Yahooがdely株式会社を連結子会社化!93億で株式30%取得

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

買収かと思ったらそうではなさそうです。

金額的に買収でも全然おかしくないので、驚きました。

料理レシピ動画のクラシルを運営するdely株式会社の株式の約30%をYahoo株式会社が約93億円で取得しました。

せっかくなので、いつもお世話になっているStockclipのページを。delyの発表はこちら。

気になる情報だけまず羅列します。

所感

かなり赤字を掘っていることと、バリュエーションの高いことが気になります。

シンプルに不思議なのは、まだ現金も数十億は残っている状態で、なぜYahooにわざわざ株を集中させる必要があるのでしょうか。

VCの時間軸とは合わないくらいの挑戦をしたいのか、Yahooからのサポートが非常に重要なのか。

 

バリュエーション

堀江さんの持ち分がかなり低いことから見ても前回のラウンドが300億円ということはないと思うので、順調に上がったのかと。

シードで調達して、その後に5億、30億、33.5億なので、序盤に20%、その後15%ずつくらい放出しているのでしょうか。

未上場の会社の一部を100億近い金額ってすごいですよね。

クックパッド

クックパッドの時価総額が現在、520億円程度です。

直近の四半期決算が売上29.7億円、営業利益が8.3億円と前に比べて営業利益は下がっていますが、この業績差でこの時価総額の違いって……。

よほどクックパッドの期待値が低いか、delyの期待値が高いということでしょう。

大型の買収

今回は買収ではありませんが、大型の株式譲渡でいくと、115億円で買収されたチケットキャンプのフンザや100億円超えと言われるPairsのエウレカなどが記憶に新しいです。

大きな違いでいうと、Pairsはその段階で月間で億単位の利益が出ていたり、フンザも利益が出始めていて、CtoCなので拡大(最後、残念でしたが)していたことですね。

今回のケースでは、評価額77億円で一部(株主分?)を株式譲渡したnanapiのけんすうさんの例が違いかもしれません。

事業単体での成長期待でいうとバリュエーションは正当化できないので、堀江さんに対しての広い意味での期待値とかなんでしょうか。

今後どうするのか?

この93億円という投資を利益で回収しようとは思っていないと思うので、上場を目指すのでしょうか。

上場している会社が45%も持っていると厄介そうな気もするのですが。

 

なんにしてもすごい。いずれにせよ、今後も目が離せないです。

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です