履歴書の封筒の入れ方・閉じ方!向き・クリアファイルにのり・テープまで

履歴書も封筒も書き終わったら後は、封筒の中に書類を入れて閉じるだけです。履歴書の入れ方や閉じ方にもルールがあるのをご存知でしょうか?

ここまで、対応できるとばっちりです。最後までしっかりと対応して好印象を残しましょう。

履歴書の封筒へ入れ方・向き

入れ方と向きに関して、郵送の場合、手渡しの場合で見ていきます。

郵送の入れ方と向き

書類をクリアファイルに入れて、そのクリアファイルごと封筒に入れます。クリアファイルは市販されている透明のもので構いません。

クリアファイルには送付状から順番に入れていきましょう。向きは封筒から出したときにファイルが右開きになるように入れましょう。

手渡しの入れ方と向き

手渡しの場合でもクリアファイルに書類をまとめます。クリアファイルは市販されている透明のもので構いません。

送付状が不要なので、履歴書から順番に入れていきましょう。履歴書は写真側が上に来るように入れておきましょう。こちらの向きも右開きで入れましょう。

履歴書の封筒の閉じ方・締め方

履歴書の閉じ方にもルールがあります。郵送と手渡しの場合で違いますので、見ていきます。

閉じる前に書類の内容や向きなどはしっかりチェックしておきましょう。

郵送の閉じ方

履歴書 郵送 表裏

郵送の場合には、しっかり封をして〆と記載するようにしましょう。のりを使っても両面テープでも大丈夫です。

スティックのりでも大丈夫ですが、粘着性は確認しておきましょう。

手渡しの閉じ方

手渡しの場合には、指定のない限り、封をしなくても大丈夫です。面接官がその場ですぐに確認できるようにファイルに入れたまま閉じないでおきましょう。

郵送の注意

郵送の場合には閉じたら送るだけですが、基本的には郵便局に行くのがいいでしょう。ポストから送って切手代が足りなかったりすると、二度手間になりますし、時間もかかります。

急ぎの場合には速達でもいいですが、普通郵便で問題ありません。簡易書留にしてしまうと、相手に手間がかかりますので、やめておきましょう。

郵送の連絡は不要ですが、もともとやり取りをしていた場合には、メールなどで一報を入れてもいいです。

手渡しの注意

手渡しの際には、封筒とその中身をすぐに出せるようにしておきましょう。

封筒が少し大きめで折れ曲がったりしやすいということもあります。二つファイルを使って封筒を挟んでおくと安心です。

渡すときは封筒だけで構いませんが、封筒からクリアファイルを出して相手に渡すとさらに親切です。

まとめ

履歴書の対応がしっかりしていると最初の印象がよくなります。とくに郵送の場合には、相手が最初に受ける印象は封筒の情報になるので、しっかりチェックしましょう。

履歴書の封筒の書き方に関してはこちらで説明しています。あわせてどうぞ。

履歴書の全体的な書き方を知りたいという方は、こちらの記事で解説しています。

プロのサポートを受けましょう

履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。

また、書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。

ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと後から修正するのは困難ですし、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。

自分で対策するのは構いませんが、自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。

僕も3回転職をしていますが、転職のときには必ず転職エージェントに登録します。

それは彼らから提供される転職市場の話や選考に関するアドバイスが非常に有用だからです。転職サイトでも求人は探せますが、アドバイスをくれる人はいません。

書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。転職エージェントの場合には落ちた理由に関してもわかります。

いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。

選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介しますので、最低2社、可能であれば3社ほど登録してみて合ったところを活用していきましょう。

それぞれの強みはありますが、一番はエージェントとの相性です。もっとも合う人とコミュニケーションをしていきましょう。

One thought on “履歴書の封筒の入れ方・閉じ方!向き・クリアファイルにのり・テープまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA