履歴書の封筒の色とサイズは?茶色の封筒はダメ?サイズはA4対応?

履歴書の封筒の色やサイズのルールは把握していますか? なんとなく、茶色の封筒や履歴書についてくる封筒を使っていないでしょうか?

封筒が理由で落とされることは考えにくいですが、複数の人が郵送する場合には差も目立ちます。

履歴書は形式面が重視され、印象の要素が多いです。封筒の選び方までしっかりしましょう。

履歴書の封筒は白色が基本

封筒はなんとなく茶封筒のイメージがあるかもしれません。茶封筒は普段使いのために、重要書類においては白を使うのが一般的です。

会社に退職届を出すときにも、白色の封筒が使われます。厳密なルールというよりもマナーに近いでしょう。

普段使わないので、明るい印象を与えるために使われます。とくに履歴書や応募書類の場合には、表面に赤く履歴書在中や応募書類在中と書きますが、それが目立つというメリットもあります。

中身がわかっているため、退職届のように神経質になる必要はありませんが、中身が透けないような封筒だとなおいいでしょう。

封筒はA4サイズが入るもの

封筒のサイズは履歴書を二つ折りにしたときに、それ以上折らなくてもいいものにしましょう。

具体的な封筒としては、角形A4号、角形20号、角形2号など以上の大きさの封筒です。迷ったときには、角形2号がよく使われるのでこちらを使いましょう。

採用担当の人の手間を減らし、履歴書も二つ折りだときれいに見えるので、この大きさのものが使われています。

履歴書がB5だという方も、職務経歴書やそのほかの書類がA4が標準です。その意味でも、このサイズにしておくのが無難でしょう。

履歴書や雑誌に付属しているものは小さいものが多いために、三つ折りにする必要があるものが多いです。

コンビニや100円ショップでも買えるため、履歴書やペンなどほかのものを買うついでに一緒に買っておくといいでしょう。

さらに知っておきたいこと

郵送する際に、白い封筒の中に1つだけ茶封筒が混ざっていたらどうでしょうか。

オンラインでも、手渡しでも提出が可能な状態であえて郵送を指定する企業はどのような考えを持っているでしょうか。

マナーを守ることで損をすることはあまりありません。こまかいところまでしっかり押さえて、あなたの魅力が存分に伝わるようにしましょう。

履歴書の封筒の書き方に関してはこちらで説明しています。あわせてどうぞ。

プロのサポートを受けましょう

履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。

また、書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。

ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと後から修正するのは困難ですし、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。

自分で対策するのは構いませんが、自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。

僕も3回転職をしていますが、転職のときには必ず転職エージェントに登録します。

それは彼らから提供される転職市場の話や選考に関するアドバイスが非常に有用だからです。転職サイトでも求人は探せますが、アドバイスをくれる人はいません。

書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。転職エージェントの場合には落ちた理由に関してもわかります。

いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。

選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介しますので、最低2社、可能であれば3社ほど登録してみて合ったところを活用していきましょう。

それぞれの強みはありますが、一番はエージェントとの相性です。もっとも合う人とコミュニケーションをしていきましょう。

履歴書の封筒の色とサイズは?茶色の封筒はダメ?サイズはA4対応?” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA