逆SEO対策とは?やり方・費用・会社は?株式会社ニャースで可能か

逆SEOという言葉を聞いたことがありますか?

SEO対策というと、特定のキーワードの検索順位を上げるような施策ですが、逆SEOは検索順位を下げるということです。

なぜそんなことをするのでしょうか? ここでは、逆SEOに関して、なんのためにどうやってやるのか、どのような会社がいくらくらいでやっているのかを見ていきます。

逆SEOとは?

SEO対策が自分の意図したページの検索順位を上げる方法だとすると、逆SEOは意図したページの評価の順位を下げるものです。

逆SEOの目的

一般的には誹謗中傷や悪評などに対して、対応するためのものです。WEBサイトで特定の情報を削除するのはなかなか手間がかかります。

そもそも怪しいといったレベルや個人的な印象を語られた場合には、名誉毀損などに問うのは難しいでしょう。連絡をすると、それが公開され、さらに問題が大きくなるといった可能性もあります。

匿名の掲示板やTwitterなどでもそうですし、個人のサイトでも同様です。そこで、削除をしないでそもそも見えなくする手法として注目されました。

逆SEOのやり方

多くのサイトやブログでは上位表示を目指してさまざまな工夫をしています。これで、簡単に競合のサイトの順位を落とせるようであれば、あらゆる検索キーワードで上位表示ができるでしょう。

そのとおりで、なかなか難しいです。方法はおもに、ほかのページを上位表示する方法と、該当ページを下げる方法があります。

ほかのページを上位表示する

公式の場合には、複数ドメインでサイトを作って、お互いにリンクを張ったり、twitterなどのSNSで上位表示をしたりなども可能です。

また、インタビュー記事を大手メディアに取り上げてもらったりすれば、だいたい10くらい表示される1ページ目は埋められます。

該当ページを下げる

問題のあるサイトからリンクを送ったり、コピーサイトを作ったり、DMCAの申請を使ったりとリスクのある方法が多くなります。

これが簡単にできてしまうと、SEO順位がいじれてしまうので当たり前なのですが…。以下に詳しく説明します。

逆SEOのリスク

リスクの例を挙げておきますので、こちらも参考にしてみてください。

現代では悪いことを隠し通すのは相当困難です。オンラインは魚拓、スクショも可能ですし、wayback machineなど過去のサイト情報を見れるサービスもあります。

また、何かあるとTwitterですぐにさらされてしまいます。これはDMCAを悪用した例ですが、どのようなアプローチでもこのようなリスクがあることを知りましょう。

逆SEO対策をしている会社

逆SEO対策を行っている会社はありますが、料金や方法が明確な会社はあまりありませんでした。

一般的なSEO対策以上に会社の選定は注意して行ったほうがいいでしょう。

株式会社ニャース

新潟県の会社で風評被害関連のさまざまなサービスを提供しています。具体的な手法はサイトを見る限りはわからないです。

参考:逆SEO対策(株式会社ニャース)

有限会社アスプロ

同じく新潟にあるアスプロという会社も対応しているようです。サイトでの手法はざっくりしか書いておらず、値段もわからないため、なんともいえません。

参考:逆SEO(有限会社アスプロ)

さらに知っておきたいこと

依頼する場合にも、自分で対策する場合にも、SEOに関しての最低限の知識を持っておきましょう。

一般的なSEO対策の会社選びの方法などはこちらで解説しています。

SEO対策の見積もり前に!費用相場と会社選びの必要最低限の知識

SEOの全体像を知りたいという方はこちらもどうぞ。2日かけた書いた2万字超えの超力作です。

【2万字】SEO対策の方法とは?検索順位チェック・ツール・キーワードも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です