社会人1年目のお金事情。貯金・ボーナス・手取り・年収・税金は?結婚に一人暮らし、車まで

社会人になると、学生のときよりもはるかに金銭的に自由になります。

とはいっても社会人1年目では給料はそこまで高くなく、生活に余裕がないというのも珍しくはありません。

ここでは、そんな社会人1年目のお金事情を紹介します。

社会人の貯金や年収から一人暮らしや結婚事情まで見ていきます。

社会人1年目の年収・ボーナスは?男女別・平均値と中央値

ここでは、社会人1年目を22歳として見ていきます。まずは22歳年収の基礎データを見ていきましょう。

社会人1年目の年収の平均値

20代前半
20~24歳
(国税庁)
20代後半
25~29歳
(国税庁)
22歳
(doda)
男性 275 383 293
女性 241 309 263
全体 258 351 279

出典:国税庁 民間給与実態統計調査doda

政府統計では、年齢ごとのピンポイントデータはありませんので、dodaの発表データも参考にします。

  • doda
    • 22歳全体が279万円、男性が293万円、女性が263万円
  • 国税庁
    • 20代前半の平均年収は258万円、男性が275万円、女性が241万円

これを合わせて考えると、社会人1年目の年収は、以下のようになります。

  • 全体で270万円程度
  • 男性で280万円程度
  • 女性で260万円程度

社会人1年目の手取りと税金額

年収・月収を額面金額・手取り金額を計算すると、このようになります。

額面
年収
手取り
年収
額面
月収
手取り
月収
男性 280 218 23.3 18.2
女性 260 203 21.7 16.9
全体 270 212 22.5 17.7

手取りの目安は8割前後と覚えておくとだいたいの金額がわかります。

額面月収では23万円あってもも、手取り月収では18万円前後になります。

だいたい月に5万円、年間60万円程度が税金として引かれると考えましょう。

こちらは自作ツールで計算しています。興味がある方はこちらもどうぞ。

社会人1年目の年収の中央値

20代は年収のばらつきも小さいため、中央値も平均と近いです。

20代前半で見ると、中央値は平均と2%程度しか変わりません。

男性 女性
20~
24歳
25~
29歳
20~
24歳
25~
29歳
平均 210.5 248.1 202.5 225.9
中央値 207.2 239.1 199.1 219.3
乖離
中央値/
平均
98.4% 96.4% 98.3% 97.1%

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

仮に22歳全体が270万円だとすると、中央値は265万円程度とほとんど変わりません。

社会人1年目のボーナス事情

会社によりますが、1年目はもらえない会社も多いです。

もらえる会社でも給料の1ヶ月分程度と少なめの会社も多いです。

会社によって異なるので、チェックしておきましょう。

ちなみに、自分の会社では1年目はボーナスは給料の1ヶ月分以下でした。

男女別の年収分布を見る

男女別の年収分布についても見ていきましょう。

こちらは年収情報がないので、月間給与をもとに見ていきます。

男性の月収分布

22歳のピンポイントは分布はありませんが、20代前半くらいと考えてもいいでしょう。

このようになります。20万円前半までの人が非常に多いことがわかります。

男性の月収分布

  • 月収18万円以上:80%
  • 月収22万円以上:35%(3人に1人)
  • 月収24万円以上:20%(5人に1人)
  • 月収26万円以上:9%(10人に1人)
  • 月収34万円以上:1%(100人に1人)

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

女性の月収分布

女性も同じように計算します。

20万円までで半分を占めます。この年代だと男女差はあまり大きくありません。

女性の月収分布

  • 月収20万円以上:49%(2人に1人)
  • 月収22万円以上:28%(10人に3人)
  • 月収24万円以上:15%
  • 月収30万円以上:2%(50人に1人)
  • 月収32万円以上:1%(100人に1人)

出典:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より作成

年収は仕事で決まる

あなたは年収は仕事や能力で決まっているかもしれませんが、実際には選んだ業界・職種・会社でほとんどが決まります。

転職して給料を上げたいという方はこちらもぜひ読んでください。

▼▼22歳の転職事情を見る

社会人1年目の平均貯金額

年齢ごとの細かいデータはありませんが、22歳の貯金は50万円~100万円前後と思われます。

一般的に男性の方が年収が高いですが、女性は実家ぐらしの人などもいて意外と貯金していたりします。

全体 貯金0
世帯
年代 平均 中央 比率
20歳代 321 77 35.6%
30歳代 470 200 33.7%
40歳代 643 220 33.7%
50歳代 1,113 400 31.8%
60歳代 1,411 601 29.4%
70歳以上 1,768 600 28.3%
全体 1,729 1,000 31.2%

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]より作成

貯金なしも

20代での貯金なしの割合も3割を超えます。

単身世帯の方が多くなっています。

30代以降は貯金なしの割合もそこまで変わりません。貯金する人としない人に分かれるようです。

2人以上
世帯
単身
世帯
20歳代 35.6 61.0
30歳代 33.7 40.4
40歳代 33.7 45.9
50歳代 31.8 43.0
60歳代 29.4 37.3
70歳以上 28.3

出典:金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査」より作成

20代の貯金についてさらに知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

社会人1年目の生活事情

22歳の生活はどのようになるのかを具体的に見てみます。

額面
年収
手取り
年収
額面
月収
手取り
月収
男性 280 218 23.3 18.2
女性 260 203 21.7 16.9
全体 270 212 22.5 17.7

手取りは全体で18万円近いので、ここでは18万円で計算します。

一人暮らしの生活費シミュレーション

地域にもよりますが、たとえば東京の場合にはこんな感じになります。

収入 給料 18万円
固定費 家賃 6万円
通信費 1万円
光熱水費 1万円
変動費 食費 5万円
交際費 2万円
服・その他 2万円
残金 1万円

余裕があるわけではありませんが、東京でも生活できる水準です。工夫をすれば、貯金もできるでしょう。

ポイントは家賃・食費を使いすぎないことです。

もしオフィスが中心部であれば、近くに住むと家賃は高いですし、遠いと満員電車で消耗します。

6万円くらいでちょっと遠いか、ちょっとボロいかが妥協ラインになります。

東京以外だと家賃は下がりますが、車を購入して購入費・維持費(月2万円前後)がかかり、同じくらいになるでしょう。

一人暮らしか実家か?

一人暮らしか実家という面では、20代前半は女性の場合には比較的実家の人も多い印象です。

自分の職場は東京でしたが、千葉・神奈川・埼玉あたりであれば、実家から通っている人もいました。

実家が都心でない女性と、男性の場合はほとんどが一人暮らしでした。

25歳以下の割引を活用する

通信キャリアやスーツなど、いくつかの商品では、学割や新社会人応援という名目で、25歳以下の割引を行っていたりします。

そういったものもぜひ活用しましょう。学生ではなくとも使えるものもあります。

年収を上げる3つの方法

大学をストレートで卒業して働いていると、学生と社会人が半々くらいでしょうか。

ここまでお金の話を見てきたので、ここでは長期的に年収を上げるという観点で見ていきます。

選択肢は大きく3通りあります。

  1. 今の会社で頑張る
  2. 追加で副業をする
  3. 新しい環境を求めて転職する

1.今の会社で頑張る

これが一番わかりやすいのではないでしょうか。

頑張るだけで上がるほど単純ではありませんが、少なくとも頑張りは自分でコントロールできます。

ポイントになるのは、今の会社で給料が上がるか、自分の市場価値が上がるかということです。

もし上がらなければ、あなたの価値はポテンシャルの分だけ、時間とともに下がっていきます。

給料が上がりそうか?

1つ目はシンプルに上がるかどうかを考えましょう。

僕はこれをちゃんと考えなかったために、給料が思ったよりも上がらないという経験を何回かしました。

先輩やマネージャーの給料が自分よりはるかに高ければ問題ないでしょう。

市場価値は上がりそうか?

2つ目は市場価値ですが、判断は難しいです。

あなたが新しいスキルを身に着けたり、マネジメントや事業立ち上げの経験があれば、上がるでしょう。

あなたの業界が伸びていればいいですが、縮小していたらピンチです。

2.追加で稼げるようにする

仕事をせずに追加で収入を得る方法もあります。

ハードルが低いものとしては、ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングと呼ばれるものです。

といっても20代前半の場合にはまだ厳しいかもしれません。

3.転職をして職場を変える

転職をして年収を上げる方法も有効です。

20代は仕事に投資をするのが効率的です。

あなたの仕事を通して、スキル・経験を身につけたり、自分の人脈を増やしたり、知名度を上げると大きく変わります。

20代はポテンシャルが大きく考慮されるので、未経験の職種でも転職しやすいです。

プロに相談する

転職を成功させるポイントは、転職エージェントに相談することです。

20代の転職で一番のポイントはあなたに合った求人を見つけ、対策することです。

彼らは転職のプロで毎日多くの転職者をサポートしています。

あなたに合った求人紹介に加えて、内定をもらうための選考のサポートをしてもらえます。

よく家族に相談をしたり、友人に相談をしたりする人がいますが、彼らは転職のプロではありません。

確実に成功させるためにも転職のプロのアドバイスを絶対に受けましょう。

25歳、30歳、35歳、40歳といったタイミングで選択肢はがくっと減っていきます。

今、応募できる仕事の多くは時間が経つと応募できなくなってしまいます。少しでも早く動き出すことが重要です。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントは、大手の総合型エージェントに相談しましょう。

求人数も多く、サポートの質も安定している会社がこちらです。

早めに相談しておきましょう。

あわせて、リクナビNEXTミイダスなどの転職サイトも活用しましょう。

エージェントに頼りながら自分でも探すことでベストな求人が見つかる可能性を上げることができます。

業界最大級のリクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントのポイント

  • 国内最大級、10万件超えの求人数
  • 転職実績も国内最大水準
  • 担当アドバイザーが優秀

リクルートエージェントは間違いのないエージェントの1つです。

求人数は国内最高水準で、実際に転職している人数も最高レベルです。

土日も面談対応していますし、エージェントの人も優秀で、話が早いです。

どんな人でも登録してまず間違いないエージェントです。

リクルートエージェントに相談する

サポートが強いパソナキャリア

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアのポイント

  • サポートが評判になるレベル
  • はじめての転職、女性の転職にも強い
  • ほかでは不利になる人でも大丈夫

パソナキャリアは大手の中でもサポートが抜群にいいです。

パソナキャリア創業時からはじめての転職や女性の転職支援に力を入れています。

あらゆる人に手厚いサポートを提供しているということです。

求人数が多い中で、サポート体制が優れているという万人に勧められるエージェントです。

パソナキャリアに相談する

求人とサポートのバランスがいいdoda

公式サイト:https://doda.jp/

dodaのポイント

  • 求人件数が10万以上で、国内最大級
  • 書類の選考サポートもばっちり
  • 主体的に探すのにも使えるサービス

dodaはバランスがよく、求人・サポートともに非常に高いレベルです。

求人数は10万件以上と国内でも最大級の量を誇ります。

自分にマッチする求人の紹介はもちろん、重要な選考書類の書き方のサポートなども充実しています。

スカウトの数が多かったり、自分で求人を調べる転職サイト的にも使えます。

dodaに相談する

求人多数のリクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTのポイント

  • 大手から中小まで求人の質・量ともに圧倒的
  • 自分で探すだけでなく、スカウトにも期待できる
  • 転職者で使っている人が多い

リクナビNEXTは総合型の転職サイトとして、圧倒的に強いサイトです。

求人数が多く、地方やマイナーな職種に関しても対応しています。

また、履歴書や職務経歴書の作成に関してツールが用意されていたりと、エージェントにはないサポートがあります。

スカウトもかなり来るので、こちらも早めに登録して、情報をしっかり入力しておきましょう。

リクナビNEXTを見る

社会人1年目の結婚って?

学生時代や社会人1年目に結婚する人もいます。

22歳ではどれくらいの人が結婚しているのでしょうか?

結婚は自分のペースでとはいっても、周りが気になるのは仕方がありません。

国勢調査では、年齢別の結婚に関するデータを発表しています。下の表にまとめました。

年齢別の未婚率のデータ

全体 男性 女性
全体 26.6% 30.9% 22.7%
20歳 94.5% 94.6% 94.3%
21歳 92.6% 93.2% 92.1%
22歳 90.1% 91.2% 88.9%
23歳 86.7% 88.4% 84.8%
24歳 82.4% 84.9% 79.9%
25歳 76.9% 80.3% 73.3%
26歳 70.5% 74.7% 66.2%
27歳 63.7% 68.5% 58.8%
28歳 57.2% 62.4% 51.8%
29歳 51.4% 56.9% 45.6%
30歳 46.3% 52.0% 40.4%
35歳 31.4% 36.7% 26.0%
40歳 25.3% 30.3% 20.1%
50歳 17.7% 22.1% 13.4%

出典:平成27年国勢調査国勢調査より作成

これによると、22歳では全体で10%が結婚、男性は9%、女性は11%が結婚を経験しています。

ここから35歳くらいまでは、男性も女性もかなりのペースで結婚していきます。

  • 女性は26歳で3人に1人、29歳では2人に1人、32歳では3人に2人が結婚します。
  • 男性は28歳で3人に1人、31歳で2人に1人、37歳で3人に2人が結婚します。

男性は女性よりも、少しペースが遅いですが、男性も前半はあまりペースが変わらないことがわかります。

書きながら胃が痛くなってきます。

女性は30代前半、男性は30代後半までには結婚したいということでしょうか。

結婚相手に望むもの

結婚を考えるときに年齢・収入などはよく取り上げられますが、実際のところどうなのかを見ていきましょう。

サンマリエという結婚相談所が「婚活の日」結婚と婚活に関するアンケート2018を発表しています。

興味深いものをいくつか取り出します。

  • 男性も女性も8割は35歳までに結婚したい
  • 男性も女性も7割以上は性格がもっとも大事
  • 男性の80%以上は30歳までの女性と結婚したい
  • 女性は75%以上が35歳までの男性と結婚したい
  • 男性は相手の年収にこだわらないが4割強で、それ以外も400万円以下が半分
  • 女性は相手の年収にこだわらないが2割で、500万円以下が4割強で600万円以下が60%を占める
  • 男性の30%は20代から婚活すべきだといっている

一般的に言われるような男性は稼ぎ、女性は若さというのが強いようですね。

22歳だとまだ安心と思われているかもしれません。

ただ、油断しているうちに年齢が上がってしまうことはよくあります。

早めに動いた方がいいこともあります。

恋活

自分に自信があったり、見た目が良かったり、稼いでいたりする人は恋活アプリ(マッチングアプリ)をぜひ使いましょう。

手軽に始められるのがいいです。

真剣な目的はやはり、大手の会社が運営しているものの方が安心感がありますね。

Pairs

1つ目は、Pairsです。マッチングアプリの中でも有名なので、知っている人もいるかと思います。

前の職場でたまたま話していたときに、そこで話していた6人のうち5人が使っていたということもありました。

評判の理由は実際に会える人が多いからです。周りでも付き合ったり、結婚している人がいます。

実際に僕も使いましたが、登録者も多く、いろいろなタイプの人がいてデートまでつながりやすかったです。

Facebook連携で友人が表示されないようになっていますし、まず間違いないのないサービスです。

Facebookで恋活・婚活【Pairs】

Daigo監修のWith

まず、メンタリストのDaigoさんが監修をしていて、上場企業が運営する恋活アプリのwithです。

心理学・統計学を用いたアプローチで、定期的にイベントを開催したり、趣味や共通点を活用したりしてマッチ率も上がります。

積極的にプロモーションやイベントを開催しているので、男女ともにアクティブな人が多い印象でした。

数人会っただけの肌感ですが、ほかのサービスよりも真面目なユーザーが多く、恋活アプリの中でも結婚に結びつけやすくなっています。

安心安全「with」恋愛婚活マッチ

どうしてもアプリによって合う人・合わない人というのがあります。

迷ったら複数、登録してみて自分に合ったものを選びましょう。

婚活

恋活・婚活アプリはどうしても見た目や学歴・収入などわかりやすい引きがある人に人気が集中します。

でも実際に、結婚するとなったときには、それだけでは決めませんよね。

それに恋活アプリは、結婚したい人だけが使うとは限りません。

ただ、恋人が欲しい人や既婚の人が…と、モチベーションもさまざまです。

恋人を作るためにはいいかもしれませんが、変な人と付き合って数年経ってしまうと…。

結婚相談所の場合には、結婚したいという意思で登録するものですし、アドバイザーのサポートもあります。

20代と30代では大きく印象が違います。そして、このことはあなた自信の魅力とはなんの関係もありません。

そんなもったいない理由でチャンスを減らしたくないですよね。

ゼクシィ縁結びカウンター

結婚情報誌のゼクシィは聞いたことがあると思います。ゼクシィでも結婚相談のサポートをしているのは知っていますか?

もともと母体のリクルートは転職サイトや転職エージェントの先駆けでマッチングには定評があります。

会員はすでに2万人を超えていて、カウンターで対面のサポートも受けられます。

入会金が3万円に月会費が9千円のプランもあります。

ゼクシィというブランドの安心感、対面でのサポート体制、低めの料金設定が魅力的です。

無料で相談ができますので、まずは相談してみましょう。

ゼクシィ縁結びカウンターに無料相談する

エン婚活エージェント

転職サイトや転職エージェントを運営しているエン・ジャパンも実は婚活サポートをしています。

最大の特徴はすべてオンラインで完結し、費用が非常に抑えられるということです。

結婚相談所というと入会金が高いイメージがありますが、エン婚活の入会費は9,800円です。

月会費も12,000円でほかではありえない水準となっています。

直接の面談はありませんが、専任コンシェルジュが付き、月に6名以上の紹介があります。

サービスの無料体験や返金保証もあり、始めやすくなっています。

エン婚活エージェントを詳しく見る

社会人1年目のときにやるべきこと

社会人1年目は世間的にも非常に若いです。

とくに、20代前半は起業をしたり、海外で働いたりするリスクが少ないです。

多少の無茶も無謀なこともこの時期には非常に合っています。

年齢が上がってから後悔しないように、やりたいことはこの時期にやっておきましょう。

ほかにも20代のキャリアに関する記事があります。こちらも合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA