全てのマネージャーが身につけるべきコーチングに必要な5つの能力

Share on Pinterest
There are no images.
Share with your friends










Submit

マネジメントをしていてメンバーの能力が十分活用できているか、彼らが最大限の能力を発揮できているかを考えることは無いだろうか?

マネジメントにおける成果とは何か

僕はここ1年だけでも部署が3回程度変わりながら、2人~20人程度までのマネジメントを行ったが、マネジメントほど自分のレベルを把握するのが難しいものもなかなか無いように感じている。営業のようにいくら売ったというものでもなければ、経理や法務のようにより高度で複雑な業務というのもわかりにくい。大人数をまとめれば高度なのか、異なる業務の人を管理できるようになれば高度なのか。長期的な業績も尺度の1つになりうるかもしれない。ただ、会社のトップであるならまだしも、現場に近いマネージャークラスの人はハイレベルな戦略の決定に携わることは少ない。つまり、マーケットのコンディションやそれに対する戦略の良し悪しに依存しがちであり、一概に成果だけを指標とすることもまた難しいと思う。

目に見えない成果としての人材育成

もちろん、僕も目に見える成果を追っている。ただ、特に新規事業になったりすると、それが売上になるまでのリードタイムはあるし、そもそもうまくいくかいかないかみたいなことも多いので、自分の貢献の計り方をつかみかねることが多い。そんな中で与えられているミッションを追うと同時に、長期的な視点に立ったときの人材育成を自分の貢献の1つとして意識するようになった。

自分が知識を持っていない領域にも適用できるコーチン

毎回、前置きが長くなるが、そんな背景からコーチングの勉強を始めた。会社において部下を指導するにおいては、自分が持っている知識を伝えることももちろん重要だが、自分が知識が無い領域に対しても部下が学べる手法が求められるだろう。また、マネジメントの全体的な流れとして、トップダウンからボトムアップ、一方向から双方向になってきており、コーチングやファシリテーションサーバントリーダーシップのような概念が流行っている。言っていることはだいたい一緒で、対話を重視し、傾聴しながら部下や一般社員のやる気を引き出して、権限委譲して成果を上げていくみたいな話だ。そこで、コーチング本を数冊読んだところ、だいたい似たようなことが書いてあったので、それを下記にまとめた。マネージャーとして有用なスキルに関して少しでも理解してもらえれば幸いだ。

1.関係構築力

多分にマインドセットの問題だが、これが一番重要ではないかと思う。その人に興味を持つこと。興味を持って、コミュニケーションを取って、互いに信頼関係を構築できるようになること。自分と同じタイプの人間であれば良いのだが、自分と違う考え方をするタイプの人といかに関係構築を行うかが重要となる。

2.観察力

あなたは部下を見ているだろうか。元気が無かったり、普段と様子が違うときにあなたは気づくだろうか。変化に気づくことで、できるコミュニケーションが生まれることも多い。何より、気にしてもらえているという感覚を得ることで、居場所があると感じることによって安心して働くことができる。

3.傾聴力

文字通り話を聞く能力。これが結構難しい。相手の話を遮らないで最後まで聞くこと、話を評価しないこと、自分の意見を押し付けないこと。話しやすい雰囲気を作り、耳だけでなく、体全体を使って聞くこと。良いタイミングでコミュニケーションを取ること。マネージャーは苦情聞き係だという人もいる。

4.質問力

傾聴と関連して質問する能力も重要だ。自由に話してくださいと言っても、多くの場合、意見は出てこない。クローズドクエスチョンやオープンクエスチョンを使いながら、相手の話しを引き出していく能力も重要だ。質問の引き出しを増やし、相手が気づいていない事も含めて、引き出すことが求められる。

5.思考力

成果が出るようにサポートするためには、知識であったり、ロジカルシンキングが必要になる。進め方がわからずに困っているとき、状況を整理すること。事実と意見を切り分けること。課題を構造化し、打ち手を体系化すること。経験や知識をベースに事例や選択肢を提示できること。

かなり長くなってしまったが、せっかくなので、参考として今回、読んだ本のリンクを載せておきたい。

ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ
簡単に読める本で、特に部下のことを考えるというマインドの話が充実。

目からウロコのコーチング なぜ、あの人には部下がついてくるのか?
実例が豊富なので、実際に使うときのイメージがしやすい。

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる
マニュアル感はややあるが、全体像をつかむのにはお勧めの一冊。

もちろん座学をメインで学ぶようなものでもないので、概論がわかったらひたすら実践することをお勧めしたい。

Mohi@Day8

Share on Pinterest
There are no images.
Share with your friends










Submit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です