【履歴書】と【職務経歴書】の5つの違いと押さえたいポイント

履歴書と職務経歴書の違いはわかりますか?

どちらも選考に使われる書類ですが、位置づけは大きく違います。

ここでは、選考に臨むうえで、知っておきたい選考書類の違いとポイントを見ていきます。

1.履歴書は形式重視、職務経歴書は内容重視

履歴書は形式が重要です。そもそも氏名・性別・住所などの定型的な情報が多いです。

志望動機や自己PRの欄があるものはありますが、書き方もフォーマットも決まっています。

職務経歴書はそもそもフォーマットの自由度が高く、決められた内容はあまりありません。

あなたの過去の経験が伝わるものであれば問題ありません。

2.履歴書は違和感、職務経歴書はスキル・経験がポイント

書類選考では、あなたのキャラクターが見られることはあまりありません。

性格などの欄があることもありますが、書類ではどうしても難しいため、面接で確認します。

若手であれば、ポテンシャルが重視されますが、これも同様に書類ではわかりにくいので、迷ったら基本的に面接で話して確認します。

書類選考では、もっと大雑把に書き方と経験やスキルが見られます。

履歴書のポイントは違和感がないかどうかです。

たとえば、しっかりと記入事項が書かれているか、経歴に長い空白がないか、短期間で離職を繰り返していないかなどです。

職務経歴書はスキルや経験が見られます。

たとえば、営業職のポジションであれば、営業経験やそれに近い経験があるかどうか、コミュニケーション能力はありそうかなどです。

類似の経験があればプラスですが、ない場合にはあっさり落とされることもあります。

3.履歴書はさっと、職務経歴書はじっくり見る

履歴書を見ても具体的な経験がわからないため、履歴書はさっと見ることが多いです。

経歴をざっと見て、写真と志望動機欄(あれば)を見ます。

そこから職務経歴書で実際にどのような仕事をしてきていて、募集中のポジションに合っているかを見ます。

たとえば、営業職でも有形・無形商材、商材の単価、新規・既存、営業先企業の種類などさまざまな違いがあります。

全体観は履歴書でつかみ、こまかいことは職務経歴書で確認します。

4.履歴書は手書き、職務経歴書はPCが無難

履歴書は形式要素が強いこともあり、手書きの方がいいと考えている人が一定数います。

一方で、職務経歴書は内容が重要なので、形式も自由ですし、手書きもほとんど気にされません。

外資・IT・ベンチャーあたりはすべてPCで問題ありません。

堅い日系企業を受けるときには、履歴書は手書きで書くのが無難です。

5.履歴書はA4で見開き、職務経歴書はA4で2枚

履歴書は売られている履歴書のように左側と右側がそれぞれA4の紙を使います。

コンビニなどでコピーするときにはつなげてA3にしても問題ありません。

職務経歴書の場合には、A4で2枚が一般的です。

履歴書も職務経歴書も2枚の場合には、クリップで留めます。

人にも見てもらうのがポイント

志望動機や自己PRがなにも思い浮かばないという人はいないと思います。

ただ、いくつか思い浮かんだうちのどれを選べばいいのか、どうすればより魅力的に伝えられるかなどを不安に思うことはあるでしょう。

選考書類の先には、面接などほかの選考プロセスもあります。その対策も必要で企業ごとのカラーも違います。

自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。

僕も転職のときには必ず転職エージェントに登録します。

彼らに受けるアドバイスや転職市場の情報はほかの方法だと手に入らないからです。

職務経歴書は書き慣れていないせいか、優秀なビジネスマンでもクオリティが低いということはあります。

詳細は面接で確認されますが、書類がイマイチだとあっけなく落とされてしまいます。

書類の書き方が悪いだけで選考で落とされるのはあまりにももったいないですよね。

選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介します。

いくつか登録して、書類もチェックしてもらいましょう。

さらに知っておきたいこと

このように履歴書と職務経歴書は同じ選考書類ですが、大きく異なります。

それぞれの特徴を把握しつつ、書いていきましょう。それぞれの詳しい書き方は下のリンクでもご説明しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA