【例文あり】職務経歴書の自己PRの書き方!書く・書かない?未経験・事務職まで

職務経歴書の自己PRはどのように書いていますか? そもそも履歴書に書いていたら職務経歴書でも書くべきなのでしょうか。

自己PRはあなたのキャリアでも特別な実績を志望企業にもっとも魅力的に思える形で伝えるものです。

ここで取り上げる事例は選考書類としてだけではなく、面接のときにも掘り下げられる可能性が高いです。

ここでは職務経歴書の自己PRの書き方をご紹介します。

履歴書で書いている場合には不要

履歴書ですでに自己PRに触れている場合には不要です。あらためて同じ内容や似た内容を書く必要はありません。

JIS企画の履歴書の場合には自由記述欄が一つだけありますので、そちらに志望動機を記載して、自己PRを職務経歴書で書くというのがおすすめです。

職務経歴書で書くからといって、職務経歴書を参照などと履歴書に書くのは避けましょう。

自己PRの書き方のポイント

職務経歴書で自己PRを書く場合には、経歴とうまく結びつけるのが重要です。さらに応募する業務でも応用できる内容にしましょう。

書き方のポイント

  1. 実績や経験から説得力があるもの
  2. 応募業務でも活かせること
  3. わかりやすいこと

説得力がある

1つ目は、ここでの内容は実績や経験を根拠として説明できるようにしましょう。

面接でも掘り下げられる可能性があるので、難しかったこと・どう乗り越えたか・なぜそれをしたか・終えてみてどうだったか・また同じことをやるときはどうやるか、などの典型的な質問についても考えておきましょう。

応募業務で活かせる

2つ目は、応募業務でも活かせる内容となっていることが重要です。

同じ業務の場合には大丈夫ですが、キャリアチェンジなどの場合には抽象化して応募業務でも使えるものにしましょう。

結果にこだわる、集中力、実行力など応用しやすいものはたくさんあります。

わかりやすい

3つ目は、わかりやすいことです。専門性が高い業務や知名度が低い業務にありがちですが、なかなか伝わりにくいものもあります。

また、自分がもっとも頑張ったものと第三者にわかりやすいものが違うということもよくあるでしょう。

営業などの成果がわかりやすい業務についている方はいいかもしれませんが、そうでない方も相手の立場に立ったときにわかりやすいことが大事です。

専門外の人が見ても情報がわかりやすいかどうかはちゃんと確認しましょう。

自己PRの考え方

自己PRは受ける会社や職種に応じて、いくつかのパターンを準備しておけるといいでしょう。簡単に考え方を紹介します。

自己PRを考えるプロセス

  1. 経験をひたすら書き出す
  2. 応募職種でもっともアピールしやすそうな経験を選ぶ
  3. アピールしたいことを一言でまとめる
  4. 事例を数字や評価などでわかりやすくする

まず、経験を書き出しましょう。プロジェクトでも時系列でもいいです。こまかいことを考えずにあらゆるものを書き出します。

次に、書き出したもので応募職種に応用しやすいもの、採用担当がわかりやすいものを選び出します。

そして、選んだものを一言にまとめたり、裏付ける数字や評価などを添えて説得力を増します。

具体的な書き方のテンプレート

書き方に関してもおすすめのテンプレートをご紹介します。

PREP法

プレゼンテーションやビジネス文書などで使われる構成のパターンがあります。頭文字を取ってPREP法と呼ばれています。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(事例)
  • Point(あらためて結論)

これを応用して、以下のような流れで書くとわかりやすくなります。

書き方の流れ

  • 結論(私は実行力を武器にして、営業で成果を上げてきました)
  • 補足・理由説明(成果の高い営業マンの行動や社内でのあらゆる成功事例をヒアリングし、実践しました)
  • 事例・成果(最初はポイントがわからず、成果が出ませんでしたが、1年後には目標の150%を達成し、社内でも表彰されました)
  • 応用(成果を出すためのプロセスは変わらないため、貴社でも成果を出し、貢献できると考えています)

まず、最初に結論があるとわかりやすいです。一言で説明しましょう。次に、その補足を簡単にします。

いちばん重要なのが事例と実績のパートです。確かにそうだと思わせる内容になっている必要があります。詳細は面接で説明できるようにしましょう。

最後に、それが他社・他職種などでも応用可能だと伝えましょう。同様に貢献できると伝えると説得力もばっちりです。

自己PRの具体例・例文

未経験でもアピール

未経験の場合は近い経験の場合には、リンクしている部分をうまく伝えることが重要ですが、それもない場合には一般的な能力をアピールしましょう。

たとえば、改善し続けることをアピールすることができます。

私の強みは、粘り強く改善する能力です。前職では営業として配属され、最初は100人中99番目の成績でした。そこから毎日、その日の行動や反省点をメモし、改善し続けました。具体的には、営業成績のよい先輩へヒアリングをし、考え方や行動パターンを学んだり、クライアントのビジネスを調査・分析し、より精度の高い提案をできるようにしたりしました。その結果、2年目には100人中10番目の成績となり、そこからトップ10の成績をキープしています。努力を継続し、改善し続けることで貴社でも成果を挙げられると考えています。

事務職でアピール

事務職はアピールしにくいと思われるかもしれませんが、自分なりの工夫などはアピールできるでしょう。

自分にとっては、当たり前と思えることがアピールポイントとなることもあります。

私は生産性を意識して業務をすることができます。前職では事務職で、正確な仕事や納期を意識して業務にあたりましたが、ほかの部署に比べると生産性を意識しにくく、残業は常態化していました。そこで、自分なりにツールを作って作業を効率化したり、さまざまな部署から来る依頼に共通フォーマットを作ったりして生産性を上げることができ、残業は半分以下になりました。生産性を意識した業務への取り組みは貴社でも活かせると考えています。

さらに知っておきたいこと

自己PRは数ある項目の中でも重点的に見られ、その後の選考でも活用されるものです。

ほかの項目以上にしっかりと考えて、あらゆる質問にも対応できるようにしておきましょう。

職務経歴書の書き方はこちらもどうぞ。

プロのサポートを受けましょう

履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。

また、書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。

ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと後から修正するのは困難ですし、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。

自分で対策するのは構いませんが、自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。

僕も3回転職をしていますが、転職のときには必ず転職エージェントに登録します。

それは彼らから提供される転職市場の話や選考に関するアドバイスが非常に有用だからです。転職サイトでも求人は探せますが、アドバイスをくれる人はいません。

書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。転職エージェントの場合には落ちた理由に関してもわかります。

いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。

選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介しますので、最低2社、可能であれば3社ほど登録してみて合ったところを活用していきましょう。

それぞれの強みはありますが、一番はエージェントとの相性です。もっとも合う人とコミュニケーションをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA