旅行メディアに失敗した僕の反省とスボラ旅がすごい理由の解説

最近、リリースされて話題になったズボラ旅がすごいと思った話です。

ズボラ旅は、LINEで出発地だけを選ぶとおすすめの旅行先を選んでくれ、宿の予約などもやってくれるというズボラな人向けのサービスです。

自分も旅行に対して同じような問題意識があり、決めてから情報を調べられるところはたくさんあるものの、決める段階で参考にできるものがもっとあればよいのではないかと考え、以前メディアを立ち上げました。

Tripadvisorの代わりに旅行を調べる場所にできればと進めて、英語で記事コンテンツを4,000ほど作りましたが、結果が出ずに、ストップしました。

その経験もあり、旅行ビジネスはなかなかマネタイズが難しいなと思っていました。

予約領域は混みすぎている一方で、それ以外の領域は市場規模を考えると信じられないほど儲かりません。

さて、ズボラ旅が興味深いのは、予約以外はマネタイズがしにくいという課題と消費者の課題を同時にうまく解決していると思うからです。

まず、下の図が、その旅行ビジネスを一生懸命考えていたときに作ったものです。

見ていただくとわかりますが、誰もが知るようなサービスは予約を示す、真ん中のあたりに集中しています。

予約は儲かるので多くの会社が残っているものの、それ以外は実はなかなか厳しく、生まれては消えています。

図を見ても、予約領域以外では、Tripadvisorくらいしかわからないという人も多いかもしれません。

旅行ビジネスは基本的には、いかに予約を獲得するかにかかっています。それを代理店モデル(Expediaとか)でやるのか、価格比較モデル(Skyscannerとか)でやるのか、アフィリエイトモデルでやるのか(Tripadvisorとか)という違いです。

以前は、航空券やホテルがメインだったのが、airbnbやhomeawayのようなバケーションレンタル系、viatorやvoyaginのようなツアーあるいは体験型サービスとバリエーションは増えましたが、基本的な構造はあまり変わっていません。

そこで、今回のズボラ旅がユニークなのは、認知・興味・選択みたいなのを一気にすっ飛ばして、予約させてしまうというところです。こうすることで、非常に強い予約系のサービスと競合せずに済みます。

そして、これは事業視点だけでなく、ユーザーの課題も解決しています。再び、いくつかスライドを紹介します。

自分の不満と自分以外の不満が入り混じっていますが、多くの人は旅行に関して調べるために多大なコストを払っています。

オンラインで調べる人も、目的地を決めるまでに大量のページに訪れているわけです。

つまり、ズボラ旅は旅行ビジネスとしてのマネタイズの課題と旅行先を決めるのが面倒だというユーザーの課題を両方、きれいに解決しているわけです。(たぶん)

最近のトレンド的にも、食べログで調べて予約するのすら面倒な人のためにペコッターがあったり、メルカリに出品するのすら面倒な人のためにCASHがあったり、ほかにもリコメンドやパーソナライズという名の怠惰な人向け(あるいは人を怠惰にする)サービスが流行っています。

ズボラ旅はそこらへんの思考停止的なトレンドにもばっちりハマっています。そこがなんとも非常に悔しいわけです。なぜ思いつかなかったのだろうか。

ちなみに、インバウンド文脈で似たようなことは考えたことありますが、すでに日本に来る人を決めている人になると、航空券・ホテルというメインの予約が終わってしまっていたり、旅行以外の質問対応など工数の割にはあんまりリターンが見込めなさそうだなと思い、深く検討しませんでした。

チャットサービスの場合には、むしろ外国人対応を代行するようなものの方がニーズがあり、法人への課金の方が楽なのではないかと思っていたりします。(もう多数ありますね)

正直、完全にプランをお任せしたいと考える人のニーズがどれほどのボリュームであるかはわかりませんが、CVRとか採算に関する仮説はある程度は検証しているでしょうし、ニーズさえ一定量あれば、機械化もそんなに難しくないので、事業として魅力的だなと思います。

ということで、やっぱりズボラ旅すごいなということで締めさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA