トリプルメディア?今さら聞けない、メディア用語

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

コンテンツマーケティングに比べると出現頻度は低いが、知っておきたい言葉としてトリプルメディアに関して。これも代理店がオウンドメディアを作るため、ないしオウンドメディア以外のツールを促進させようと無理やりトレンド化しているだけのようにも思えるのだが。用語を増やしすぎても書ききれないので、今回はシンプルに1つだけ。

たまに目にするトリプルメディアとは何か?

トリプルメディアとはペイドメディア、オウンドメディア、アーンドメディアの3つを指す。フレームワーク(3Cや4Pとか)の1つで、メディア戦略を考えるときに使われるもの。以前、紹介したオウンドメディアもこれに含まれる。それぞれの特徴を見た上でどのように活用すると良いかを書いていく。

自社でコントロールがしやすいオウンドメディア(owned media)

コカコーラ

以前も、コカコーラのサイトやLIGなどを紹介したが、コーポレートサイトや自社のブログ、メールマガジンなど自社で保有しているメディアのこと。当然、自社でコンテンツがコントロールできるため、自社やその製品に関する理解を促しやすい。見込み客に情報を提供することで、コンバージョンまで後押しをしたり、既存顧客のエンゲージメント(愛着)やロイヤリティ(忠誠)の強化によって、他のブランドへのスイッチングをしにくくしたりする効果が期待される。一方、ある程度興味を持った層にしかリーチできない。

手軽だが、資産化しないペイドメディア(paid media)

リスティング

テレビ広告や新聞広告なども含めた従来的な広告やバナーやリスティング広告も含めた、費用を払って広告・宣伝を行う媒体全般を指す。費用を払い続ける必要があり、自社の資産とならないことに加え、表現において時間的・空間的な制約がきつくなりがち。一方、また自社がリーチできていない層へのアプローチができるため、新しい顧客を獲得するために使われることが多い。

コントロールしにくいが、うまく活用したいアーンドメディア(earned media)

somehiko

言葉がわかりにくいが、earned = (信頼、評判)を得るという意味で、ソーシャルメディアやCGMを指す。微妙に理解が難しいのだが、ユーザのクチコミやシェアなどのコントロールできないものがアーンドメディアに区分される。つまり、記事自体はオウンドメディアでもその記事に対するコメントやシェアする行為などはアーンドメディアに入るとのこと。キュレーションメディアやバイラルメディアにおいてバズることの重要性は以前も触れたが、そういったメディアで無くとも拡散されることは重要だ。(それが炎上でない限りは・・)

トリプルメディア(3つのメディア)の基本的な使い方、考え方

王道的な流れはペイドメディアで流入⇒オウンドメディア、オウンドメディア閲覧⇒シェア⇒別の人がオウンドメディアのような流れだろうか。最近は記事形式のネイティブアドも流行ってきているので、ネイティブアドをシェア⇒オウンドメディア流入みたいな動きもよくあるのではないか。いずれにせよ、マーケティングのゴールを達成するためにうまく組み合わせる必要がある。BtoCやBtoBでも需要がある程度あるようなビジネスならバズる効果もあるだろうが、産業用ロボットで同じことをやっても・・というところか。

ただのぼやき

知識の整理も兼ねながら、何回かマーケティング関連、メディア関連の記事を書いたが、改めて調べ、書く中でマーケティングの発展は凄まじいと思った。以前は誰が買っているのかもよくわからなかったのに、それがどんどん細分化されていき、細かい属性がわかるようになる。顧客が誰かがわかったら、どういう接点を持って購買に至っているかを考えるようになった。それが発展する中で、今度は誰が顧客になりそうか、どうすれば顧客になりそうかまでその領域が広がった。顧客の温度をスコアリングして、それに応じてアクションを行ったり、見込み顧客にコンテンツを提供することで顧客を購買に至らせようとするプロセスも進んでいる。顧客リピートに関しても、いかにファンを作るか、いかに自社に対するエンゲージメントを高めるかということをストーリーにしたり、パーソナライズ化して優遇したり、きめ細やかなサービスを提供したりと。技術的に分析できることは増えているが、その消費者行動捕らえる部分はたぶんに感覚的だったり、ロジックも感情も扱えるところは非常に面白いと今さらながら思った。今後もマーケ系のことに関しては、定期的に触れていきたい。

 

Mohi@Day18

 

Share on Pinterest
Share with your friends










Submit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です