インバウンド担当必見!週間トラベルジャーナル(8/10, 8/3号)

Share on Pinterest
There are no images.
Share with your friends










Submit

週刊トラベルジャーナル8/10号 『MICE アンバサダー』

WEEKLYTRAVELJOURNAL

MICEとMeeting/Incentive/Congress/Exhibition/Event等のビジネスイベントを指す。一般観光客もそうだが、いかにMICEに人を集めるかが重要とのこと。正直、話が地味なのと消費者視点があまり無かったので、短めに。

MICEアンバサダーとは?

MICEを日本に呼び込む人達の組織。日本の顔として、それぞれ重要な会議を招致していく。学術分野や産業界での発信力・影響力が強い人がやっているとのことだが、一般企業の参加者が見当たらない。大学教授やよくわからない団体の人達が多い。少し検索しても全く外向けに発信できている印象が無いのだが、まだプレーヤーが少ないのだろうか。ちなみに、この領域もアメリカが強いらしく、アメリカはちゃんとマーケティングの見識がある人達がやっているらしい。一方の日本は、多くの場合が2,3年程度で入れ替わる出向者とのこと。もう少し時間がかかりそうだ。

アイディアを思いつくことに価値は無い(Trippiece社長 石田言行)

今号に関しては、最後の1ページが一番面白かった。Trippiece社長の石田さんの言葉だ。アイディアを思いつくのは簡単で、それを実現するのはその100倍くらい難しいという話だった。そして、その実行のために、社長である自分も周りの人に自分の考えをちゃんと伝え、実行に結びつけないととのこと。自分よりも年下なのにはるか先を行っている。精進しないとと思わされる。

 

週刊トラベルジャーナル8/3号 『コンビニで観光』

こちらは非常に面白かった。日本に無数にあるコンビニが観光においてどのような役割を果たすかという内容がメインだった。確かに、24時間営業のコンビニで観光客をサポートできれば満足度がぐっと上がると考えられる。そんなコンビニの取り組みなど。

Wifi、ATM、免税を期待されるコンビニ

外国人旅行客の日本に対する三大不満と言えば、言葉が通じない、ネットがつながらない、クレカが使えないだが、コンビニではその解消が期待される。確かに最近、セブンイレブンで外国人向けのWifiの表示をよく見かけるようになった。さらにATMに関してもキャッシングができるという表示が増えている。確実に外国人が意識されてきている。また、免税に関しても外国人観光客が多いところを中心に、準備されているとのこと。ちなみに、免税に関しては、以前別のセミナーでもその重要性が指摘されていた。僕にはあまり想像できなかったのだが、観光客の人はコンビニで1万円近く買ったりするとのこと。それを考えると重要性は高いだろう。

一部観光案内にも進出するコンビニも

全ての店舗で観光案内をすることは現実的ではないものの、その役割は拡大しているようだ。元より、京都などでは道案内をすることがあったものの、それを仕組みにしていく動きは確かに広がっている。ファミリーマートでは、HISと提携の提供を発表し、今後FamiポートでのHISツアーを取り扱いやツアーデスク一体型の店舗を考えているとのこと。特に、ファミリーマートの場合は海外展開を注力している。僕自身、アジアに行ったときにお世話になったことは数え切れない。自分が体験してみるとわかるが、海外でのFamima-wifiには非常に助けられた。

観察し、タッチポイントを考える(Hotpepper)

記事の中にホットペッパー事業に携わった人の書いたものがあり、興味深かった。というか、HotpepperやR25に関しては俺が作った!!的な記事を非常によく目にするのだが、それもまたリクルートっぽいか。興味深かったのはホットペーパーを置く場所を決める上で、対象地域を歩いたり、自転車に乗ったりしてどういう人達がどのように動いているかを1日見たとのこと。やはり、こういう現場を見に行く部分は日本人が強いのだろうか。予断だが、トヨダでも「現地現物」という言葉があり、報告ベースで判断するのではなく、実際に現場にいってこそ発見があるというところで、ここらへんの感覚は根付いているのかなと。

何がビジネスになって何がならないのか?

インバウンド市場への新規参入を考える上で重要になるのが、どこにスペースがあるのかということだと思っている。つまり、今後マーケットが伸びていく中でどこが他社によってカバーされそうで、どこにプレーヤーがいなさそうなのかということである。つまり、日本語の問題やWifi、決済に対する不満があったときにどこを他社が抑えそうかということだ。この例だと、Wifiなどは絶対に既存のプレーヤーが出てくる領域だと考えている。また、国として問題になりそうな部分は国も絡んでくる。決済の例もそうだが、こうした領域はなかなか厳しい。インフラに近い部分はやはり大手が強くなりやすいので、もっとニッチな領域から入っていく必要があるだろう。

WEEKLYTRAVELJOURNAL

考えているだけではいけない。

Mohi@Day21

Share on Pinterest
There are no images.
Share with your friends










Submit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です