東南アジアのビジネスチャンス調査7(マレーシア編)

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

malaysia

こちらもシンガポールから日本に帰るよりもマレーシアから帰った方が安かったので、バスでマレーシアに向かったときのお話。こちらもほとんど滞在しなかったのでかなり軽めの内容で。

雑感

国としてのビジネス面と生活面のバランス感が非常に良いと思う。シンガポールほどコストが高くない割には地理的な条件やアクセラレータやVCが充実していたりと環境が整っている。シンガポール同様、国でもスタートアップ育成に力を入れている。シンガポールで起業するのであれば、マレーシアでやってもいいのではないか。生活に関しても東南アジアの中でも安い国に比べると多少高いが、日本人が求めるクオリティのものに対するコスパでいうと非常に良い。日本人のお年寄りが多く、ブギビンタンの屋台に行くと必ず数組には会う。

 一人当たりGDP、人口

  • 1人当たりGDP 9,545$
  • 人口 3,075万人

シンガポールに次いで1人当たりGDPが高い

 人件費、物価

  • 大卒初任給で9万円程度
  • 食事はコーラが50円、屋台の食事で120円、レストランで200円程度
  • 移動は電車が60円~

物価の割には賃金が高い。

事業機会・難しさ

国が発展しており、購買力の高いユーザーが多いことは魅力的。市場の大きさからして基本的には他国展開を全体にするため、国を超えて事業を展開できるようなビジネスになっている必要がある。実際、システムをそのまま流用できるようなプラットフォームのビジネスが多いようだ。Grabだったり、Jobstreetだったりマレーシア初のサービスで成功しているものも多い。

関連する日本人

澤田将司

大学卒業後、マレーシアに行き、起業。

マレーシアの若手 IT 起業家が語る「とりあえず出てみること」 の重要性

生活面

非常に過ごしやすい。食事は多少変わるかもしれないが、少なくとも都市部においては日本と同じような生活ができる。

個人的に

シンガポールのコストの高さを考えると、さらにマレーシアに拠点を移す会社も増えていくと思う。複数国に展開するうえで非常に有効だと思うのだが、国が変われば全くマーケットも異なるので、よほど地域差の少ないもの以外は直接、進出国に行ってもいいのではないかと考えている。

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です