履歴書の封筒の宛名の書き方!郵送・送付のときの注意までご紹介

履歴書の書き方はルールやマナーに気をつけている人もいるかと思いますが、封筒も大丈夫でしょうか?

郵送する場合には、相手が最初に目にする情報はあなたの封筒の書き方でしょう。

また、宛名に関しては大きな会社の場合、間違って書いていると届くまでに時間がかかってしまう恐れもあります。

ここでは封筒の宛名から封筒の書き方についてみていきます。

宛名の書き方

封筒を手渡しの場合には不要

手渡しの場合にも封筒があった方が丁寧ですが、宛名を書く必要はありません。

表面に履歴書在中あるいは応募書類在中と書いて、裏側には自分の住所と氏名を書いておきましょう。

宛名を確認する

郵送の場合には宛名は必須です。あらかじめ確認しておきましょう。

基本的には人事部などに送ると思いますので、そのときには御中と書きます。

採用担当者が具体的になっている場合には、○○様と記載します。このときには、御中とは書かないので注意しましょう。

具体的な書き方

人事部あての場合

採用担当者あての場合

宛名以外の注意

封筒は白色でA4サイズ

封筒は白色のもので、A4サイズの履歴書や職務経歴書が二つ折りで入るものを準備しましょう。

雑誌や履歴書についてくるものは小さいものが多いので、可能なら大きいものを買いましょう。必要な道具一式は100円ショップで揃います。

サインペンで書く

宛名などは、ある程度の太さのサインペンやボールペンを使いましょう。普段使いの0.5mmのものよりも太い1.0mm以上のものがいいでしょう。

履歴書在中の記載

履歴書のみの場合には履歴書在中、それ以外の書類もある場合には応募書類在中と忘れずに書きましょう。

これは赤文字で書きます。スタンプも売っていますが、赤いサインペンなどで構いません。

さらに知っておきたいこと

履歴書の封筒は郵送の場合には、最初の印象を左右します。もちろん、内容が大事ですが、履歴書の郵送が必要になるような会社は形式面も気にする可能性はあります。

こまかい部分でマイナス評価をもらわないためにもしっかり書きましょう。

封筒の全体的な書き方はこちらでご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

履歴書の全体的な書き方を知りたいという方は、こちらの記事で解説しています。

プロのサポートを受けましょう

履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。

また、書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。

ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと後から修正するのは困難ですし、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。

自分で対策するのは構いませんが、自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。

僕も3回転職をしていますが、転職のときには必ず転職エージェントに登録します。

それは彼らから提供される転職市場の話や選考に関するアドバイスが非常に有用だからです。転職サイトでも求人は探せますが、アドバイスをくれる人はいません。

書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。転職エージェントの場合には落ちた理由に関してもわかります。

いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。

選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介しますので、最低2社、可能であれば3社ほど登録してみて合ったところを活用していきましょう。

それぞれの強みはありますが、一番はエージェントとの相性です。もっとも合う人とコミュニケーションをしていきましょう。

One thought on “履歴書の封筒の宛名の書き方!郵送・送付のときの注意までご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA