よりも社内でキャリアチェンジをするほうが楽です。

自分は、キャリアチェンジをしましたが、転職のタイミングでちょっとずらして、入社後にもう少しずらすようなパターンが多いです。

社内のキャリアチェンジの方法は、3つのポイントがあります。

  1. 実績を出す
  2. アピールをしておく
  3. 行動・交渉する

それぞれ簡単に見ていきます。

実績を出す

会社で自分の意見を通すには、結果を出すのがシンプルです。

結果が見えにくい業務をしている人もいるかもしれませんが、優先順位が低く放置されている仕事、オペレーションの改善、誰かの手伝いなどでもいいです。

最低限の信頼を得られるまでは地道に業務に励むのがいいでしょう。

アピールをしておく

下地ができたらアピールが大事です。自分の希望を伝え続けることで、確率は上がります。

「〇〇といえば、あの人」と思われるくらい、面談のときなどに伝えるようにしましょう。

欠員が出たり、新しいチームを作ったりと変化があったタイミングで声がかかる可能性が上がります。

行動・交渉する

会社にもよりますが、一定期間働いている従業員は、異動願いを出すことができたり、人事に希望が言いやすいこともあったりします。

あまり頻繁に使うのはよくありませんが、退職するタイミングでオファーされることもあります。

自分も一度、退職を辞めて、代わりに別部署を移ったことがあります。

ベンチャーのほうが柔軟だと考える人もいるかもしれませんが、実は大企業の方が希望が通りやすいことがあります。

それは大企業の方が人が多い分、欠員が出やすかったり、人事の体制が整っていたりするからです。

ベンチャーは、少し拡大したタイミングでは柔軟になりやすいですが、初期はカツカツなので、対応が難しいです。

社内でのキャリアチェンジのいいところは、失敗しても職歴が増えないことです。

転職市場では、転職回数が増えたり、1社あたりの在籍が短くなったりするのはネガティブにとらえられがちです。

社内異動で失敗しても、さらに転職にチャレンジできるのは魅力的です。

転職でのキャリアチェンジの成功法

転職でのキャリアチェンジのポイントは、年代別でも大きく異なります。

20代であれば完全未経験でもいいですが、30代・40代と上がるにつれて難しくなります。ここでは、年代別のアプローチを見ていきます。

年代別のキャリアチェンジの方法

20代は素直にアプローチ

20代は、未経験でも転職可能な職種が多いです。あまり考えすぎずに、普通に転職サイトや転職エージェントを利用しましょう。

前職で結果を出していればなおいいですが、そもそも違う仕事になるのであれば、実績がなくてもアピール次第でどうにかなります。

一番のリスクは未経験OKというブラック企業に入社してしまうことですので、転職エージェントも活用しながら怪しい会社は避けましょう。

30代はリンクを作る

30代に入ると、うまくそれまでの経験と応募する職種をリンクさせましょう。あまりにも違うという場合には、別途それを勉強するようにしましょう。

  • 営業であれば、友人にモノを勧めてみる
  • マーケティングであれば、ブログやTwitterでアクセスやフォロワーを獲得する
  • エンジニアであれば、なにかサイトやアプリケーションを作ってみる
  • 経理であれば、簿記を取る、財務諸表を作ってみる
  • 企画系の仕事であれば、提案書、企画、予算などを作ってみる

なんでもいいからやってみるのが重要です。

30代前半の場合にはこうした工夫で調整可能かも知れませんが、30代後半になるとそれでも厳しい可能性があります。

書類で落とされてしまうことも増えるかと思うので、転職エージェントの人に相談して、成功確率を上げておきましょう。

最終的に見つかる可能性は十分ありますが、ある程度の時間がかかることは覚悟しましょう。

40代・50代でのキャリアチェンジ

未経験職が強いとなると転職は難しいので、社内が中心となります。

今の会社でどうしても難しい場合を除くと、転職は騒動ハードルが高いです。

転職のハードル自体がそもそも高いので、そこからさらにキャリアチェンジとなると、敬遠される可能性が高いです。

自分の人脈から近い会社を紹介してもらったり、人事や経営陣とビジネス以外の場で仲良くなったりと、正攻法でいかないほうがいいでしょう。

選択肢が限られますが、未経験でも転職しやすい職種はこちらで紹介しています。

失敗したときにどうするか?

成功があれば、失敗もあります。自分の場合には、最初の転職はうまくいかず、3ヶ月でまた転職しました。

短期の離職はネガティブになりますが、やりたくない仕事を続けるのもリスクです。

転職回数が多い、短期の離職が続いているようなケースは慎重に対応が必要ですが、そうでない場合には早めの離職もありです。

別記事で詳しくまとめたので、こちらもどうぞ。

過去に書いたほあの成功・失敗シリーズの記事もありますので、こちらもどうぞ。

さらに知っておきたいこと

キャリアプランやキャリアアップに関して説明した記事もあります。ぜひこちらも参考にしてみてください。

One thought on “キャリアチェンジの成功法は?志望動機・年代別の注意と失敗対応まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA