【起業するには?】最初の一歩を踏み出す方法とよくある起業の誤解

多くの人にとって起業をするというのは初めての経験で、いろいろと不安なこともあると思います。それはあなただけではなく、ほとんどの人がそうです。

不思議なもので、起業する前とした後では考えることがまったく違います。起業前にあなたが不安に思うようなことはだいたい起業後にはまったく気にならなくなります。

つまり、起業する方法起業して成功する方法は残念ながらまったく別のものです。

あなたが起業前にどれだけ考えても、起業して成功する確率はほとんど上がりません。さっさと始めてしまうことしかありません。

この記事では、ひたすら起業する方法だけをお伝えします。

なぜ起業するのか?

もしあなたがサラリーマンとして働いていたとします。

起業をすると、そのサラリーマン時代の数倍から数十倍の絶望定期的にやってきます。

会社で働いているときにも、「ああ、もうダメかもしれない」と思ったことがあるでしょうか。僕は起業してから何回、「ああ、終わった」と思ったかわかりません。

そんなときのために、なぜ起業するのかを考えておくことが役に立ちます。

正確にはなんでもいいのですが、あなたが諦めない理由を作っておきましょう。

自分のミッションでも・夢でも、偉い誰かとの約束でも、なんでもいいです。あなたがもう無理だと思ったときに支えになるようなものを作りましょう。

僕は起業した友人もたくさんいますが、その大半は長くても2,3年程度でやめています。

起業するために必要なこと

会社設立freeeに登録する。

今すぐやりましょう。

後はfreeeを見ていただければ……というのが正直なところです。

用意するものとしては、25万円程度のお金と法人印鑑くらいです。僕は楽天で買いました。

【送料無料】 印鑑・はんこ/法人印鑑 上柘印鑑3本Aセット 専用ケース付(角24)

起業すると何が起こるのか?

起業しても何も起きません。当たり前ですが、あなたが言わない限り、広まることもありません。

強いて言うなら「創業手帳」が送られてきたくらいです。他にも登記情報を見て送られたと思われるような資料が送られてきました。

実は僕の場合には、在職中に起業したため、会社の活動としてはほとんど何もありませんでした。

普通に会社で働きつつ、粛々とサービスを作りました。この間は、新しい会社から給料をもらっていませんし、たまに発生する費用を計上するくらいでした。

ここからの悩みのほとんどは、事業をどう推進するかです。

「あれ、会社っているんだっけ?」と思うのもこの頃かもしれません。自分で動かないと何もはじまらないことを痛感します。そして、もがきつづけます。

起業に関するよくある誤解

起業をしている人よりも、起業を語る人の方がどうしても多いため、起業に関して誤った情報が流通しています。

起業していない人の話を聞く必要は無い

特にあなたが若かったり、女性だったりすると、無駄なアドバイスをたくさんもらいます。

たぶんもっとも多いのが、起業したこともないのに、友達に起業家がいるとか起業家のインタビューを読んだみたいな浅い知識で話してくるおじさん達です。

親も一緒で、起業家であればいいですが、必要以上にリスクを煽ったり、不必要な準備をするように言われたりします。

結論からいうとすべて無駄です。こうしたアドバイスに耳を貸すことは、居酒屋で「今年の阪神は強いぞ!」と言っているようなおじさんの話を真面目に聞くようなものです。

面倒なら無視してしまってもいいですし、精神的な余裕があるのであれば、笑顔か全力の苦笑いで済ませましょう。

準備が整ってからやるべき

特に、起業経験のない人のアドバイスで多いのがこれです。

彼らは人脈だったり、スキルだったり、経験だったり、資金だったり、起業に必要な準備がすべて整ってからやるべきだといいます。

起業の準備が整うことはありません。時代によって求められるものも変わりますし、あなたがそうしたものを手に入れるころには、あなたの起業を妨げるような年齢・経歴・家族などができています。

みんな足りないものだらけ

起業家をイメージしたときにスーパーマンみたいな人をイメージする人もいるかもしれません。実際にはそんなことはありません。

起業家のインタビューや書籍は美化されまくりなので、かなり実態とはかけ離れていることもあります。

特に起業しているような人たちは自尊心やらコンプレックスやらで正しく自分が見れていない人も多いです。

実際の起業家に接していると、みんな不安だし、お金もないし、スキルも足りないし、若干頭がおかしかったり、人間として根本的に重要なことが欠落している人も多いです。

共通点は、起業しようと思ったことと、実際に起業したことくらいです。

失敗してもしなない

僕の前職は、ベンチャーだったこともあり、元起業家が10人弱いました。

元起業家で普通の会社で働くということはどういうことでしょうか? 事業がうまくいかなかったということですね。

当たり前ですが、彼らはしんでいません。というか今の日本でそう簡単にしにません。

ポジティブな情報としては、起業家的であることは多くの会社で求められています。起業した経験や起業するくらい積極的なことを評価する会社は増えています。

起業してうまくいかなくてもあなたが職に困るようなことはありませんし、多くの場合にはそこそこの給料はもらえるでしょう。

起業前に本当に必要な準備は?

究極的には、起業に必要な準備はありません。ただ、飛び込むだけです。

本当に最低限でいうと、これくらいです。

  • 向こう数ヶ月はしなないための資金や収入
  • 心の準備(なぜを考えておく)
  • 何枚かのクレジットカード

三井住友VISAカード【ハローキティカード】イオンカード(WAON一体型)シェルPontaクレジットカードManepa Card

クレジットカードを作って、会社設立freeeに登録しましょう。

今すぐやりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です