履歴書の封筒に使うペンは?マジック・サインペン・筆ペンのどれか?

履歴書は手渡しでも郵送でも封筒に入れます。郵送の場合には、宛名なども記載しますし、手渡しのときでも自分の名前や住所は記載します。

郵送でもペンが原因で届かないということはないでしょうが、そのペンを使うくらいであれば封筒に入れなくても良かったのにということもあります。

ここでは、無難なペンの選び方と理由についてみていきます。

サインペンが無難

結論としてはサインペンが無難です。油性で十分な太さがあるものを選びましょう。こんなペンを皆さんよく目にするかと思います。

油性ペンとかそのままマッキーとか呼ばれますが、こうした油性のある程度の太さがあるものがいいでしょう。

太さはこちらの場合には1.0mm前後なので、そのくらいの太さのものだといいでしょう。

封筒の表側には、赤い文字で履歴書在中や応募書類在中などと書きますが、赤いサインペンもあるので、そちらを同様に使いましょう。

 

太いボールペンはあり

サインペンと同じようにある程度、太いものは問題ないでしょう。普段使うようなボールペンはだいたい0.5mm~0.7mmくらいなので、1.0mm以上のものを使うといいです。

避けた方がいいもの

簡単に避けた方がいいペンにも触れていきます。

鉛筆・シャーペン・消えるボールペン

書類の重要度が上がるほど、消えやすいものはNGとなります。鉛筆やシャーペン、消えるボールペンなどは避けましょう。

水性ペン

頻繁にはありませんが、雨が降っていたり、水滴がついたりして、消えたり、にじんたりするのはあまりよくありません。油性のものを使いましょう。

細いボールペン

普段使いの0.5mm前後のボールペンは、実際に書くとわかりますが、大きめの封筒だと目立たないですし、貧弱に見えてしまいます。

油性であれば消えにくいため、ルールとして問題があるわけではありませんが、あまり見栄えがよくありません。できれば太いものを使いましょう。

マジックペン

工作の時間などに使用した大きなマジックペンもありますが、避けましょう。

細い方で書いても太くなりすぎてしまいますし、文字を書くことに特化していないため、下に移ったりするリスクもあります。

筆ペン・万年筆

丁寧にしようとそもそもボールペンでもサインペンでもなく、筆ペンや万年筆で書く人もいます。

応募書類やそれを入れる封筒は読みやすさが一番ですので、普通のサインペンやボールペンで書くようにしましょう。

さらに知っておきたいこと

たかがペンと思うかもしれませんが、履歴書の書き方、封筒のマナー、面接でのやりとり、ちょっとしたことが選考にも影響を与えます。

一度、覚えてしまえばすべての応募企業に応用できますので、早い段階でこうしたルールやマナーは押さえておきましょう。

封筒の全体的な書き方はこちらでご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

履歴書の全体的な書き方を知りたいという方は、こちらの記事で解説しています。

プロのサポートを受けましょう

履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。

また、書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。

ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと後から修正するのは困難ですし、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。

自分で対策するのは構いませんが、自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。

僕も3回転職をしていますが、転職のときには必ず転職エージェントに登録します。

それは彼らから提供される転職市場の話や選考に関するアドバイスが非常に有用だからです。転職サイトでも求人は探せますが、アドバイスをくれる人はいません。

書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。転職エージェントの場合には落ちた理由に関してもわかります。

いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。

選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介しますので、最低2社、可能であれば3社ほど登録してみて合ったところを活用していきましょう。

それぞれの強みはありますが、一番はエージェントとの相性です。もっとも合う人とコミュニケーションをしていきましょう。

One thought on “履歴書の封筒に使うペンは?マジック・サインペン・筆ペンのどれか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA