履歴書の修正・訂正方法は?履歴書で間違えた場合は訂正印?二重線?

履歴書はまだまだ手書きで書くことが多いです。

定型的な内容も多いですが、選考書類なので気を使いますし、すべて埋めるとそれなりに時間もかかります。

注意して書いても書き損じることもあると思います。ちょっとしたミスであれば、修正液や修正テープで直したくなります。

もっとフォーマルにするには、二重線や訂正印なども考えられるかもしれません。ここでは、履歴書の間違いの修正方法を見ていきます。

訂正せずに書き直しが基本

残念ですが、履歴書で間違えた場合には修正しないで、書き直すのが一般的です。理由はいくつかありますが、おもに2つです。

  • 正確な情報かわからなくなってしまう
  • 志望度が低いと思われてしまう

履歴書はあなたの経歴を記すもので、正確性が重要です。そこが、修正液や修正テープで修正されてしまってると文書全体の信頼性が下がってしまいます。

もう1つは、あなたの志望度が疑われるということです。履歴書の情報は定型的な部分が多く、書き方によって工夫することは難しいです。

そこで、あなたが正確に書けているか、マナーを守っているかなどを見てあなたの印象を判断します。そこで、書き直さずに修正されたものが提出されると志望度が低いと見られる可能性があります。

このような理由から書き直した方がいいでしょう。

消せるボールペンもNG

まれに、消せる(消える)ボールペンで書く人もいますが、これもNGです。

同じ理由で重要書類ですので、修正が容易にできるということはよくないですし、なにかのきっかけで消えたり、汚れたりしてしまったらそれこそ落ちる理由になってしまいます。

どうしても書き直せないとき

面接の10分前に気づいたというような緊急事態においてはどうすればいいのでしょうか?

あえて修正しない

1つは修正しないという選択肢があります。ちょっとした間違いで面接直前という状況であれば、そのまま行くのも1つです。

修正をすると、どのような方法であれかなり目立ちます。ちょっとした語尾の間違いや致命的なものでなければ修正しないほうがいいこともあるかもしれません。

二重線と訂正印

もう1つは二重線と訂正印を使う方法です。役所に提出する書類などでもこのような修正はよく行われます。

実際、これを履歴書でやると非常に目立ちます。履歴書の黒の文字と線の中で赤い訂正印は注目されるでしょう。

そもそも印鑑を押すくらいの余裕があれば書き直したほうがいいと思うのですが、どうしても直前で気づいた場合などは二重線を引いて、正しいものを書くくらいでもいいでしょう。

緊急事態に備える

予備を持っておく

おすすめの対処方法は予備を持っておくことです。志望動機など会社によって異なるものを紙で2枚用意するのは非常に手間です。

自己PRだけを記載したような履歴書を予備として持っておくのもいいでしょう。二重線に印鑑が押されている履歴書よりは印象がいいはずです。

紙として持っていなくてもUSBやクラウドでデータとして持っておいてもいいです。コンビニで印刷ができるので、いざというときに使えます。

参考:履歴書の印刷方法ガイド!印刷用紙・印刷サイズ・コンビニ印刷まで解説

さらに知っておきたいこと

このように履歴書の修正は悩ましいですが、原則は書き直すことです。

少しずつパソコンでの履歴書も一般的になりつつありますが、少なくともしばらくはまだ手書きで書く必要があるかもしれません。

履歴書の運用は、まだ非効率な部分も多い(そもそも海外で手書きの履歴書を見たことがないです)ですが、あまり気にしすぎずに対応しましょう。

履歴書の全体的な書き方についてはこちらで紹介しています。

プロのサポートを受けましょう

履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。

また、書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。

ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと後から修正するのは困難ですし、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。

自分で対策するのは構いませんが、自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。

僕も3回転職をしていますが、転職のときには必ず転職エージェントに登録します。

それは彼らから提供される転職市場の話や選考に関するアドバイスが非常に有用だからです。転職サイトでも求人は探せますが、アドバイスをくれる人はいません。

書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。転職エージェントの場合には落ちた理由に関してもわかります。

いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。

選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介しますので、最低2社、可能であれば3社ほど登録してみて合ったところを活用していきましょう。

それぞれの強みはありますが、一番はエージェントとの相性です。もっとも合う人とコミュニケーションをしていきましょう。

One thought on “履歴書の修正・訂正方法は?履歴書で間違えた場合は訂正印?二重線?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA