雇用保険料計算ツール!計算方法と計算式【2018年版】シミュレーション

非常に簡単に雇用保険料を計算できるツールを作りました。2018年8月のデータで作成しています。

シミュレーションや計算方法しかなかったり、多くの項目を埋めたりしないと計算できないサービスが多かったので、自分で作りました。

雇用保険以外も知りたい方はこちらもどうぞ。

【税金計算ツール】所得税・住民税・年金・社会保険(健康・雇用・介護)・給料手取り

10秒で雇用保険料計算ツール

年収を埋めて、配偶者・年齢を選択してから、計算するをクリックするだけです。

年収: 万円
配偶者:
年齢:

項目 金額 年収比
雇用保険料: 万円 %

目次

ここから少し説明していきます。

ツールの計算方法

税理士という専門の職業があるくらいですし、税金や保険料の計算は複雑です。

ここでは、いくつか前提をおいてざっくり計算しました。いくつかご紹介します。

  • 控除は基礎控除・配偶者控除・社会保険料控除の3つのみを考慮
  • 給料と賞与はわけず、年収を月ごとに単純に分配
  • 所得税は復興特別所得税も含む
  • 住民税はシンプルに課税所得の10%計算(200万以下の分岐や均等割は無視)
  • 社会保険料は協会けんぽの東京のものを採用
  • 介護保険料は40歳未満と40歳以上だけでわける(65歳以上は別で自治体によって異なり、複雑)

簡単な税金・社会保険料のご紹介

税金自体には非常に多くの種類があります。法人税、相続税、消費税、たばこ税などは聞いたことがあるかと思います。

ここでは、一般的なサラリーマンの人に影響があるものをご紹介します。

  • 税金
    • 所得税
    • 住民税
  • 社会保険料
    • 健康保険料
    • 年金保険料
    • 介護保険料
    • 雇用保険料

雇用保険

雇用保険の説明

失業保険や失業手当という言葉を聞いたことがあると思います。

雇用保険料は会社を離職したときに給付されるものです。給付される金額は、年収・退職理由(自己都合・会社都合)・年齢などで決まります。

こちらの記事でも説明しているので、興味がある方はどうぞ。

【自動計算機】10秒で失業保険(基本手当)金額を計算!【2018年8月版】

雇用保険の計算方法・計算式

雇用保険料の計算はシンプルに、以下の方法で計算できます。

雇用保険料 = 年収 × 0.3

計算例:年収100万~1億円の雇用保険料

独身30代で年収別の税額・社会保険料を計算しました。

年収1,000万円くらいまでは、社会保険料の負担が大きく、それ以降は所得税や住民税が大きくなります。

よく税金で半分持ってかれるという言葉を聞いたりもしますが、実際に半分持ってかれるのは年収1億円とかにならないとないようです。

年収
(万円)
雇用保険料 年収比
100 0.3 0.3%
200 0.6 0.3%
300 0.9 0.3%
400 1.2 0.3%
500 1.5 0.3%
600 1.8 0.3%
700 2.1 0.3%
800 2.4 0.3%
900 2.7 0.3%
1,000 3 0.3%
1,500 4.5 0.3%
2,000 6 0.3%
4,000 12 0.3%
10,000 30 0.3%

最後に

税金や社会保険はなんとなく、複雑でわかりにくいイメージがあるかと思います。

1回簡単に抑えておくと、一生使える知識となるので、ぜひ大まかな考え方や金額感を抑えておきましょう。

こちらで、主要な税金・保険についてもまとめていますので、あわせてどうぞ。

【税金計算ツール】所得税・住民税・年金・社会保険(健康・雇用・介護)・給料手取り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA