インバウンドサービスで有望そうな領域

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

todaiji

(キュレーション)メディア

SEO対策を行って、キュレーション記事を量産すればExitはできそう。(Find travel的な)一方、アップサイドが限定的なので、コンバージョンできるサービスは何かしら欲しい。日本語⇒翻訳だとコストがかさむので、留学生の人を活用したり、CGM的な仕掛けを準備できないか。そういえば、国内のサービスを見ていてもお金を払って素人っぽい人に書いてもらったりしているものの、CGM的に集めてるのはあまり無い印象。やはりクオリティを維持するのが難しいか。

オンライン予約プラットフォーム

アクティビティやレストランなどオンライン系の予約はやはりありか。CtoCのガイドとかもある一定以上、スケールすればありえそうな領域。以前、opentableやzozi, viatorなどを調べたが、やはり可能性は大きそうな領域。ほぼ確実に伸びる。課題はどうやってアクセスを集めるかということ。ソーシャルでいくか、SEOでいくかは悩みどころ。欧米系はSEO比率が高いが、アジア系はあまり検索しないという話もある。以外にリアルでチラシとかの方がコンバージョンするんじゃないかと思う。

あえてのリアルビジネス

Airbnbだったり、Uberだったり、オンライン×リアルの領域がホットな中、あえてリアルよりのビジネスを始めるのもありかもしれない。例えば、ロボットレストランみたいなイベントよりのものでもいいし、ホテルが足りないと言われている中でゲストハウスを運営してもいい。地方出身の人であれば、そこもビジネスになる余地があるのではないか。最新のアクション・プログラムでもゴールデンルートに留まらない、広域ルートの話や地方創生の論点が出ていた。

個人的にはやはりオンラインプラットフォームだろうか。

Mohi@Day28

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です