即戦力採用のビズリーチは20代若手でも使える?24歳から利用した実体験

結論からいうと利用は可能ですが、すべての人が対象とはなりません。

多くの転職サイトは登録すれば誰でも使えますが、ビズリーチは審査があるのが特徴的な部分です。

年齢制限はないのですが、若手の場合には審査に落ちやすくなってしまいます。

僕自身も社会人2年目の2012年に登録し、そこから6年以上利用しています。

ここでは、個人の経験も踏まえながら若手がビズリーチを活用する方法をお伝えします。

ビズリーチの審査に年齢・学歴・職歴の制限はない

ビズリーチの審査は年収中心で、年齢・学歴・職歴などの制限はありません。

以下はビズリーチ登録後に見られるスカウトの統計情報ですが、少ないですが20歳でもスカウトがあります。

年収が重要なので、20代で利用するには給料の高い仕事を選んでいる必要があります。

自分の知り合いでも大学を中退してエンジニアとして活躍し、20代前半で1,000万円以上稼いでいた人がいます。

こうした人も対象になるので、学歴や職歴はそこまで問われません。

ビズリーチに登録する

20代は年収基準が厳しい

ビズリーチは目安として、年収600万円以上が基準です。

この年収の基準が一番厳しいかと思います。

日本の場合には、年功序列の企業も多く、20代の年収は上がりにくい会社が多いです。

20代で利用するのは問題なくても年収基準で、審査に落ちてしまいやすい傾向があります。

20代若手向けの求人はある

求人自体は若手向けのものも十分にあります。

20代を対象としているような一般的な営業、バックオフィスなどの業務もあります。

審査は厳しいですが、そこさえ乗り越えてしまえば、求人を探すのは難しくありません。

ビズリーチでは、年収750万円未満のタレント会員と750万円以上のハイクラス会員があります。

タレント会員向けの求人も多数あるので、そこまで気にする必要はありません。

アピールで審査を通過する

年収が600万円に満たない場合には、100%可能性がないかというとそんなことはありません。

自分も登録したときにはギリギリでしたし、ボーダーあたりの年収の人は職務経歴書が重要です。

審査では職務経歴書が重要なので、業務や実績をしっかりとアピールすることで審査に通過する可能性は上がります。

  • 年収が低くても、職務経歴書を詳しく書いた人が選考を通過している
  • 年収が高くても経歴をいい加減に書いた人は落ちている

といったこともあるので、アピールも重要な要素です。

ビズリーチの利用上の注意

登録するだけではあまり意味がない

ビズリーチは自分で求人を探すにも有効ですが、企業やエージェントからのスカウトをいかに受けるかが重要です。

こうしたスカウトを受けるためには、いかに自分の情報を充実させておくかが重要です。

職務経歴はもちろん、職務要約やスキルなどもすべて入力しましょう。

詳しくは『ビズリーチでプラチナスカウトをもらう方法!6年利用のプロが解説。スカウトとの違いに来ないときの対策』の記事も参考にしてみてください。

有料のプレミアム会員があり

ビズリーチですが、求人への応募やスカウトメールを閲覧・返信するためには、有料会員になる必要があります。

一部のスカウトや求人以外を見たり、応募したりするには有料会員になる必要があります。

タレント会員で月額2,980円、ハイクラス会員で月額4,980円です。

ほかのサイトは無料がほとんどなので、この点は認識しておきましょう。

ビズリーチに登録する

さらに知っておきたいこと

ビズリーチと併用するサービス

ビズリーチと合わせて活用したいサービスを2つほど紹介します。

複数のサービスを利用することで、強みを活かせますし、選択肢を増やせるのでおすすめです。

どちらも年収600万円以上の人向けなので、それ以外の人はリクルートエージェントdodaを利用しましょう。

キャリアカーバー

キャリアカーバーのポイント

  • ハイクラス案件に強い
  • 複数の転職エージェントとして使える
  • 年収600万円が最低ライン

キャリアカーバーもビズリーチに近い使い方ができます。

職務経歴を登録しておけば、エージェントから連絡が来ます。

登録している層がまた違うため、ビズリーチと合わせて登録して、スカウトをチェックしましょう。

キャリアカーバーに登録する

JACリクルートメント

JACリクルートメントのポイント

  • ハイクラス案件、海外案件に強い
  • 求人の質も高いが、求職者の質も見られる
  • アドバイザーは優秀だが、サポートは人による

JACリクルートメントは大手ですが、ハイクラス求人や海外求人に強いです。

求人の質もよく、アドバイザーもそれに見合う高い水準です。

来た人はどんな人でもサポートというより、相手次第でサポートも変わります。

年収は最低でも500万円程度は欲しいところです。

ハイクラス案件を狙いたい人はぜひ登録しておきたいエージェントです。

JACリクルートメントに相談する

ほかにも押さえておきたいこと

ここでは若手でもビズリーチを使う方法について見てきました。

自分が使った経験からしても一押しの転職サービスで、普段から登録しておくのがおすすめです。

経歴を埋めてスカウトが来るか来ないかで市場価値もわかります。

ビズリーチに登録する

ほかにも転職やキャリアに関してのコンテンツがあります。こちらも合わせてどうぞ。

ビズリーチの詳しい評判を知りたい人は『ビズリーチを800人の評判・口コミで徹底検証!6年使った実体験も共有』もどうぞ。

個別のサービスについてもご紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA