東南アジアのビジネスチャンス調査1(バングラデシュ編)

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

bangladesh

少し前になるが、9月の終わりから11月の初めまで、バングラデシュ⇒ミャンマー⇒タイ⇒ベトナム⇒インドネシア⇒シンガポール⇒マレーシアと7か国に行き、現地でビジネスをしている人に色々と話を伺ってきたので、そのときのレポート。IT系を中心に見ていたので、それ以外の情報が少ないのとビジネス以外にも現地での生活も込みの内容。

雑感

1.5億人という人口ポテンシャルの割にはあまり注目されていない国。人は本当に多く、アジアのほとんどの国に行ったことがあるが、空港を出た瞬間に人の多さに驚いたのは初めてだった。それくらい圧倒的に人が多い。ダッカの人口密度は東京より多く、イメージ的には町全体が渋谷といった感じ。ビジネス的にいうと、かなり時間がかかりそうな印象。不動産、建設みたいなインフラに近いところか縫製系の工場やオフショアのような外貨系がまだまだ多い。進出にあたっての法規制が他の国に比べると緩かったり、人が良かったりはあるが、まだまだ中間層と呼べるような人たちが出現するのに時間がかかるのと、圧倒的な住環境の悪さから強いお勧めはできない国だった。IT系であれば、ほとんどのビジネスが空いてるので長い時間をかけてもいいのであれば(感覚的には5年~10年)、また現地の生活に耐えられるならば、魅力的かもしれない。グラミン銀行だったり、マザーハウスだったり、社会事業の側面が強いものが盛ん。

 一人当たりGDP、人口

  • 1人当たりGDP 1,403$
  • 人口 1.56億人

他のアジアの国と比べても低い。ベトナム、フィリピンよりは低くミャンマーと同程度。

 人件費、物価

  • 大卒初任給で2万円程度
  • 食事はコーラが40円、屋台の食事で30円、レストランで180円程度
  • 移動はリキシャが30円~、CNG(トゥクトゥクみたいな)が100円~

事業機会

やはりリアルビジネスが多い。外資も進出しているが、ほとんどオフショアだったり、工場だったり、顧客は先進国向けのもの。そもそも外国人が駐在、旅行者含めてほとんどいないので、ありがちな外国人向けのビジネスはほとんど無かった。ちなみに、日本もユニクロも向上を作り、生産をしているとのことだが、多くの日本企業は欧米企業とロットが違いすぎるため、コストメリットがあまりなく、中国での発注がまだまだ多いようだ。IT周りではスマホを持っている人が多く、Facebookをめちゃめちゃ見ている。Facebook=インターネットという感じでまだまだその他のサービスが出てきそうな気配はない。一部、ロケットインターネットとかがデリバリーのサービスなどをやっているようだが、浸透するにはかなり時間がかかるかもしれない。ちなみに、人はかなり良いと思う。見た目はインド人にかなり似ているのだが、打ち解けるのも楽だし、嘘をついたり、積極的に騙そうとしたりは他の国と比べても少ないのではないか。ウェットな人間関係が苦手な人はだぶん大変だと思う。一応、SD ASIAという組織があり、アクセラレータなどもやっているようだが、盛り上がっている感じはまだまだない。そもそも企業の買収なども全然ない。

難しさ

物流や決済などはほとんど無いに近いので、インフラが整うのにかなりの時間がかかると思われる。やはり中間所得層の拡大に時間がかかりそうだ。また、テロの影響から外資企業の進出にしばらく時間がかかりそう。がっつりイスラム教で文化的にだいぶ違うので、ビジネス面・生活面でともに対応していく必要がある。(どこの国も同じか)

関連する日本人

山口恵理子さん

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念でバングラデシュでバッグを生産し、日本で販売している。裸でも生きるなどの著書でも有名。

「こうしたくない」は「こうしたい」よりも強い/マザーハウス・山口絵理子

税所 篤快さん

貧困地域で質の高い事業を受けられるように、e-Educationという教育事業を行っている。バングラデシュから始め、複数の国に展開中。

新興国に”教育革命”を起こす、24歳の日本人

生活面

精神衛生上はかなりしんどいかと思う。正直に言うと、自分は住みたくないと思った。テロがあったので、外国人は必要以上に外に出ないようにしていたり、外に出ても道路を車とリキシャと避けながら歩道の人も避けるというなかなか大変な環境。お酒は手に入りにくいし、娯楽もほとんどないし、日本人の感覚からすると結構大変な印象を受けた。何よりも現地に住んでいる人が生活はタフだと言っていた。

個人的に

ポテンシャルは魅力的なのだが、ネット系のビジネスはちょっとまだ早そう。イメージ的には2020年とかもうちょいしてからの方がいいかもしれない。オフショアはまだあるかもしれないが、話を聞いているとベトナムでもそこまで費用が変わらずエンジニアが雇えたりもするらしいので(ベトナムは1人あたりGDP2,000$程度)、こだわる必要は無いかもしれない。いる人で見ても、青年海外協力隊で行っていたというような人も多いので、あまりビジネス的に激アツという感じではないかもしれない。

 

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です