東南アジアのビジネスチャンス調査4(ベトナム編)

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

vietnam

ベトナムも以前、訪れたがバランス感のある国だという印象だった。滞在はホーチミン。

雑感

行く前はかなり本命だったのだが、行ってみるとまだちょっと早い感があった。元々、カフェは多くて過ごしやすいし、大きい商業施設もできており、都市も少しずつ発展してきていた。生活のスタイルとしては、日本にいるときとそこまで変わらない感じで生活できる。ベトナムと言えば、優秀なエンジニアがいるイメージだが、行ってみるとその通りでオフショア開発に重視している人が非常に多いようだった。ネットサービスは無いわけではないのだが、収益化だったり、Exitだったりというのはまだまだこれからな印象を受けた。バングラ、ミャンマーよりは進んでいるが、タイほどはまだまだ時間がかかりそうだ。

 一人当たりGDP、人口

  • 1人当たりGDP 2,164$
  • 人口 9,340万人

 人件費、物価

  • 大卒初任給で3万円程度
  • 食事はコーラが40円、屋台の食事で75円、レストランで150円程度
  • 移動はバイタクが70円~、タクシーが100円~

安く住める割にクオリティはそこそこで過ごしやすい。

事業機会

バングラ・ミャンマーに比べて検索を積極的に使ったり、ECも使う人は使ったり、HotDealのようなDaily dealサービスが使われたりとそこそこのリテラシーがある。Foodyのようなベトナム版の食べログも使われていたり、少しずつFacebook、Google以外のサービスも定着してきている。個人的には、GrabUberをめちゃめちゃ使った。価格交渉がいらず、どこに行くかを口頭で伝える必要がなく、こちらから探す必要もないという点で最高だと思う。ちなみに、補填が出ているのかわからないが、流しのバイタクに交渉するよりよっぽど安い。ただ、ほとんどのサービスにおいてマネタイズできているところは少ないようで、まだまだスタートアップの母数も多くないようだ。自国向けにプロダクトを作るよりもオフショアの方がビジネスとして儲かるため、エンジニアのほとんどはそうした先進国向けのシステムやプロダクトに向けられている。エボラブルアジアが既に500人規模でかなりがっつりやって儲かっているらしい。(大手が一気に100人とか規模で立ち上げるらしい)子育てメディアがあったり、サービス自体は増えてきている。短期のExitを目指さないのであれば(5年程度を見据えられるなら)、タイミング的には良いかもしれない。

難しさ

オンライン決済だったり、物流とかは整っていないので、インフラ面はもう少し時間がかかりそうだ。法規制は多額の最低資本金が必要なかったり、一部の事業以外は外資100%でも設立できたりと比較的柔軟なものになっている。良いエンジニアは人件費が高く10万円弱するようなので、その点は認識しておいた方がいいかもしれない。

関連する日本人

薛 悠司さん

ベトナムで圧倒的に成功しているラボ型オフショア開発を展開。

東南アジアから世界を代表する企業を作る

益子陽介さん

サイバーエージェントからピザ屋という面白い経歴。

3週間先まで予約がとれないベトナムの人気ピザ屋。日本人オーナーが牛を飼い始めた理由

安倉宏明さん

ベンチャー企業に勤務後、ベトナムに渡り、人材事業を展開。

「金なし、コネなし、ノウハウなし」の状態で起業し、今では業界トップクラスの企業に。

生活面

住みやすい。日本食のお店も多く、現地の食事もおいしい。生活のコスパも悪くない。渋滞も他の国と比べればだいぶマシ。

個人的に

こうやって改めて見るとポジティブな要素が多い。自分に今、資金があったら間違いなく現地で投資活動をしていると思う。個人としてやるにはまだ早いイメージがある。外国からの投資や現地でのVCを見てもまだこれから市場が盛り上がっていく印象を受ける。長期的には、今のマレーシアのように今よりも住みやすくなり、海外移住する老人が増えるのではないかと思う。個人的にはいつか住みたいと思うものの、5年後とかもう少し先くらいがいいのかなと思っている。

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です